Magic Story『寵愛』:民を守るべく奮戦するハゾレト神と遂に果たされる「王神」の帰還

日本時間の7月6日、マジック:ザ・ギャザリング公式サイトより背景世界記事であるMagic Story『寵愛が公開されました。

オケチラ、ケフネト、ロナスの三柱が失われ、今やアモンケットを守護する神はハゾレトとバントゥのみ。ハゾレトは一人でも多くの民を生かすべく戦いますが、被害は拡大する一方で留まるところを知りません。絶望しかけるハゾレトを支えるのは「王神が全てを正してくれる」という今や根拠のない祈りのみ。そんな時、砂漠の上に暗黒の門が現れ――。

関連リンク(公式サイト)

『アモンケット』ストーリー一覧
『破滅の刻』ストーリー一覧

ソース

寵愛(MTG米公式サイト)

153 コメント on Magic Story『寵愛』:民を守るべく奮戦するハゾレト神と遂に果たされる「王神」の帰還

  1. [151] 名無しのイゼット団員 2017/07/09(日) 11:41:13 ID:I5NzM3MDk

    ハゾレト様ほんとカッコいい好き…
    バントゥも悪いとはいえ辛いなこれは

    ↓ハゾレト様のこのやり取り大好き
    「ハゾレト様のことは、誰がお守りするのですか?」彼女は尋ねた。

     小さな笑みがハゾレトの顔に閃いた。「行け。戦うのだ。私は耐えよう」

  2. [152] 名無しのイゼット団員 2017/07/09(日) 15:52:52 ID:kyNjcxMzE

    ※151
    そのシーンめっちゃいいよな。

  3. [153] 名無しのイゼット団員 2017/07/11(火) 22:00:00 ID:E2ODM0NzE

    単に自棄になっただけかもしれないし、最後の最後でハゾレトへの情を思い出したのかもしれない
    バントゥの真意は藪の中かな

1 2 3 4

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。