SCGオープンinアトランタ(スタンダード):優勝は黒緑昂揚、白青パンハモニコンが4位入賞

 

2016年12月3-4日、米TCGショップ「StarCityGames」主催のオープンシリーズ(スタンダード)がジョージア州アトランタにて開催されました(参加人数:335名)。優勝者は黒緑昂揚を使用したBrennan DeCandio選手となっています。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place黒緑昂揚
プレイヤー:Brennan DeCandio
2nd Place白青緑アグロ
プレイヤー:Eli Kassis
3rd Place黒緑昂揚
プレイヤー:Patrick Reynolds
4th Place白青パンハモニコン
プレイヤー:Michael Kenney
5th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Orlando Lucas
6th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Shaheen Soorani
7th Place白黒赤タッチ青機体
プレイヤー:Ryan McDonnough
8th Place白赤人間
プレイヤー:Kris McCord
1位:黒緑昂揚 プレイヤー:Brennan DeCandio
6:《森/Forest》
8:《沼/Swamp》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
23 lands

2:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
2:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
2:《精神壊しの悪魔/Mindwrack Demon》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
3:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
17 creatures

3:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
3:《発生の器/Vessel of Nascency》
3:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
20 other spells

1:《死の重み/Dead Weight》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《自然のままに/Natural State》
1:《餌食/To the Slaughter》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《失われた遺産/Lost Legacy》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

*2位:バントアグロ プレイヤー:Eli Kassis
3:《森/Forest》
8:《平地/Plains》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
24 lands

3:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《壌土のドライアド/Loam Dryad》
3:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
3:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
21 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
3:《永遠の見守り/Always Watching》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
3:《顕在的防御/Blossoming Defense》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 other spells

1:《街の鍵/Key to the City》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
3:《呪文捕らえ/Spell Queller》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
1:《自然のままに/Natural State》
2:《否認/Negate》
3:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 sideboard cards

*4位:白青パンハモニコン プレイヤー:Michael Kenney
4:《島/Island》
5:《平地/Plains》
1:《荒地/Wastes》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
1:《荒廃した瀑布/Blighted Cataract》
1:《荒廃した草原/Blighted Steppe》
3:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
24 lands

3:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
4:《雲先案内人/Cloudblazer》
4:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
2:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
25 creatures

4:《パンハモニコン/Panharmonicon》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
1:《本質の変転/Essence Flux》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
11 other spells

2:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3:《否認/Negate》
4:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
1:《呪文萎れ/Spell Shrivel》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《断片化/Fragmentize》
1:《燻蒸/Fumigate》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(スタンダード)

1st Place白青タッチ黒アグロ
プレイヤー:Lee Steht
2nd Place白黒赤機体(サイド後タッチ青)
プレイヤー:Steve Mann
3rd Place白青緑アグロ
プレイヤー:Ted Felicetti
4th Place白赤人間
プレイヤー:Neeraj Shukla
5th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Jonathan Rosum
6th Place赤緑霊気池
プレイヤー:James O’Shaughnessy
7th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Hunter Nance
8th Place白青赤コントロール
プレイヤー:Skylar Bobo
1位:白青タッチ黒アグロ プレイヤー:Lee Steht
5:《島/Island》
7:《平地/Plains》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《港町/Port Town》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
24 lands

4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
20 creatures

2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
3:《永遠の見守り/Always Watching》
4:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《革命的拒絶/Revolutionary Rebuff》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
16 other spells

3:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
3:《呪文萎れ/Spell Shrivel》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
2:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
1:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
2:《断片化/Fragmentize》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Placeドレッジ
プレイヤー:Caleb Scherer
2nd Place白緑トロン
プレイヤー:Max Olszack
3rd Placeスリヴァー
プレイヤー:Bradley George
4th Place白青赤フラッシュ
プレイヤー:Steve Wilson
5th Placeアド・グレイス
プレイヤー:Ryan Steiner
6th Placeスーパークレイジーズー
プレイヤー:Tyler Williams
7th Place白赤コントロール
プレイヤー:Dariusz Szylman
8th Place白赤コントロール
プレイヤー:Christopher Johnson
1位:ドレッジ プレイヤー:Caleb Scherer
2:《山/Mountain》
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
4:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
2:《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
4:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
4:《マナの合流点/Mana Confluence》
20 lands

4:《恐血鬼/Bloodghast》
4:《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
1:《憑依された死体/Haunted Dead》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
1:《災いの悪魔/Scourge Devil》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
26 creatures

1:《暗黒破/Darkblast》
4:《安堵の再会/Cathartic Reunion》
3:《燃焼/Conflagrate》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《壌土からの生命/Life from the Loam》
14 other spells

2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone》
2:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《稲妻の斧/Lightning Axe》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

*8位:白赤コントロール プレイヤー:Christopher Johnson
1:《山/Mountain》
5:《平地/Plains》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》
1:《鋭い突端/Needle Spires》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
23 lands

4:《修復の天使/Restoration Angel》
4:《前兆の壁/Wall of Omens》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
11 creatures

1:《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
4:《血染めの月/Blood Moon》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
26 other spells

1:《殴打頭蓋/Batterskull》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《呪文滑り/Spellskite》
3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《神の怒り/Wrath of God》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

15 コメント on SCGオープンinアトランタ(スタンダード):優勝は黒緑昂揚、白青パンハモニコンが4位入賞

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 12:22:25 ID:A0NTM3NDA

    さらっと入ってるスリヴァーに草

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 12:30:21 ID:I0NDAwNjA

    パンハモニコン、まさか構築級だった…?
    テゼレットが相性いいと嬉しいんだけど

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 12:31:30 ID:A4NzczNjQ

    昔、スリヴァー使ってた身としては、嬉しい物があるな。頑張ってもらいたい。

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 12:36:42 ID:U3MTgyMTg

    スリヴァーまじかよ

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 12:42:16 ID:A3Mzc5MDU

    スリヴァー頑張れ今後も頑張れ

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 13:00:58 ID:A1NTI5NTE

    やはりスリヴァーは神(確信)

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 13:39:21 ID:A4MDY5NzU

    スリヴァー、死んだはずじゃ…

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 13:49:42 ID:g0MjQ4MzI

    サンアンドムーンくん強いなと思ってたらスリヴァーお前…

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 13:51:57 ID:U3MTgyMzc

    サイドにもこれだけスリヴァー積んでるのは初めて見た。ボーラス様あたりがまた育成してくれないかな。

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 15:50:43 ID:MyMDM3MDE

    グランプリの方でも青白パンハモが初日全勝してたよね
    乗り手がセス・マンフィールドだったけど

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 16:30:51 ID:g4NDQyNDE

    青白でも青赤でもなく赤白のコントロールが勝ってるあたり、モダンの闇を感じる

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 16:46:58 ID:I5MDgyNTg

    毎度気になっているんやがクラシックってここではどういう意味?サブイベってこと?

  13. [13] タソガレ@管理人 2016/12/05(月) 16:54:32 ID:g4MDAzNjk

    ※12
    SCGの主催大会にはそれぞれ獲得権利や賞金毎に名称が付いているんです
    詳細はこちらのページでどうぞ
    http://www.starcitygames.com/content/scgtour

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 19:49:12 ID:g4ODE1MjI

    スリヴァー!生きとったんかワレ!

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/12/05(月) 20:49:37 ID:g0MjQ4MzI

    ※11
    闇でもなんでもなくただクリーチャー環境ってだけでしょ
    感染親和ドレッジSCZの面々にどれだけ打ち消しが機能するかっていうと

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。