SCGオープンinインディアナポリス(スタンダード):ラリー4名入賞、エスパードラゴンの姿も

 

アメリカの大手MTGショップ「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(スタンダード)がインディアナ州インディアナポリスにて開催されました。優勝は4色ラリーを使用したAndrew Funkhouser選手となっています。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Andrew Funkhouser
2nd Place白青黒ドラゴン
プレイヤー:Robert Wright
3rd Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Owen Turtenwald
4th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Trevor Petrilli
5th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Noah Strasler
6th Place白青赤タッチ黒
プレイヤー:Todd Anderson
7th Place青黒赤コントロール
プレイヤー:Raymond Perez
8th Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Anthony Eason
1位:4色ラリー プレイヤー:Andrew Funkhouser
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
24 lands

4:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
1:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
2:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
1:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
28 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》
8 other spells

2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《苦痛の公使/Minister of Pain》
3:《払拭/Dispel》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《蔑み/Despise》
2:《強迫/Duress》
15 sideboard cards

*2位:エスパードラゴン プレイヤー:Robert Wright
3:《島/Island》
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
3:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
27 lands

4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
10 creatures

4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
1:《完全なる終わり/Utter End》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
2:《苦い真理/Painful Truths》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
23 other spells

2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
2:《絹包み/Silkwrap》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
3:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《卓絶のナーセット/Narset Transcendent》
3:《強迫/Duress》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《衰滅/Languish》
1:《苦い真理/Painful Truths》
15 sideboard cards

*7位:グリクシスコントロール プレイヤー:Raymond Perez
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
3:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
26 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
8 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
3:《予期/Anticipate》
2:《意思の激突/Clash of Wills》
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《払拭/Dispel》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《虚空の粉砕/Void Shatter》
2:《強迫/Duress》
2:《苦い真理/Painful Truths》
1:《光輝の炎/Radiant Flames》
26 other spells

2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
1:《否認/Negate》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《衰滅/Languish》
3:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Place白緑呪禁
プレイヤー:Justyn Hancock
2nd Placeストーム
プレイヤー:James Zornes
3rd Place白青エルドラージ
プレイヤー:Daniel Unger
4th Place白黒緑カンパニー
プレイヤー:Evan Keil
5th Place感染
プレイヤー:Adam St Clair
6th Place白黒緑カンパニー
プレイヤー:David Tian
7th Place白青エルドラージ
プレイヤー:Greg Ogreenc
8th Place親和
プレイヤー:Brad Brown
1位:呪禁オーラ プレイヤー:Justyn Hancock
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
3:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《林間隠れの斥候/Gladecover Scout》
4:《コーの精霊の踊り手/Kor Spiritdancer》
1:《シラナの岩礁渡り/Silhana Ledgewalker》
4:《ぬめるボーグル/Slippery Bogle》
13 creatures

4:《夜明けの宝冠/Daybreak Coronet》
4:《天上の鎧/Ethereal Armor》
2:《ハイエナの陰影/Hyena Umbra》
1:《鋭い感覚/Keen Sense》
4:《怨恨/Rancor》
4:《蜘蛛の陰影/Spider Umbra》
1:《魂の絆/Spirit Link》
2:《霊魂のマントル/Spirit Mantle》
2:《ひるまぬ勇気/Unflinching Courage》
3:《流刑への道/Path to Exile》
27 other spells

1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《呪文滑り/Spellskite》
4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《魂の絆/Spirit Link》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《帰化/Naturalize》
1:《流刑への道/Path to Exile》
2:《沈黙/Silence》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place奇跡
プレイヤー:Tianyi Zhao
2nd Place白黒緑マーヴェリック
プレイヤー:JJ Garlock
3rd Placeバーン
プレイヤー:Ryan Lott
4th Placeデス&タックス
プレイヤー:Joshua Todd
5th Place感染
プレイヤー:Clay Spicklemire
6th Place奇跡
プレイヤー:Bessy Hefner
7th Place青黒赤タッチ緑デルバー
プレイヤー:Dan Lashbrooke
8th Placeオムニ・テル
プレイヤー:Andy Fent
1位:奇跡 プレイヤー:Tianyi Zhao
4:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《Tundra》
1:《Volcanic Island》
1:《Karakas》
21 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
5 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《相殺/Counterbalance》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《対抗呪文/Counterspell》
4:《Force of Will》
3:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《議会の採決/Council’s Judgment》
2:《天使への願い/Entreat the Angels》
3:《思案/Ponder》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
4:《終末/Terminus》
34 other spells

※2016/03/21時点未掲載
? sideboard cards

*2位:ダークマーヴェリック プレイヤー:JJ Garlock
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
3:《Bayou》
2:《Savannah》
1:《Scrubland》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《不毛の大地/Wasteland》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《Karakas》
22 lands

4:《闇の腹心/Dark Confidant》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
17 creatures

2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
3:《未練ある魂/Lingering Souls》
1:《苦い真理/Painful Truths》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
21 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2:《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege》
2:《窒息/Choke》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
15 sideboard cards

*3位:バーン プレイヤー:Ryan Lott
8:《山/Mountain》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《蛮族のリング/Barbarian Ring》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
10 creatures

1:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
2:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
4:《火炎破/Fireblast》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《発展の代価/Price of Progress》
3:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
4:《Chain Lightning》
4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
30 other spells

2:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》
2:《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
2:《灼熱の血/Searing Blood》
2:《粉々/Smash to Smithereens》
3:《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

9 コメント on SCGオープンinインディアナポリス(スタンダード):ラリー4名入賞、エスパードラゴンの姿も

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 15:31:40 ID:I2MjY3OTI

    メタられるかと思いきや、これだけラリーが上位にいるとは恐ろしいな。
    開発も此処まで流行ると思わなかっだろうに。

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 15:36:48 ID:c3MzM1NDA

    マーベリックというかジャンクじゃないの

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 15:39:43 ID:UyMTAyMDU

    環境末期というやつだなこりゃ。

  4. [4] 名無し 2016/03/21(月) 16:11:21 ID:I3NjM5ODk

    あれ? モダンはエルドラージ減った?

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 16:22:38 ID:c2NDc5NDM

    エスパードラゴン良いよ良い良い良いよー!!!
    本当大好きなアーキタイプ!

    命運の核心落ちるのやだぁぁぁぁぁああああああああ!!!!

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 16:30:52 ID:c3MTMxMDc

    今の環境でグリコンが予期とコラコマこんなに積んでるのは珍しい気がするな、どういう意図で入れてるんだろうか

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 18:17:45 ID:UzODc0ODM

    ラリーもフェッチも早く落ちてくれ
    もう多色環境は十分堪能したよ・・・

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 19:26:45 ID:IxODE4ODg

    現スタン環境突き詰めたらラリーに行き着くんだろうな。
    地元のスパイク勢は皆ラリー使ってる。(つまらんつまらん言いながら)

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/03/21(月) 21:10:17 ID:M3NDIxNjc

    ラリーがラリーしてて草

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。