[モダン]『破滅の刻』より《約束の刻》をフル採用したタイタン・シフトがMOリーグ5-0

7月13日公開のMOモダンリーグ5-0リストより、『破滅の刻』収録の《約束の刻》を4枚採用したタイタン・シフトをご紹介させていただきます。新カードを搭載し、一体どのような形で変化を遂げたのでしょうか。

デッキリスト

5-0:タイタン・シフト プレイヤー:Dorayaki‏
4:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
3:《森/Forest》
7:《山/Mountain》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
27 Lands

4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1:《ウッド・エルフ/Wood Elves》
9 Creatures

1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《探検/Explore》
3:《遥か見/Farseek》
4:《約束の刻/Hour of Promise》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
1:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
2:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《虹色の前兆/Prismatic Omen》
24 Other Spells

1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
3:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
15 Sideboard Cards

JP_DveZdReh8x遂に自衛のための《稲妻》が完全に抜け、《約束の刻》へと切り替わった本リスト。砂漠関係のテキストは無視され、純粋な土地サーチ呪文としての運用が行われています。《風景の変容》キャストの最低条件である土地7枚を瞬時に達成できる他、同じく《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》をサーチ可能な《原始のタイタン》と併せて速やかに相手のライフを0にしてくれることでしょう。

その他の採用カード

Image (4)Image (5)Image (3)

ソース

COMPETITIVE MODERN CONSTRUCTED LEAGUE(マジック米公式サイト)

54 コメント on [モダン]『破滅の刻』より《約束の刻》をフル採用したタイタン・シフトがMOリーグ5-0

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2017/07/15(土) 18:49:04 ID:I2MzA5ODI

    スタンより先にモダンで結果出すとは思わなんだ
    でもヴァラってもうコントロール気味のコンボデッキから完全にランプ寄りなデッキになったんだなって改めて思う

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2017/07/15(土) 20:30:01 ID:UyNzg5MDg

    前は脳筋マナランプしてたら双子にいかれてしまう環境だったからな

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2017/07/15(土) 20:34:56 ID:IxODY3NDc

    特殊地形がそれなりに豊富で5マナを許容できる環境ってなるとモダンが最適なんだろうね
    決してスタンで砂漠持ってくる動きが弱いと言うわけではないけれども

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2017/07/16(日) 19:20:23 ID:QwMjE3MzA

    毎回ピン差しのウッドエルフが気になる

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。