GPトリノ2018(リミテッド):優勝は決勝ドラフトにて黒緑を組み上げたJoao Choca選手に

7月28-29日、イタリア共和国ピエモンテ州にてリミテッドフォーマットで行われたグランプリ・トリノ2018(参加人数:1,032名)。優勝は決勝ドラフトにて黒緑デッキを組み上げたJoao Choca選手となりました。

※写真はマジック米公式Twitterアカウントより

トップ8選手&使用デッキ

1st Place黒緑
プレイヤー:Joao Choca
2nd Place白赤
プレイヤー:Michael Kundegraber
3rd Place青赤
プレイヤー:Guillaume Gauthier
4th Place黒赤タッチ青
プレイヤー:Sebastien Gerardin
5th Place青緑
プレイヤー:Alberto Mattioli
6th Place白赤
プレイヤー:Reinhold Kohl
7th Place白青
プレイヤー:Gero Lemke
8th Place白緑タッチ青黒
プレイヤー:Michał Brancewicz

入賞者プロフィールはこちらから。

優勝者デッキリスト

1位:黒緑 プレイヤー:Joao Choca
デッキリスト
10:《森/Forest》
7:《沼/Swamp》
17 lands

2:《不吉な死霊/Fell Specter》
2:《ケンタウルスの狩猟者/Centaur Courser》
2:《巨大な戦慄大口/Colossal Dreadmaw》
2:《大蜘蛛/Giant Spider》
1:《金剛牝馬/Diamond Mare》
1:《ガーゴイルの歩哨/Gargoyle Sentinel》
1:《逆毛の猪/Bristling Boar》
1:《僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl》
1:《エルフの再生者/Elvish Rejuvenator》
1:《カル・シスマの恐怖、殺し爪/Goreclaw, Terror of Qal Sisma》
1:《緑林の歩哨/Greenwood Sentinel》
1:《茨隠れの狼/Thornhide Wolves》
1:《用心深いベイロス/Vigilant Baloth》
1:《蔦草牝馬/Vine Mare》
18 creatures

1:《狂気の一咬み/Rabid Bite》
1:《異様な忍耐/Abnormal Endurance》
1:《殺害/Murder》
1:《束縛の胞子/Strangling Spores》
1:《剛力化/Titanic Growth》
5 other spells

決勝ドラフトのデッキリストはこちらから。

ソース

GRAND PRIX TURIN 2018 – マジック米公式サイト

4 コメント on GPトリノ2018(リミテッド):優勝は決勝ドラフトにて黒緑を組み上げたJoao Choca選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/07/30(月) 13:28:54 ID:g2NDc1Mzc

    白緑t青黒って何やねんって思ったらクロミウムがいた
    それでいてブランチウッドまで入っているという欲張りデッキ

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/07/30(月) 18:55:39 ID:I4ODMzODU

    黒緑ジャイグロってか?

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/07/30(月) 23:35:18 ID:c2NTMwNDM

    タフ3でかためとる

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/07/31(火) 01:14:27 ID:czMTU4MTQ

    やっぱ、強い色をやるだけじゃなくて、色被りしないことも重要だよな。決勝卓はメイン色で白4人赤4人緑3人黒2人で、緑黒が優勝でしょ
    core2019はリミテで白赤が強すぎて均衡が取れてないと言う人もいるけど、不人気色で間隙を突くのも戦略のウチだから

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。