MOチャンピオンシップ2017:モダンで白緑呪禁を使用したDmitriy Butakov選手が優勝 | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

MOチャンピオンシップ2017:モダンで白緑呪禁を使用したDmitriy Butakov選手が優勝

2018年3月2-4日に開催された2017年度MOチャンピオンシップ。前回王者やMOCS優勝者など計24名がモダンとドラフトの2フォーマットで競い合うこと3日間、見事優勝を飾ったのは2012年度の優勝者であるDmitriy Butakov選手でした。

トップ4選手&モダン使用デッキ

1st Place白緑呪禁
プレイヤー:Dmitriy Butakov
2nd Placeジャンド
プレイヤー:Steve Rubin
3rd Placeジャンド
プレイヤー:Niklas Dahlquist
4th Placeグリクシスコントロール
プレイヤー:Lars Dam

参加選手プロフィールはこちらから。

トップ4選手モダンデッキリスト

1位:白緑呪禁 プレイヤー:Dmitriy Butakov
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
4:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
3:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
20 lands

4:《林間隠れの斥候/Gladecover Scout》
4:《コーの精霊の踊り手/Kor Spiritdancer》
4:《ぬめるボーグル/Slippery Bogle》
12 creatures

2:《流刑への道/Path to Exile》
4:《怨恨/Rancor》
4:《天上の鎧/Ethereal Armor》
2:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
2:《ハイエナの陰影/Hyena Umbra》
4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
4:《蜘蛛の陰影/Spider Umbra》
2:《霊魂のマントル/Spirit Mantle》
4:《夜明けの宝冠/Daybreak Coronet》
28 other spells

2:《流刑への道/Path to Exile》
3:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《魂の絆/Spirit Link》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
3:《原基の印章/Seal of Primordium》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
15 sideboard cards

2位:ジャンド プレイヤー:Steve Rubin
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《森/Forest》
3:《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《沼/Swamp》
1:《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《樹上の村/Treetop Village》
25 lands

4:《闇の腹心/Dark Confidant》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4:《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
15 creatures

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
20 other spells

2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
15 sideboard cards

3位:ジャンド プレイヤー:Niklas Dahlquist
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
3:《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《沼/Swamp》
1:《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《樹上の村/Treetop Village》
1:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
25 lands

4:《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
4:《闇の腹心/Dark Confidant》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
15 creatures

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《終止/Terminate》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
20 other spells

1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1:《自然のままに/Natural State》
1:《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
1:《窒息/Choke》
15 sideboard cards

4位:グリクシスコントロール プレイヤー:Lars Dam
4:《廃墟の地/Field of Ruin》
2:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《沼/Swamp》
2:《湿った墓/Watery Grave》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
24 lands

4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
6 creatures

2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《血清の幻視/Serum Visions》
2:《戦慄掘り/Dreadbore》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《否認/Negate》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
30 other spells

1:《否認/Negate》
3:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
3:《払拭/Dispel》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1:《滅び/Damnation》
1:《ヤヘンニの巧技/Yahenni’s Expertise》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
15 sideboard cards

出場者デッキリスト

ドラフト1日目/ドラフト2日目/モダン

動画配信(Twitch)

動画一覧はこちらから。

ソース

2017 MAGIC ONLINE CHAMPIONSHIP – MTG米公式サイト

9 コメント on MOチャンピオンシップ2017:モダンで白緑呪禁を使用したDmitriy Butakov選手が優勝

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 12:19:28 ID:Q5NTQ0ODg

    針サーチして来れるで

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 13:24:13 ID:A0ODM0MTQ

    流石にジェイスいれた青いコントロールで発明品の唸りを打ち消さないってあり得なくね?

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 15:46:28 ID:M1NTE0OTU

    なぜ打ち消される前提なのか

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 16:54:09 ID:Q5NTQ0ODg

    そりゃカウンターできるのなら打ち消しゃいいけど、打ち消さないんじゃなくて打ち消せないこともあるんだよマジックには。それこそ審問でカウンター抜けばいいしジェイス出した隙にエンドメインで仕掛けられるし。

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 21:09:26 ID:cxNDg4MDk

    そうじゃなくて着地したら勝ちなんていくらでもあるんだから、打ち消される前提で話すべきって事じゃ無い?

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 21:36:19 ID:I0MTA3NTA

    打ち消しを構えるべきかどうかの駆け引きもマジックの醍醐味でしょ。

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2018/03/08(木) 01:26:54 ID:U0ODA3MTI

    絶対通さなきゃいけない針を打ち消される前提で動くことがナンセンス

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2018/03/08(木) 02:28:06 ID:cwMDMwNDg

    4マナのソーサリースペルが3マナのインスタントで処理される時点でどっちのが有利かは明白。ジェイスデッキはジェイスに依存しがちだし単なる11交換じゃないし。ランタンが減ってるのは単純に構造的に勝ちづらいトロンが多いからでしょ。ジェイスデッキにも血編みデッキにもランタン自体は悪くはないよ。

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2018/03/08(木) 02:40:48 ID:Y1ODQ5NzE

    MOでランタンは使ってられんっていうメタ以前のハードルをまずどうにかせんと

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。