GPメンフィス2018(スタンダード):優勝は赤緑モンスターを使用したTyler Schroeder選手

2月24日-25日、アメリカ合衆国テネシー州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・メンフィス2018本戦(参加人数:1,084名)。優勝は赤緑モンスターを使用したTyler Schroeder選手となりました。

※写真はマジック米公式Twitterより

トップ8選手&使用デッキ

1st Place 赤緑モンスター
プレイヤー:Tyler Schroeder
2nd Place スゥルタイカウンター
プレイヤー:Aaron Barich
3rd Place グリクシスエネルギー
プレイヤー:Matthew Kling
4th Place グリクシスエネルギー
プレイヤー:Hunter Cochran
5th Place マルドゥ機体
プレイヤー:Blake Miller
6th Place グリクシスエネルギー
プレイヤー:Andrew Tenjum
7th Place 青黒コントロール
プレイヤー:Heath Vance
8th Place 青黒コントロール
プレイヤー:Eric Froehlich

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:赤緑モンスター プレイヤー:Tyler Schroeder
7:《森/Forest》
2:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
8:《山/Mountain》
4:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
25 lands

4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
1:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《立て直しのケンラ/Resilient Khenra》
2:《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
26 creatures

2:《捲土+重来/Struggle+Survive》
4:《削剥/Abrade》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
9 other spells

1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《捲土+重来/Struggle+Survive》
2:《アゾカンの射手/Atzocan Archer》
1:《顕在的防御/Blossoming Defense》
2:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
1:《帰化/Naturalize》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
15 sideboard cards

2位:スゥルタイカウンター プレイヤー:Aaron Barich
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
3:《森/Forest》
2:《穢れた果樹園/Foul Orchard》
2:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
1:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
1:《沼/Swamp》
24 lands

4:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
26 creatures

3:《顕在的防御/Blossoming Defense》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》
10 other spells

2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition》
3:《強迫/Duress》
3:《否認/Negate》
3:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
15 sideboard cards

3位:グリクシスエネルギー プレイヤー:Matthew Kling
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《沼/Swamp》
26 lands

2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
3:《スカラベの神/The Scarab God》
1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
15 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《慮外な押収/Confiscation Coup》
1:《削剥/Abrade》
1:《暗記+記憶/Commit+Memory》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《至高の意志/Supreme Will》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
19 other spells

1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《削剥/Abrade》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《巧射艦隊の追跡者/Deadeye Tracker》
2:《強迫/Duress》
3:《否認/Negate》
2:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

4位:グリクシスエネルギー プレイヤー:Hunter Cochran
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
2:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《沼/Swamp》
26 lands

2:《機知の勇者/Champion of Wits》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
1:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《スカラベの神/The Scarab God》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
15 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
1:《慮外な押収/Confiscation Coup》
1:《削剥/Abrade》
1:《徙家+忘妻/Consign+Oblivion》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《マグマのしぶき/Magma Spray》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
19 other spells

1:《削剥/Abrade》
2:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《強迫/Duress》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《否認/Negate》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》
1:《至高の意志/Supreme Will》
1:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

5位:マルドゥ機体 プレイヤー:Blake Miller
3:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
2:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
3:《山/Mountain》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
3:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
24 lands

4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
2:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
22 creatures

1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
3:《削剥/Abrade》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
14 other spells

1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《不敬の行進/Profane Procession》
2:《排斥/Cast Out》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
1:《炎鎖のアングラス/Angrath, the Flame-Chained》
3:《強迫/Duress》
2:《領事の権限/Authority of the Consuls》
1:《橋上の戦い/Battle at the Bridge》
15 sideboard cards

6位:グリクシスエネルギー プレイヤー:Andrew Tenjum
4:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
3:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
3:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
2:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
2:《沼/Swamp》
26 lands

4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
2:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
14 creatures

2:《削剥/Abrade》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《至高の意志/Supreme Will》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
20 other spells

1:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《強迫/Duress》
2:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
1:《破滅の刻/Hour of Devastation》
1:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
4:《否認/Negate》
15 sideboard cards

7位:青黒コントロール プレイヤー:Heath Vance
4:《異臭の池/Fetid Pools》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
7:《島/Island》
6:《沼/Swamp》
3:《廃墟の地/Field of Ruin》
2:《水没した骨塚/Submerged Boneyard》
26 lands

4:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
6 creatures

4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《渇望の時/Moment of Craving》
2:《暗記+記憶/Commit+Memory》
4:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
1:《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
4:《不許可/Disallow》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
28 other spells

1:《渇望の時/Moment of Craving》
1:《機械医学的召喚/Metallurgic Summonings》
2:《強迫/Duress》
3:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》
2:《否認/Negate》
1:《黄金の死/Golden Demise》
3:《禁制品の黒幕/Contraband Kingpin》
1:《原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide》
15 sideboard cards

8位:青黒コントロール プレイヤー:Eric Froehlich
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《異臭の池/Fetid Pools》
4:《廃墟の地/Field of Ruin》
7:《島/Island》
1:《水没した骨塚/Submerged Boneyard》
6:《沼/Swamp》
26 lands

2:《スカラベの神/The Scarab God》
4:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
6 creatures

2:《暗記+記憶/Commit+Memory》
4:《不許可/Disallow》
3:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
2:《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination》
3:《渇望の時/Moment of Craving》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
28 other spells

1:《渇望の時/Moment of Craving》
2:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
1:《バントゥ最後の算段/Bontu’s Last Reckoning》
3:《禁制品の黒幕/Contraband Kingpin》
1:《巧射艦隊の追跡者/Deadeye Tracker》
2:《強迫/Duress》
1:《黄金の死/Golden Demise》
3:《否認/Negate》
1:《原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide》
15 sideboard cards

デッキピックアップ

12位:ナヤミッドレンジ プレイヤー:Ari Lax
5:《森/Forest》
3:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《山/Mountain》
4:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
2:《まばらな木立ち/Scattered Groves》
4:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
3:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
25 lands

4:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
19 creatures

2:《不撓のアジャニ/Ajani Unyielding》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《削剥/Abrade》
4:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《排斥/Cast Out》
2:《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》
16 other spells

2:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
2:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
2:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
2:《帰化/Naturalize》
3:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

28位:白黒吸血鬼トークン プレイヤー:Jack Kiefer
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
3:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
5:《平地/Plains》
4:《シェフェトの砂丘/Shefet Dunes》
4:《沼/Swamp》
24 lands

3:《冠毛の陽馬/Crested Sunmare》
4:《薄暮軍団の盲信者/Dusk Legion Zealot》
4:《軍団の副官/Legion Lieutenant》
4:《薄暮の殉教者/Martyr of Dusk》
15 creatures

4:《饗宴への召集/Call to the Feast》
4:《女王の任命/Queen’s Commission》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
3:《軍団の上陸/Legion’s Landing》
4:《光輝の運命/Radiant Destiny》
2:《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》
21 other spells

1:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《強迫/Duress》
3:《断片化/Fragmentize》
2:《失われた遺産/Lost Legacy》
2:《不敬の行進/Profane Procession》
2:《不滅の太陽/The Immortal Sun》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
15 sideboard cards

上位デッキリスト

9-32位

映像配信(Twitch)

1日目/2日目

ソース

GRAND PRIX MEMPHIS 2018 – マジック米公式サイト

22 コメント on GPメンフィス2018(スタンダード):優勝は赤緑モンスターを使用したTyler Schroeder選手

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 19:47:26 ID:M5OTIzNTA

    赤緑今回のはミッドレンジ寄りのはともかくアグロ気味のはGP前から結構流行ってたぞ

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 20:15:37 ID:gyNTI4OTU

    スタンは面白いな。

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 20:26:25 ID:Q4NjU5MDY

    昔懐かしいステロイドタイプのデッキだけど、フィニッシャークラスの大型クリーチャーが赤なのが格差の感があるな。
    おじいちゃんが若かった頃は、緑クリーチャーは、一回りデカかったんじゃぞぉ。

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 20:38:12 ID:c0NjUyNDA

    部族がいるッッッ!!!
    フェロキドンをぶちこんだ甲斐がありますなぁ

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 20:46:57 ID:YxNjI5ODY

    1位のデッキ、この構築だったら『ステロイド』って名乗って欲しかったな
    綺麗なマナカーブだ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 20:48:36 ID:Y0MzQyNTQ

    神チャンドラを産んだママナラーもモンスターくくりでいいと思う
    グロブリロナスナラーって感じで

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 20:53:43 ID:g1ODI4ODI

    探検で永遠持ちを墓地に落として後で拾う。おお、アドいアドい。

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 21:34:51 ID:E3MTYwOTE

    グリクシスエネルギー、4マナ以上のカード14.15枚で勝てるものなんだね
    環境全体重くなってるのかな

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 21:46:53 ID:I3MjAxMzE

    安定して土地増やせるから重めのモンスター展開するのも難しくないんですねー
    とはいえ、永遠以外はハンドアドを補完する要素が薄いので全体除去来る前にササッとやらないと厳しいね

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 21:56:09 ID:c2MTQzNjU

    陰謀の悪魔くんが採用されているグリクシスエネルギーはいつ勝ってくれますか!!

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 22:02:23 ID:czMzM3NTc

    ハゾレトでもスカラベでもないのかたまげたなぁって思ってたらフェニックスがっつり入ってたわ
    (戦闘で打ち取り合いができたころに)もどして

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 22:15:47 ID:U0MjM1MDE

    ※60
    あんたが使って勝たせるんだよ!

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 22:21:07 ID:c1OTU1MjE

    ※60
    お前が悪魔くんになるんだよ!

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 23:23:21 ID:Y5MDk3NjM

    ※60
    あんたが使ってナンバー1になりゃいいんだよ!

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 23:31:09 ID:g2Nzk4ODI

    59
    環境的に全除去撃ってくる相手は少ないし除去耐性あるフェニックスやロナス、永遠衆に速攻ブリンガーで全除去はそこまでじゃないか?

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 23:38:11 ID:Q4NjU5MDY

    ※59
    ステロイドとは、そういうものだよ
    そんな自明なことをいう程、最近の人にとっては物珍しいデッキタイプなのか?
    火力とかマナ加速が弱くなって、ステロイドが衰退して久しいからなぁ
    この優勝はホントにおじいちゃんプレイヤーにとっては嬉しい限りだよ

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2018/02/26(月) 23:41:47 ID:A0MzEzODc

    ※48 スタンはわかるがモダンを売る理由がわからん。何かにかこつけてウィザーズ批判したいマンか?

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2018/02/27(火) 00:10:21 ID:AwNTg2NTc

    マーフォーク2種やフェニックスとブリンガーに加えて永遠6枚で展開力とカードアドバンテージを両立した中速グッドスタッフで本体火力もないからステロイドとは別物じゃないか?

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2018/02/27(火) 05:13:54 ID:I1MzQzNTM

    アゾカンの射手が意外だわ
    赤単の軽量格闘で刈るのとマグマと合わせてフェニックス落とすのが目的だろうか

  20. [70] 名無しのイゼット団員 2018/02/27(火) 10:18:24 ID:AwOTAyNzA

    >マグマと合わせてフェニックス落とす

    クソムーブすぎて草

  21. [71] 名無しのイゼット団員 2018/02/27(火) 23:40:14 ID:M1MDMxMTI

    アゾカンの射手は、光袖会の収集者やポーマットなどのタフ1クリーチャーを倒す良い選択肢かと。

  22. [72] 名無しのイゼット団員 2018/03/01(木) 11:28:06 ID:g1NDM4MjE

    こうしてみると恐竜は専用1マナクリとか、2~3マナ+タップで融和効果が使えるクリーチャーとかがないと、カードアドバンテージの低さに対するテンポアドの見返りが足りないのから、部族じゃなくて単体で機能できるものを起用する方が競技的であるのかなと思う。
    特に趣味に走りすぎているランプ戦術が実用的になるためにはその辺が欲しい。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。