GPワシントンDC2018(チームリミテッド):優勝はTenjum・Sochurek・Ingram選手チーム

5月26-27日、アメリカ合衆国のバージニア州にてチームリミテッドで行われたグランプリ・ワシントンDC2018(参加者数:537チーム)。優勝はAndrew Tenjum選手(写真中央)、Petr Sochurek(写真右)選手、Peter Ingram(写真左)選手チームとなりました。

※写真はマジック米公式サイトより

TOP4チーム

1st PlaceAndrew Tenjum – Petr Sochurek – Peter Ingram
2nd PlacePaulo Vitor Damo da Rosa – Eric Froehlich – Ben Stark
3rd PlaceOliver Tiu – Shahar Shenhar – Ondrej Strásky
4th PlaceBrad Nelson – Brian Braun-Duin – Martin Muller

トップ4チームプロフィールはこちらから。

優勝チームデッキリスト(決勝戦チームドラフト)

白緑 プレイヤー:Andrew Tenjum
9:《森/Forest》
8:《平地/Plains》
17 lands

1:《シッセイの後裔、シャナ/Shanna, Sisay’s Legacy》
1:《エイヴンの歩哨/Aven Sentry》
1:《発掘象/Excavation Elephant》
1:《メサ・ユニコーン/Mesa Unicorn》
2:《守衛官/Sergeant-at-Arms》
1:《ベイロスの大喰らい/Baloth Gorger》
1:《エルフェイムのドルイド/Elfhame Druid》
1:《クローサのドルイド/Krosan Druid》
1:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
1:《始源のワーム/Primordial Wurm》
1:《荒々しいカヴー/Untamed Kavu》
1:《ヤヴィマヤの苗飼い/Yavimaya Sapherd》
13 creatures

1:《祝福の光/Blessed Light》
2:《ギデオンの叱責/Gideon’s Reproach》
1:《治癒の恩寵/Healing Grace》
1:《神聖の発動/Invoke the Divine》
2:《成長の資質/Gift of Growth》
1:《小剣/Short Sword》
2:《叙爵/Dub》
10 other spells
白赤 プレイヤー:Petr Sochurek
1:《名誉の記念像/Memorial to Glory》
8:《山/Mountain》
7:《平地/Plains》
16 lands

1:《エイヴンの歩哨/Aven Sentry》
1:《ベナリアの儀仗兵/Benalish Honor Guard》
1:《アヴナントの罠師/D’Avenant Trapper》
1:《善意の騎士/Knight of Grace》
3:《新ベナリアの騎士/Knight of New Benalia》
1:《フェメレフの誇り、クェンデ/Kwende, Pride of Femeref》
2:《ペガサスの駿馬/Pegasus Courser》
1:《セラの信奉者/Serra Disciple》
1:《ケルドの軍監/Keldon Overseer》
1:《炎の番人、ヴァルダーク/Valduk, Keeper of the Flame》
1:《喊声のフェニックス/Warcry Phoenix》
1:《エイスサーの滑空機/Aesthir Glider》
1:《ジョイラの使い魔/Jhoira’s Familiar》
16 creatures

1:《不屈の意志/Adamant Will》
1:《治癒の恩寵/Healing Grace》
2:《猛り狂い/Run Amok》
1:《シヴの火/Shivan Fire》
1:《小剣/Short Sword》
1:《ウェザーライト/Weatherlight》
1:《ジェラードの勝利/Triumph of Gerrard》
8 other spells
黒赤タッチ青 プレイヤー:Peter Ingram
2:《島/Island》
8:《山/Mountain》
8:《沼/Swamp》
18 lands

1:《雲読みスフィンクス/Cloudreader Sphinx》
2:《カリゴの皮魔女/Caligo Skin-Witch》
1:《死花のサリッド/Deathbloom Thallid》
1:《残忍な異形/Feral Abomination》
1:《リッチの騎士、ジョス・ヴェス/Josu Vess, Lich Knight》
1:《センギアの純血、カザロフ/Kazarov, Sengir Pureblood》
2:《要塞の聴罪司祭/Stronghold Confessor》
1:《雑食のサリッド/Thallid Omnivore》
1:《血石のゴブリン/Bloodstone Goblin》
1:《ギトゥの修士魔道士/Ghitu Journeymage》
1:《ケルドの軍監/Keldon Overseer》
1:《ケルドの略奪者/Keldon Raider》
1:《不死身、スクイー/Squee, the Immortal》
1:《這い回る偵察機/Skittering Surveyor》
1:《ギックスの信奉者、ローナ/Rona, Disciple of Gix》
1:《血の炎、ガルナ/Garna, the Bloodflame》
18 creatures

1:《抜去/Divest》
1:《魂回収/Soul Salvage》
1:《火による戦い/Fight with Fire》
1:《最古再誕/The Eldest Reborn》
4 other spells

デッキリスト

決勝戦チームドラフト

動画配信(Twitch)

動画一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX WASHINGTON D.C. 2018 – マジック米公式サイト

10 コメント on GPワシントンDC2018(チームリミテッド):優勝はTenjum・Sochurek・Ingram選手チーム

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 12:33:51 ID:A2NDIyOTk

    トップ4以下もやべーやつらがいっぱいで草
    ハイレベルなグランプリだったんだろうなぁ

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 12:37:18 ID:A2NzUzOTQ

    2位と4位のチームがこわれすぎてる

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 12:38:54 ID:M2MTM0MTg

    Magic is like sex.

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 12:47:57 ID:A3MDQ3NDA

    このGPでPT権利取った人いないって見て草生えた

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 12:51:29 ID:IxODI0MDk

    以前から言われてることだけど、チームリミテッドは明確に腕の差が出るから上位がやべーことになるね

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 13:12:34 ID:EwMzI5NTE

    チームリミテはいつもやばいが、翌週近くでプロツアーがあるせいでさらに厳選された感じがするな
    去年のGP京都に海外トッププロが大量にいたのを思い出す

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 14:36:42 ID:A2ODgzMjg

    去年のGP京都の海外勢の日本人狩りはほんとおもしろかったw

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 18:44:41 ID:A1NDg1OTI

    リミテッドが強いプレイヤーが真に強いマジックプレイヤー、リミテッドが弱いやつは弱いプレイヤー(真理)

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 18:59:04 ID:g5MzI5OTI

    太ったセスマン

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/05/28(月) 18:59:42 ID:A0OTA5MTg

    後で見直したら2位のチームやっぱり全員殿堂入りプレイヤーだった
    またPVか壊れるなあ…

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。