GPリール2016(モダン):優勝は感染のMeciek Berger選手 トップ8に白青コントロールなど

 

2016年8月27-28日、フランスのノール県にてモダンフォーマットで行われたグランプリ・リール2016。優勝は感染を使用したMeciek Berger選手、準優勝はスーパークレイジーズーを使用したThomas Hendriks選手となりました。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place感染
プレイヤー:Meciek Berger
2nd Placeスーパークレイジーズー
プレイヤー:Thomas Hendriks
3rd Place黒赤緑
プレイヤー:Jiří Obraz
4th Place白緑ヘイトベアー
プレイヤー:Serafin Wellinger
5th Placeタイタン・ブリーチ
プレイヤー:Mike Boulinguiez
6th Place白青緑エルドラージ
プレイヤー:André Metzger
7th Place親和
プレイヤー:Manuel Menges
8th Place白青コントロール
プレイヤー:Daniel Ballestin

トップ8選手プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:感染 プレイヤー:Meciek Berger
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
2:《繁殖池/Breeding Pool》
2:《森/Forest》
2:《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
19 lands

4:《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《荒廃の工作員/Blighted Agent》
12 creatures

4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1:《ひずみの一撃/Distortion Strike》
4:《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
4:《古きクローサの力/Might of Old Krosa》
4:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
2:《よじれた映像/Twisted Image》
2:《使徒の祝福/Apostle’s Blessing》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《地うねり/Groundswell》
1:《四肢切断/Dismember》
4:《強大化/Become Immense》
29 other spells

1:《ひずみの一撃/Distortion Strike》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《四肢切断/Dismember》
1:《払拭/Dispel》
2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《自然の要求/Nature’s Claim》
15 sideboard cards

2位:スーパークレイジーズー プレイヤー:Thomas Hendriks
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
17 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
4:《野生のナカティル/Wild Nacatl》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
1:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
19 creatures

4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《強大化/Become Immense》
4:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
24 other spells

3:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
2:《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《流刑への道/Path to Exile》
1:《森/Forest》
1:《信仰の盾/Faith’s Shield》
15 sideboard cards

3位:ジャンド プレイヤー:Jiří Obraz
3:《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
24 lands

1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《闇の腹心/Dark Confidant》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
13 creatures

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《終止/Terminate》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
23 other spells

1:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《ジャンドの魔除け/Jund Charm》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
1:《衰滅/Languish》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
15 sideboard cards

4位:白緑ヘイトベアー プレイヤー:Serafin Wellinger
1:《森/Forest》
2:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
3:《平地/Plains》
4:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
22 lands

4:《刃の接合者/Blade Splicer》
1:《永遠の証人/Eternal Witness》
4:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
4:《レオニンの裁き人/Leonin Arbiter》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《修復の天使/Restoration Angel》
4:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
3:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
28 creatures

2:《集合した中隊/Collected Company》
4:《流刑への道/Path to Exile》
4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
10 other spells

1:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
2:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
2:《呪文滑り/Spellskite》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
15 sideboard cards

5位:タイタン・ブリーチ プレイヤー:Mike Boulinguiez
3:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
6:《山/Mountain》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《森/Forest》
25 lands

4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
2:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
12 creatures

2:《遥か見/Farseek》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
4:《裂け目の突破/Through the Breach》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
23 other spells

3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2:《虚空の杯/Chalice of the Void》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
1:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
1:《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《窒息/Choke》
15 sideboard cards

6位:バントエルドラージ プレイヤー:André Metzger
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《低木林地/Brushland》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
24 lands

4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
1:《極楽鳥/Birds of Paradise》
3:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
2:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
1:《呪文滑り/Spellskite》
27 creatures

4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《四肢切断/Dismember》
9 other spells

3:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
3:《頑固な否認/Stubborn Denial》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
1:《崇拝/Worship》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
15 sideboard cards

7位:親和 プレイヤー:Manuel Menges
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
4:《空僻地/Glimmervoid》
1:《山/Mountain》
17 lands

3:《メムナイト/Memnite》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
4:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
2:《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
2:《刻まれた勇者/Etched Champion》
27 creatures

4:《感電破/Galvanic Blast》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
16 other spells

2:《刻まれた勇者/Etched Champion》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《鞭打ち炎/Whipflare》
15 sideboard cards

8位:白青コントロール プレイヤー:Daniel Ballestin
4:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
3:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
5:《島/Island》
2:《平地/Plains》
1:《秘教の門/Mystic Gate》
2:《地盤の際/Tectonic Edge》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
25 lands

2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《修復の天使/Restoration Angel》
2:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3:《前兆の壁/Wall of Omens》
11 creatures

1:《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
3:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
3:《至高の評決/Supreme Verdict》
3:《マナ漏出/Mana Leak》
3:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《否認/Negate》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
1:《糾弾/Condemn》
1:《拘留の宝球/Detention Sphere》
24 other spells

1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《否認/Negate》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
2:《払拭/Dispel》
1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《神聖なる埋葬/Hallowed Burial》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
15 sideboard cards

上位入賞者デッキリスト

9-64位入賞者デッキリストはこちらから。

メタゲームブレークダウン

初日突破デッキ比率はこちらから。

ソース

GRAND PRIX LILLE 2016 – MTG米公式サイト

12 コメント on GPリール2016(モダン):優勝は感染のMeciek Berger選手 トップ8に白青コントロールなど

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/08/29(月) 10:04:05 ID:A5Njc5Mzc

    神聖な協力ってモダン級なんか…?

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/08/29(月) 10:09:32 ID:k2OTk1MDc

    青白の苦手な呪禁オーラとバーンをメタれるのは前から言われてたよね。

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/08/29(月) 10:29:00 ID:A1MDAzMDY

    トップ8どころか優勝してて草

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/08/29(月) 10:51:35 ID:ExOTU0Mzc

    9〜64位にいるトロン、白が多い今の環境でワムコ3積みとはたまげたなぁ。その分森を増やしてるけど。
    ボシューカの沼はこのデッキだとサーチできるしマナを消費しないから分かるけど。

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/08/29(月) 12:39:53 ID:E0ODQ5NzU

    SCZで準優勝はすごいな、トップ8は時々見たけどここまで上に来たのは記憶にない

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/08/29(月) 15:18:26 ID:E0ODMwNDQ

    ※1
    感染に強いんじゃないか?
    おば賛美や被覆・プロテクションを気にせず除去出来る2マナは貴重だし
    回復とアンタップのモードも結構使えるユーティリティカードだと思う

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/08/30(火) 00:03:04 ID:MzMTUwMTg

    なんでスーサイドズーって言ってる人の方が多いのにスーパークレイジーズーって皆言うの?

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/08/30(火) 00:38:43 ID:Q1NTI5NDQ

    ※7
    デッキ作成者が付けた元々の名称がスーパークレイジーズーだからだよ

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/08/30(火) 07:55:41 ID:kyMDk1NDY

    国内でスーサイドズーって言ってる人見たこと無いけど地域によってはそっちの名称使う人が多いんかね?

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/08/30(火) 08:05:59 ID:k1NTcwMjY

    PTとかだとデスシャドウなんとかとかいう表記だったっけ?

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/08/31(水) 23:19:01 ID:YzNjU2NDM

    suicideやcrazyはあまり公には使わないっていう配慮なんじゃね?
    あっちの国にもきっと鬱陶しい不謹慎厨がいるんだろう

    青白コンはメインから否認入れてるのがいいねー

    あと神聖な協力はリーク青コマ評決をあざ笑うスラーンを落とせるのも強みなのでは?

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/09/04(日) 10:14:10 ID:AzMzc5MjQ

    今更だけど感染の土地とスペルの枚数ずれてるんだよなぁ…

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。