Magic Story『招かれざる訪問者』:ソリンの手掛かりを求めてリリアナと接触するジェイス

 

日本時間の3月17日、米マジック:ザ・ギャザリング公式サイトより背景世界記事であるMagic Story『招かれざる訪問者』が公開されました。

プレインズウォーカー、ソリン・マルコフを探しイニストラードを訪れたジェイス。そんな彼に、今何かが起ころうとしています。そうです、痴話喧嘩が始まるのです。

あらすじ

ソリン・マルコフと接触すべくイニストラードを訪れたジェイス。案内役を求めて「旧知の仲」であるプレインズウォーカー、リリアナ・ヴェスの元へと向かうが、道中で早速狼男に遭遇。精神操作の魔法で難を逃れる。

リリアナがいるという館に到着したジェイス。大量のゾンビがぞろぞろと動き、玄関への道を作る。どうやら一応の歓迎はされているようだった。ゾンビの召使いに案内され大部屋に移動すると、そこには椅子――というよりも玉座にリリアナがくつろいだ様子で座っていた。彼女はさっそく手を伸ばし、いたずらにジェイスの鼻先を弾く。会話の途中でラヴニカ次元を離れたことを謝るジェイスだったが、リリアナは本題に入ることを迫る。「ソリン・マルコフを探している」そう告げるとリリアナは驚愕した。ソリンを冷酷で強大、手に負えない存在だと評し、接触は危険だと警告するリリアナ。さらにジェイスがマルコフ荘園の名前を出すと、ソリンが現在一族から爪弾きにされている事実を語った。

頑ななジェイスに対して遂にリリアナがゾンビの大群を差し向ける。「俺は君の精神を消去できる」「私はあなたを引き裂いてしまえる」、お互いに牽制しあう中、それでもジェイスがマルコフ荘園に行くことを告げるとリリアナは観念して「朝まで休んでいって」と客室……という名の地下牢に案内するのだった。

用語解説

ジェイス

ジェイス・ベレレン/Jace Beleren[プレインズウォーカー]
次元ヴリン出身の精神魔道士の青年。内向的だが知的好奇心旺盛であり、かつお人好し。その性格が幸いしてか災いしてか、次元ラヴニカで起こった一連の事件を経て調停者ギルドパクトに据えられたり、ゲートウォッチの一員となって次元ゼンディカーを救ったりと次々に訪れる出来事によって休む暇もない。現在は姿を消した最後のエルドラージ・タイタン、エムラクールの手掛かりをソリン・マルコフから得るためイニストラードを探索中。リリアナ・ヴェスとはかつての恋仲。

リリアナ

リリアナ・ヴェス/Liliana Vess[プレインズウォーカー]
次元ドミナリア出身の屍術師。悪魔との契約によってその力と美貌を維持している。実年齢は二百歳超え。利己的で計算高い性格。かつて無限連合なる組織を手中に収めるべく逃亡生活を送っていたジェイスと接触、恋仲を演じるものの最終的に本物の恋に落ちてしまった過去を持つ。現在は「鎖のヴェール」と呼ばれる極めて強力かつ危険なアーティファクトの呪縛に囚われおり、その力を行使しつつもいつの日か手放す方法を模索している。

ソリン

ソリン・マルコフ/Sorin Markov[吸血鬼、プレインズウォーカー]
次元イニストラード出身の幾千年を生きる古き吸血鬼。快楽主義者ではあるが「長続きするもの」に惹かれているため次元単位の危機を救うことも。その昔、ゼンディカーに訪れた破滅的脅威であるエルドラージを同じくプレインズウォーカーであるナヒリ、ウギンの二人と共に封印した。人間と怪異の均衡を保つために大天使アヴァシンを創造、多くの吸血鬼はその行為を裏切りと見做している。

マルコフ荘園/Markov Manor[場所]
吸血鬼が支配する州、ステンシアに位置するマルコフ家の私有地。

歩く解剖学図/Walking anatomical diagram[渾名]
筋肉ダルマ筋骨隆々であるギデオンに付けられた新しいニックネーム。

関連リンク

『イニストラードを覆う影』物語アーカイブ – MTG米公式サイト
次元概略:イニストラード – MTG米公式サイト

ソース

招かれざる訪問者 – 米MTG公式サイト

51 コメント on Magic Story『招かれざる訪問者』:ソリンの手掛かりを求めてリリアナと接触するジェイス

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/03/18(金) 01:12:56 ID:Q4NzQ2OTk

    前回のストーリーからなんでこんなイチャコラ回になるんですかね・・・?
    わきまえろよベレレン

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。