[モダン]《モックス・アンバー》を活用したレジェンダリージェスカイがMO競技リーグ5-0

7月24日公開のMO競技リーグ5-0デッキ一覧より、《モックス・アンバー》を最大限活用したジェスカイレジェンダリーのご紹介です。

『ドミナリア』の発売以降、ピーキーな性能ながらモダン環境においても一定の活躍を見せた《モックス・アンバー》型の伝説アグロ。今回のリストは早出しのみに特化した従来のものとは違い、各種シナジーについても《モックス・アンバー》の存在が大きく関与しています。

デッキリスト

5-0:レジェンダリージェスカイ プレイヤー:AndGrand
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《永岩城/Eiganjo Castle》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
17 lands

3:《上位の空民、エラヨウ/Erayo, Soratami Ascendant》
2:《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《遺跡潜り、ジョリー・エン/Jori En, Ruin Diver》
3:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
17 creatures

4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《選択/Opt》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《撤廃/Repeal》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
4:《モックス・アンバー/Mox Amber》
26 other spells

3:《高山の月/Alpine Moon》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
2:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

ジェスカイカラーの強力な伝説のクリーチャーを多数採用した本リスト。《モックス・アンバー》はこれらの着地を補助するだけでなく、《上位の空民、エラヨウ》の反転や《遺跡潜り、ジョリー・エン》の追加ドロー、《僧院の導師》のトークン生成+果敢誘発など、様々な能力誘発への貢献をマナを使わずに実現します。

また《撤廃》は0マナアーティファクトを手札に戻すことにより、上述した能力群の更なる連鎖が可能に。範囲もパーマネントと広いため、相手の邪魔な置き物をどかす場合にも一役買ってくれることでしょう。

他にも《聖トラフトの霊》や《ヴリンの神童、ジェイス》など伝説のクリーチャーが盛りだくさん。一風変わったリストをお求めの方はぜひお試しください。

その他の注目カード

ソース

COMPETITIVE MODERN CONSTRUCTED LEAGUE – マジック米公式サイト

2 コメント on [モダン]《モックス・アンバー》を活用したレジェンダリージェスカイがMO競技リーグ5-0

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/07/30(月) 13:25:55 ID:QyNDU5MTU

    金魚辺りでこのデッキのリーグ配信きてくれ

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/09/07(金) 20:45:09 ID:c5MjQ0OTM

    スタンの50点ビームに似た物を感じる

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。