GPラスベガス2015(MM2リミテッド):優勝はAaron Lewis選手及びScot Markeson選手


2015年5月30-31日、アメリカのネバダ州ラスベガスにてリミテッド(使用セット:『モダンマスターズ(2015年版)』)フォーマットで行われたグランプリ・ラスベガス2015。8千人規模のイベントを運営すべく大会は2分割同時進行という形が取られ、優勝者はイベント1が白青デッキを使用したAaron Lewis選手、イベント2が同じく白青デッキを使用したScot Markeson選手となりました。

イベント1・トップ8入賞選手

1st Place:Aaron Lewis
使用デッキ – 白青

2nd Place:Lucas Duchow
使用デッキ – 黒赤
3rd Place:Pascal Maynard
使用デッキ – 白赤
4th Place:David Jetha
使用デッキ – 黒緑
5th Place:Ben Stark
使用デッキ – 5色
6th Place:Andrew Lozano
使用デッキ – 青黒タッチ赤

7th Place:Peter McGinnis
使用デッキ – 黒赤
8th Place:Marcel Dizon
使用デッキ – 5色

イベント1・優勝者入賞デッキリスト

1位:白青 プレイヤー:Aaron Lewis
1:《アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery》
8:《島/Island》
8:《平地/Plains》
17 lands

1:《熟考漂い/Mulldrifter》
1:《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
1:《エーテル階級の騎士/Ethercaste Knight》
1:《太陽の槍のシカール/Sunspear Shikari》
2:《古の法の神/Kami of Ancient Law》
1:《大気の召使い/Air Servant》
1:《水の召使い/Water Servant》
1:《不退転の大天使/Indomitable Archangel》
1:《突風掬い/Gust-Skimmer》
1:《雲の精霊/Cloud Elemental》
1:《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider》
13 creatures

1:《幽体の行列/Spectral Procession》
1:《撤廃/Repeal》
1:《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
1:《差し戻し/Remand》
1:《マナ漏出/Mana Leak》
1:《転倒の磁石/Tumble Magnet》
2:《鎌切り/Sickleslicer》
2:《拘引/Arrest》
10 other spells

1:《空狩人の散兵/Skyhunter Skirmisher》
1:《隔離する活力/Sundering Vitae》
1:《来世への旅/Otherworldly Journey》
1:《力強い跳躍/Mighty Leap》
1:《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》
1:《マイア鍛冶/Myrsmith》
1:《ハーキルの召還術/Hurkyl’s Recall》
1:《フェアリーの機械論者/Faerie Mechanist》
1:《錆びた秘宝/Rusted Relic》
1:《マトカの暴動者/Matca Rioters》
1:《かき鳴らし鳥/Thrummingbird》
1:《ヘリウム噴射獣/Helium Squirter》
1:《ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid》
1:《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》
1:《補強/Fortify》
1:《天羅至の掌握/Terashi’s Grasp》
1:《蝋鬣の獏/Waxmane Baku》
1:《根の血族の同盟者/Root-Kin Ally》
1:《物読み/Thoughtcast》
15 sideboard cards

イベント2・トップ8入賞選手

1st Place:Scot Markeson
使用デッキ – 白青

2nd Place:David Heineman
使用デッキ – 白青
3rd Place:Simon Kim
使用デッキ – 白赤
4th Place:Danny Goldstein
使用デッキ – 5色
5th Place:Pedro Carvalho
使用デッキ – 白黒
6th Place:Shaun McLaren
使用デッキ – 青赤緑タッチ黒

7th Place:Eugene Koo
使用デッキ – 白緑
8th Place:Brian Richards
使用デッキ – 白青

イベント2・優勝者入賞デッキリスト

1位:白青 プレイヤー:Scot Markeson
1:《アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery》
1:《イゼットの煮沸場/Izzet Boilerworks》
7:《平地/Plains》
5:《島/Island》
1:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
15 lands

1:《磁石マイア/Lodestone Myr》
2:《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》
2:《マイアの処罰者/Myr Enforcer》
2:《フェアリーの機械論者/Faerie Mechanist》
1:《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》
1:《陰極器/Cathodion》
1:《ルーンの苦役者/Runed Servitor》
1:《合金のマイア/Alloy Myr》
1:《突風掬い/Gust-Skimmer》
1:《まばゆい魂喰い/Blinding Souleater》
1:《マイア鍛冶/Myrsmith》
1:《金属ガエル/Frogmite》
15 creatures

1:《使徒の祝福/Apostle’s Blessing》
1:《瞬間凍結/Flashfreeze》
1:《銅の甲殻/Copper Carapace》
2:《鎌切り/Sickleslicer》
1:《きらめく鷹の偶像/Glint Hawk Idol》
1:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
1:《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》
1:《帆凧/Kitesail》
1:《拘引/Arrest》
10 other spells

1:《焼却/Combust》
1:《コーの決闘者/Kor Duelist》
1:《ヴェリズ・ヴェルの刃/Blades of Velis Vel》
1:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
1:《天羅至の掌握/Terashi’s Grasp》
1:《ヴェリズ・ヴェルの翼/Wings of Velis Vel》
1:《月明かりの徘徊者/Moonlit Strider》
1:《血の座の吸血鬼/Bloodthrone Vampire》
1:《ヴィグの移植術師/Vigean Graftmage》
1:《鎌の切り裂き魔/Sickle Ripper》
1:《野生の末裔/Scion of the Wild》
1:《太陽の宝球/Sphere of the Suns》
1:《粉々/Smash to Smithereens》
1:《血の署名/Sign in Blood》
1:《減縮/Shrivel》
1:《薄暮狩りのコウモリ/Duskhunter Bat》
1:《時間の把握/Telling Time》
15 sideboard cards

ソース

GRAND PRIX LAS VEGAS 2015 EVENT1 – 公式カバレージ(英文)
GRAND PRIX LAS VEGAS 2015 EVENT2 – 公式カバレージ(英文)

8 コメント on GPラスベガス2015(MM2リミテッド):優勝はAaron Lewis選手及びScot Markeson選手

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 01:52:12 ID:A3NDAzODM

    イベント2の方、ダークスティールの城塞がスペルになってますよ
    それとも斧の間違い?

  2. [2] タソガレ@管理人 2015/06/02(火) 01:56:27 ID:U0NzAzNDE

    ※1
    現在修正済みとなります。ご指摘ありがとうございました。

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 06:20:40 ID:Q5MzcxMTY

    千葉もそうだけど青白つよいな

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 06:58:42 ID:AyMTY1NDc

    白強いね~

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 07:30:08 ID:k4MTczNjk

    タルモfoilがハイライト。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 08:00:00 ID:UwOTgxMjQ

    パスカルタルモは草

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 21:16:41 ID:Q0NDY2NzA

    噴出の稲妻流してタルモFoilとって、その後のゲームで常に火力あればなあ〜〜って泣かされてたのが印象的

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2015/06/02(火) 21:38:23 ID:cwMjU4NzA

    サムネのジェイスがスタンドみたいでワロタ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。