SCGオープンinボルチモア(レガシー):優勝はスゥルタイ続唱、6位にアグロロームも

 

2016年11月5-6日、米TCGショップ「StarCityGames」主催のオープンシリーズ(レガシー)がメリーランド州ボルチモアにて開催されました(参加人数:563名)。優勝者はスゥルタイ続唱を使用したJonathan Orr選手となっています。

オープンシリーズ(レガシー)

1st Place青黒緑続唱
プレイヤー:Jonathan Orr
2nd Place奇跡
プレイヤー:Joe Lossett
3rd Place土地単
プレイヤー:Daryl Ayers
4th Place土地単
プレイヤー:David Long
5th Place白青緑タッチ黒デスブレード
プレイヤー:Thomas Smiley
6th Placeアグロローム
プレイヤー:Ian Bosley
7th Place青黒赤タッチ緑デルバー
プレイヤー:Brenden Mccarley
8th Place奇跡
プレイヤー:Gerard Fabiano
1位:スゥルタイ続唱 プレイヤー:Jonathan Orr
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
2:《Bayou》
1:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
4:《Underground Sea》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《不毛の大地/Wasteland》
22 lands

2:《悪意の大梟/Baleful Strix》
4:《断片無き工作員/Shardless Agent》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
15 creatures

1:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
3:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
2:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
23 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《無のロッド/Null Rod》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
2:《見栄え損ない/Disfigure》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《魂の裏切りの夜/Night of Souls’ Betrayal》
1:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
1:《壌土からの生命/Life from the Loam》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

メタゲームブレークダウン

2日目進出者アーキタイプ分布

映像配信(Twitch)

1日目/2日目/決勝トーナメント

クラシック(スタンダード)

1st Place白赤機体
プレイヤー:Reid Duke
2nd Place白青緑アグロ
プレイヤー:Ted Felicetti
3rd Place黒緑昂揚
プレイヤー:Michael Finney
4th Place白青緑アグロ
プレイヤー:Daniel Byington
5th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Chris Andersen
6th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Josh Cho
7th Place青赤緑現出
プレイヤー:Andrew Holt
8th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Jeff Folinus
1位:白赤機体 プレイヤー:Reid Duke
6:《山/Mountain》
10:《平地/Plains》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《鋭い突端/Needle Spires》
24 lands

3:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
4:《模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplar》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
22 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
2:《永遠の見守り/Always Watching》
3:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
14 other spells

2:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
4:《流電砲撃/Galvanic Bombardment》
1:《空鯨捕りの一撃/Skywhaler’s Shot》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《断片化/Fragmentize》
15 sideboard cards

*2位:バントアグロ プレイヤー:Ted Felicetti
3:《森/Forest》
1:《島/Island》
5:《平地/Plains》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
26 lands

3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
26 creatures

2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
8 other spells

1:《顕在的防御/Blossoming Defense》
3:《自然のままに/Natural State》
2:《否認/Negate》
1:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
2:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 sideboard cards

*4位:バントアグロ プレイヤー:Daniel Byington
4:《森/Forest》
2:《島/Island》
6:《平地/Plains》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
1:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
25 lands

2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
2:《博覧会場の警備員/Fairgrounds Warden》
3:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
3:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
21 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《顕在的防御/Blossoming Defense》
1:《革命的拒絶/Revolutionary Rebuff》
14 other spells

1:《呪文捕らえ/Spell Queller》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
1:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
2:《呪文萎れ/Spell Shrivel》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《罪人への急襲/Descend upon the Sinful》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
15 sideboard cards

*7位:ティムール現出 プレイヤー:Andrew Holt
7:《森/Forest》
2:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《獲物道/Game Trail》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
1:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
23 lands

4:《金線の使い魔/Filigree Familiar》
2:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
1:《高木背の踏みつけ/Arborback Stomper》
4:《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
2:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
16 creatures

3:《崩れた墓石/Corrupted Grafstone》
4:《発生の器/Vessel of Nascency》
2:《奇妙な森/Weirding Wood》
4:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
21 other spells

1:《高木背の踏みつけ/Arborback Stomper》
3:《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad》
1:《ムラーサの緑守り/Greenwarden of Murasa》
1:《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》
↑《厄介な船沈め/Vexing Scuttler》の誤植?
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《否認/Negate》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Placeキキジキ・コード
プレイヤー:Jeff Hoogland
2nd Place赤緑トロン
プレイヤー:Anneliese Faustino
3rd Placeアド・グレイス
プレイヤー:James Wohlmacher
4th Placeドレッジ
プレイヤー:Tyler Nolan
5th Place白青赤ナヒリコントロール
プレイヤー:Oren Lagziel
6th Place白黒緑進化
プレイヤー:Ryan Layman
7th Placeノリンシスターズ
プレイヤー:Austin Hatfield
8th Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Ryan Aucoin
1位:キキジキ・コード プレイヤー:Jeff Hoogland
2:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《つぶやき林/Murmuring Bosk》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
1:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
3:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
3:《修復の天使/Restoration Angel》
1:《目覚ましヒバリ/Reveillark》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
3:《復活の声/Voice of Resurgence》
3:《根の壁/Wall of Roots》
1:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
25 creatures

4:《召喚の調べ/Chord of Calling》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
13 other spells

2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
1:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
15 sideboard cards

*7位:ノリンシスターズ プレイヤー:Austin Hatfield
1:《山/Mountain》
4:《平地/Plains》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《湿地の干潟/Marsh Flats》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
21 lands

4:《アジャニの群れ仲間/Ajani’s Pridemate》
2:《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》
4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
1:《軍勢の忠節者/Legion Loyalist》
3:《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
4:《魂の管理人/Soul Warden》
3:《魂の従者/Soul’s Attendant》
3:《二の足踏みのノリン/Norin the Wary》
2:《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》
26 creatures

4:《起源室/Genesis Chamber》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《流刑への道/Path to Exile》
2:《戦列への復帰/Return to the Ranks》
13 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《避難所の印/Mark of Asylum》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《電謀/Electrickery》
2:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。


36 コメント on SCGオープンinボルチモア(レガシー):優勝はスゥルタイ続唱、6位にアグロロームも

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:07:27 ID:Q2NTQ1ODc

    BUGカスケードええぞ!ええぞ!

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:14:22 ID:UxNDc5MzY

    レガシー上位にエンチャントレスがいることに驚き

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:19:15 ID:QxNjYzMTk

    やっとバントアグロきたか!

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:20:24 ID:U5MDUxNDg

    土地単もやっぱ強いなー
    そういや今はリシャポ不毛全抜き幽霊街4が流行りみたいだけど、なんでなん?

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:28:56 ID:UxNDg5NzM

    ※4
    流石に不毛は入ってるだろ、リシャポはワカンネ

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:31:47 ID:YxNjg0Njg

    ノリンシスターズって勝てるデッキだったのかw

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:42:46 ID:UxMjg1ODE

    レオヴォルト初見は微妙かと思ってたけど
    メタ上の強みが微妙になりかけてた続唱が見事に復権したな
    土地単に勝てたのはよくわからんけど都合よく墓地対がささりでもしたのか

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 13:49:16 ID:gzNTQzODM

    幽霊街はレガシーのデッキが基本土地数枚だから3回目くらいから実質露天鉱床になるからじゃない?踏査、マナボンド、ロームのごり押しで奇跡の白マナ枯らしたり出来るし

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 14:02:04 ID:U2MTY2MDA

    土地単よく知らないけど奇跡は基本土地からプレイしてくるからそれを見てじゃないかな?>不毛不採用

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 14:58:42 ID:g5MDk0NDM

    不毛は入ってました!失礼しました!
    リシャポは色マナ安定させるためにやめたんかな?衰微入れてるし

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 15:05:46 ID:gzMjg4MDM

    リードデューク完全に機体マスターしてんなぁ
    強そうなデッキに乗り換えまくるどこぞのプロとは違うわ

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 15:18:21 ID:E4MjY5ODI

    レガシーは右も左もカスケードばっかなのがなぁ…。
    レオヴォルト害悪すぎる

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 15:46:34 ID:YyMDM5MTY

    瀬畑さんコイツでーす^^

    [11] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 15:05:46 ID:gzMjg4MDM
    リードデューク完全に機体マスターしてんなぁ
    強そうなデッキに乗り換えまくるどこぞのプロとは違うわ

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 16:01:53 ID:QyMDk1ODA

    (人を殺してそうな顔)

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 16:03:24 ID:A2ODc4NTI

    ※4
    不毛無しはミラクルに不毛が腐るのと今の環境基本土地無いデッキ多いから
    ミラクル特殊地形ほとんど持ってこないから幽霊街の方が強いし
    他のデッキでも多くて2回も幽霊街すると基本土地持ってこれなくなるの多いから
    リシャポは単純に毎ターンタップするより土地そのもの無くした方が良いから最近減ってる

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 16:03:33 ID:E3Njg2ODA

    ※12
    死儀礼・衰微以降はあまり得るものが無かった緑絡みのフェアデッキは弱体化傾向にあったから大して気にならないかなあ
    いつもどおり多少メタが変わっただけでしょ

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 16:10:55 ID:M2NjgxNzc

    土地単はすっかり常連な感じになったなあ。個人的には青ランズが好きでずっと使ってるけど、やっぱ青抜きの方が安定はしそうね。

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 16:21:39 ID:QxODc2NTU

    Jeff兄貴はもはやキキコードの化身だな
    モダンはやり込みゲーとはよく言ったものだ

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 17:09:06 ID:Q4OTE4MzY

    ※12 続唱て最近目立った活躍してたっけ?
    右も左もどころか今回のランキングでも寧ろマイナーでは?

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 18:18:09 ID:UxNzU2NjY

    レオヴォルド害悪は流石に釣り針でかすぎ

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 18:36:08 ID:g5MDk1OTY

    これはアグロロームとは言わないな

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 18:58:22 ID:gzNTQ4MzY

    アブザン進化って《進化の飛躍》かと思ったらそっちかw
    まぁ飛躍の方ならアブザンリープとか書くのか・・・

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 19:04:16 ID:A3NzYzNjA

    土地単がレオヴォルドへの対処法が少ないんだよなぁ。
    イスや不毛投げてもドローされるし、渦や罰する火でも落とすのに2枚必要な上に2枚ドローされる。その間にクロックの大きくなったタルモや死儀礼が並んで押し込まれる。

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 20:12:28 ID:QxOTczNDA

    Austin HatfieldってたしかThe Last Sun 2014で
    ノリンシスターズで無双してた人だよね。
    やっぱ使い込んでる人はつえーな。

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 22:30:36 ID:Q5MTEwMzA

    レオヴォルド結構イケメンだな
    もっとイヤらしいおっさんかと思ってたわ

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2016/11/07(月) 23:51:28 ID:A3ODA3Mjk

    流石は確定アドドロー殺しのレオヴォルド様
    統率者レオヴォルドはエドカスと共に滅べ

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 00:54:58 ID:A5MzYzODk

    レオヴォルドいる時にアゴニー撃ったら
    10枚以上ドローっつってウィル3発撃たれて生存されてワロタ・・・

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 02:52:16 ID:A5MTQ0NTM

    Gerard Fabiano帰ってきたんか
    いつ謹慎明けたのかわからんけどDQから結構経ったんやな

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 11:13:49 ID:Q1MTM2ODY

    オープンのレガシーよりモダンやスタンダードの方が記事が長いのか

  30. [30] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 12:39:34 ID:cxOTQ1ODU

    これ見ると日本デルバー多すぎない?
    特に関東にデルバーが多い気がする

  31. [31] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 15:03:13 ID:cyNzU0MjI

    ※21
    これがレガシーのアグロロームだと思うんですけど(名推理)

  32. [32] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 17:24:44 ID:UyMTgzNzE

    青黒赤タッチ緑デルバー
    なんで4色デルバーとかにしないんだ?

  33. [33] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 17:36:38 ID:c2MDEwODU

    緑要素がデスライトの能力起動とグラッジのFBのためだけだから。
    タルモとか衰微とか入ったボルカアンシートロピ2枚ずつの4Cと区別してる。

  34. [34] 名無しのイゼット団員 2016/11/08(火) 17:50:10 ID:Q4OTY4ODM

    アップで見たけど、レオ兄貴結構老け顔なんだな

  35. [35] 名無しのイゼット団員 2016/11/09(水) 01:25:25 ID:kzMzA1NTM

    野生の狩りの達人って何にサイドインするのか分からん

  36. [36] 名無しのイゼット団員 2016/11/09(水) 10:59:32 ID:QxNjI4MjI

    米30
    逆だぞ
    大会使用率で言えば海外(北米)の方がデルバーは多いんだ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。