SCGオープン(3人チーム構築戦):優勝はターボフォグ、人間、青黒シャドウのチームに

8月18-19日、アメリカ合衆国テキサス州ダラスにて3人チーム構築戦で行われたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ。優勝はJonathan Job選手・ Brian Basoco選手・David Thomas選手チームとなりました。

オープンシリーズ (3人チーム構築)

1st Placeターボフォグ – 人間 – 青黒シャドウ
Jonathan Job – Brian Basoco – David Thomas
2nd Place青黒ミッドレンジ – 人間 – グリクシスデルバー
Brennan DeCandio – Ross Merriam – Tannon Grace
3rd Place赤単ウィザード – ブリッジヴァイン – グリクシスデルバー
John Phillip Whetstone – Joe Stempo – Chad Harney
4th Place赤単ウィザード – ストーム – スニークショー
Evan Whitehouse – Matthew Pitzer – Max Medeiros
5th Place赤単アグロ – 人間 – グリクシスデルバー
Roy Varney – Kevin Bishop – Aaron Rubin
6th Place青黒ミッドレンジ – ストーム – 青黒シャドウ
Scott McNamara – Mac Blanchard – Alan Hubbard
7th Placeグリクシスミッドレンジ – 緑単トロン – グリクシスデルバー
KC Johnson – Michael Byars – Chris Kusenberger
8th Placeエスパーコントロール – 黒赤ホロウワン – 感染
Nathan Fountain -Gregory Stiver – Aaron Barich
備考スタンダード – モダン – レガシーの順に表記
参加者数273チーム
デッキリスト1-28位
メタゲーム初日突破者分析
Twitch配信動画一覧はこちらから
[1位] スタンダード:ターボフォグ プレイヤー:Jonathan Job
デッキリスト
4:《森/Forest》
4:《島/Island》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
3:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
4:《まばらな木立ち/Scattered Groves》
2:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
26 lands

0 creatures

1:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1:《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》
4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4:《楽園の贈り物/Gift of Paradise》
2:《予期/Anticipate》
1:《俗物の放棄/Forsake the Worldly》
4:《花粉のもや/Haze of Pollen》
4:《運命のきずな/Nexus of Fate》
3:《根の罠/Root Snare》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《至高の意志/Supreme Will》
3:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
4:《航路の作成/Chart a Course》
34 other spells

3:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
2:《神秘の考古学者/Mystic Archaeologist》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
4:《否認/Negate》
2:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
15 sideboard cards

[1位] モダン:人間 プレイヤー: Brian Basoco
デッキリスト
1:《平地/Plains》
4:《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
19 lands

4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
4:《帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
4:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3:《民兵のラッパ手/Militia Bugler》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《幻影の像/Phantasmal Image》
3:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
3:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
37 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 other spells

2:《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》
2:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《罪の収集者/Sin Collector》
1:《つむじ風のならず者/Whirler Rogue》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《はらわた撃ち/Gut Shot》
2:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
15 sideboard cards

[1位] レガシー:青黒シャドウ プレイヤー:David Thomas
デッキリスト
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《湿地の干潟/Marsh Flats》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《Underground Sea》
4:《不毛の大地/Wasteland》
3:《湿った墓/Watery Grave》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《意志の力/Force of Will》
1:《殺し/Snuff Out》
2:《頑固な否認/Stubborn Denial》
3:《思案/Ponder》
1:《定業/Preordain》
2:《再活性/Reanimate》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
28 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《ゲスの玉座/Throne of Geth》
3:《夜の戦慄/Dread of Night》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
15 sideboard cards

クラシック(スタンダード)

1st Place緑単タッチ黒アグロ
プレイヤー:Cynic Kim
2nd Place赤単ウィザード
プレイヤー:Sal Barboza
3rd Place赤黒アグロ
プレイヤー:Justin Cho
4th Place赤黒アグロ
プレイヤー:Michael Carter
5th Place白青サイクリング
プレイヤー:Ryan Leeper
6th Place赤黒アグロ
プレイヤー:Ricky Linn
7th Place青単霊気貯蔵器
プレイヤー:Jason Ames
8th Place赤黒アグロ
プレイヤー:Daniel Bardier
参加人数116名
デッキリスト1-16位
1位:緑単タッチ黒アグロ プレイヤー:Cynic Kim
デッキリスト
12:《森/Forest》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
24 lands

4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《緑地帯の暴れ者/Greenbelt Rampager》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion》
4:《茨の副官/Thorn Lieutenant》
4:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3:《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》
3:《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
30 creatures

3:《顕在的防御/Blossoming Defense》
3:《キランの真意号/Heart of Kiran》
6 other spells

2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
3:《蔦草牝馬/Vine Mare》
1:《最古再誕/The Eldest Reborn》
1:《英雄的介入/Heroic Intervention》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
4:《強迫/Duress》
2:《自然の流儀/Nature’s Way》
15 sideboard cards

クラシック(モダン)

1st Placeストーム
プレイヤー:Austin Collins
2nd Place緑単トロン
プレイヤー:Batu Acar
3rd Placeアイアンワークス
プレイヤー:Zach Philley
4th Place青赤ウィザード
プレイヤー:Jake Rutkowski
5th Placeブリッジヴァイン
プレイヤー:William Jordan
6th Placeリビングエンド
プレイヤー:David Pierce
7th Placeエルドラージトロン
プレイヤー:Adrian Hernandez
8th Placeジャンド
プレイヤー:Ryan Scott
参加人数207名
デッキリスト1-16位
1位:ストーム プレイヤー:Austin Collins
デッキリスト
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
17 lands

2:《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
4:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
6 creatures

4:《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4:《けちな贈り物/Gifts Ungiven》
4:《魔力変/Manamorphose》
1:《有毒の蘇生/Noxious Revival》
4:《選択/Opt》
4:《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
1:《差し戻し/Remand》
1:《撤廃/Repeal》
1:《非実体化/Unsubstantiate》
3:《ぶどう弾/Grapeshot》
2:《炎の中の過去/Past in Flames》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《手練/Sleight of Hand》
37 other spells

2:《削剥/Abrade》
1:《残響する真実/Echoing Truth》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《深遠の覗き見/Peer Through Depths》
1:《拭い捨て/Wipe Away》
3:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
4:《パズルの欠片/Pieces of the Puzzle》
15 sideboard cards

クラシック(レガシー)

1st Place土地単
プレイヤー:Taylor Spain
2nd Placeグリクシスコントロール
プレイヤー:Travis Savage
3rd Place青黒オムニテル
プレイヤー:Albert Huang
4th Placeデス&タックス
プレイヤー:Paden Pilgrim
5th Placeデス&タックス
プレイヤー:James Otto
6th Placeデス&タックス
プレイヤー:Travis Brown
7th Placeデス&タックス
プレイヤー:Justin Herrell
8th Place親和
プレイヤー:Tai Nguyen
参加人数93名
デッキリスト1-16位
1位:土地単 プレイヤー:Taylor Spain
デッキリスト
1:《森/Forest》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《Glacial Chasm》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2:《イス卿の迷路/Maze of Ith》
1:《裂け岩の扉/Riftstone Portal》
3:《リシャーダの港/Rishadan Port》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
2:《Taiga》
4:《演劇の舞台/Thespian’s Stage》
1:《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
4:《不毛の大地/Wasteland》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《カラカス/Karakas》
1:《The Tabernacle at Pendrell Vale》
4:《暗黒の深部/Dark Depths》
35 lands

0 creatures

4:《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4:《踏査/Exploration》
1:《マナ結合/Manabond》
1:《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4:《輪作/Crop Rotation》
3:《罰する火/Punishing Fire》
4:《ギャンブル/Gamble》
4:《壌土からの生命/Life from the Loam》
25 other spells

2:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《窒息/Choke》
1:《Drop of Honey》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3:《クローサの掌握/Krosan Grip》
1:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
15 sideboard cards

3位:青黒オムニテル プレイヤー:Albert Huang
デッキリスト
5:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
3:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《Underground Sea》
1:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
20 lands

3:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
3 creatures

4:《全知/Omniscience》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《狡猾な願い/Cunning Wish》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
3:《リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul’s Vault》
2:《予報/Predict》
4:《思案/Ponder》
4:《定業/Preordain》
4:《実物提示教育/Show and Tell》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
37 other spells

3:《悪意の大梟/Baleful Strix》
3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《残響する真実/Echoing Truth》
1:《エラダムリーの呼び声/Eladamri’s Call》
1:《火想者の予見/Firemind’s Foresight》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《ハーキルの召還術/Hurkyl’s Recall》
1:《直観/Intuition》
1:《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《虐殺/Massacre》
15 sideboard cards

ソース

Dallas Open Weekend – StarCityGames.com

14 コメント on SCGオープン(3人チーム構築戦):優勝はターボフォグ、人間、青黒シャドウのチームに

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/08/22(水) 22:16:01 ID:k4Njk0MjQ

    人間がMTGをプレイするのを禁止しろ

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/08/22(水) 22:23:39 ID:QwODE3Nzk

    「優勝はターボフォグ」に見えてげんなりしたゾ
    チーム戦で事無きを得た

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/08/22(水) 23:07:27 ID:M2MzQ3MjE

    人間なんて所詮は少し速いだけのビートダウンなんだから対策するのは余裕。
    問題は人間に有利なデッキが人間以外に勝てなくて人間をのさばらせているって事。
    人間の敵はいつだって人間という事だな

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/08/23(木) 00:17:05 ID:U3NDU5MzI

    なおサリア帆凧翻弄

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/08/23(木) 07:01:30 ID:MwNjUyMjk

    おば賛美禁止で良いよ
    色欲しいデッキはパッパラ使って人間はアヴァシンの巡礼者でも使っとけ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/08/23(木) 10:36:27 ID:AyNzg2NDM

    ローウィンみたいな人間のいないファンタジー時空にまた行かないかな。まあ作りにくいしアピールしにくいってのは分かるけど、どこの次元にも蔓延ってるから食傷気味

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/08/23(木) 13:46:40 ID:k3MTkzNzk

    人間禁止ニキは次は親和とホロウに同じこと言ってそう

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/08/23(木) 20:25:36 ID:M5Mjc2NTk

    現環境だと鎖マンばっかり槍玉に挙げられるけど、クリーチャーデッキならとりあえず黒タッチして放り込んでおけ、ってなってるたかり屋の方が異常な性能してると思う昨今

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2018/08/23(木) 22:31:57 ID:EzNDkzMjA

    禁止ニキはウラモグみたいなもんだからしゃーない

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2018/08/24(金) 07:35:17 ID:YxMzUxMTU

    たかり屋当然のようにゾンビとかに4積みされてて笑う

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2018/08/24(金) 08:10:01 ID:I1NTc0ODg

    ※58
    鎖マンが文句言われてるのは、パワーというよりタフ1を並べるようなデッキをメインから否定してることだから。ちょっとずれてると思うよ
    実際横並び系のデッキは本当に環境から消えた

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2018/08/24(金) 08:26:47 ID:M4ODE1MTQ

    ※60
    ゾンビのたかり屋は、ただ強いから入っているわけじゃなくて
    今の黒単のゾンビの2マナ域が墓所の司令官以外貧弱だからなのが大きな理由
    タッチ白しないと本気でリミテ用くらいのカードパワーの連中しかいないし
    それくらいならたかり屋や霊基体とかの方がまだましってなるからね
    オーバーパワーだから入っているというより消去法で入ってる感じ

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2018/08/24(金) 12:27:24 ID:A1NDc5ODI

    無色で2マナでキランに乗れるのが偉い(たかりや)

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2018/08/24(金) 13:10:53 ID:I0Nzk1MzA

    ※59
    ウーラ「解せぬ」

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。