SCGオープンinラスベガス:《苦い真理》をメインから4枚採用したマルドゥデッキが複数入賞

 

アメリカの大手MTG通販サイト「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズがネバダ州ラスベガスにて開催されました。優勝はオープンシリーズ(スタンダード)がBrian Braun-Duin選手のジェスカイブラック、併催イベントであるクラシックシリーズ(モダン)がAndrew Tenjum選手のグリクシスツイン、同じくクラシックシリーズ(レガシー)がWes Kalbus選手のグリクシスデルバーとなっています。

スタンダード(Open Series)

1st Place白青赤タッチ黒
プレイヤー:Brian Braun-Duin
2nd Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Steve Rubin
3rd Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Brad Maxwell
4th Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Kale Avery
5th Place白青赤タッチ黒
プレイヤー:Edgar Magalhaes
6th Place白黒赤アグロ
プレイヤー:Danny Jessup
7th Place白黒赤アグロ
プレイヤー:Nick Bonham
8th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Nathan Steuer
1位:ジェスカイブラック プレイヤー:Brian Braun-Duin
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
25 lands

2:《僧院の導師/Monastery Mentor》
4:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
12 creatures

4:《はじける破滅/Crackling Doom》
1:《払拭/Dispel》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《完全なる終わり/Utter End》
3:《苦い真理/Painful Truths》
2:《焙り焼き/Roast》
2:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
23 other spells

3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《払拭/Dispel》
3:《否認/Negate》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《強迫/Duress》
1:《影響力の行使/Exert Influence》
2:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《焙り焼き/Roast》
15 sideboard cards

*6位:マルドゥアグロ プレイヤー:Danny Jessup
3:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
24 lands

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
2:《僧院の導師/Monastery Mentor》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《道の探求者/Seeker of the Way》
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
17 creatures

4:《はじける破滅/Crackling Doom》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《強迫/Duress》
4:《苦い真理/Painful Truths》
1:《焙り焼き/Roast》
19 other spells

2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
1:《強迫/Duress》
3:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《焙り焼き/Roast》
3:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

*7位:マルドゥアグロ プレイヤー:Nick Bonham
2:《山/Mountain》
2:《沼/Swamp》
3:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
25 lands

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《道の探求者/Seeker of the Way》
2:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
12 creatures

2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《完全なる終わり/Utter End》
4:《苦い真理/Painful Truths》
23 other spells

3:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2:《強迫/Duress》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
4:《光輝の炎/Radiant Flames》
4:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

モダン(Classic Series)

1st Place青黒赤ツイン
プレイヤー:Andrew Tenjum
2nd Place親和
プレイヤー:Reginald Kimmich
3rd Place呪禁オーラ
プレイヤー:Konan Ahmed
4th Place白赤緑カンパニー
プレイヤー:Steven Borakove
5th Placeマーフォーク
プレイヤー:Gal Schlesinger
6th Place青赤ツイン
プレイヤー:jack kiefer
7th Place青黒赤ツイン
プレイヤー:Bruce McAllister
8th Placeバーン
プレイヤー:Chris Cooper
1位:グリクシスツイン プレイヤー:Andrew Tenjum
4:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
3:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1:《湿った墓/Watery Grave》
23 lands

4:《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
2:《やっかい児/Pestermite》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
12 creatures

4:《欠片の双子/Splinter Twin》
2:《払拭/Dispel》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《差し戻し/Remand》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《終止/Terminate》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
25 other spells

2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《否認/Negate》
1:《終止/Terminate》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

*4位:ナヤカンパニー プレイヤー:Steven Borakove
2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《活発な野生林/Stirring Wildwood》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
21 lands

1:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
3:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
3:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《復活の声/Voice of Resurgence》
4:《野生のナカティル/Wild Nacatl》
27 creatures

1:《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
2:《集合した中隊/Collected Company》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《流刑への道/Path to Exile》
12 other spells

1:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
1:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1:《血染めの月/Blood Moon》
1:《窒息/Choke》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《ひるまぬ勇気/Unflinching Courage》
1:《崇拝/Worship》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
2:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

レガシー(Classic Series)

1st Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Wes Kalbus
2nd Placeストーム
プレイヤー:Randolph Gille
3rd Place青黒緑続唱
プレイヤー:Anthony DeLorenzi
4th Placeスニーク・ショー
プレイヤー:Anthony Lehman
5th Placeオムニ・テル
プレイヤー:Taylor Crosby
6th Place白黒緑マーヴェリック
プレイヤー:Chris Ferber
7th Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Jonathon Mihu
8th Placeストーム
プレイヤー:Micah Greenbaum
1位:グリクシスデルバー プレイヤー:Wes Kalbus
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
3:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《もみ消し/Stifle》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
28 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1:《暗黒破/Darkblast》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《水没/Submerge》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
15 sideboard cards

*5位:オムニ・テル プレイヤー:Taylor Crosby
3:《島/Island》
2:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Underground Sea》
1:《Volcanic Island》
2:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
19 lands

2:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2 creatures

4:《全知/Omniscience》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《狡猾な願い/Cunning Wish》
4:《Force of Will》
1:《衝動/Impulse》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《祖先の記憶/Ancestral Memories》
3:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
4:《定業/Preordain》
4:《実物提示教育/Show and Tell》
39 other spells

3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1:《エラダムリーの呼び声/Eladamri’s Call》
1:《電謀/Electrickery》
1:《火想者の予見/Firemind’s Foresight》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《直観/Intuition》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《拭い捨て/Wipe Away》
2:《虐殺/Massacre》
15 sideboard cards

*6位:マーヴェリック プレイヤー:Chris Ferber
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
2:《Bayou》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《Savannah》
1:《Scrubland》
1:《演劇の舞台/Thespian’s Stage》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《不毛の大地/Wasteland》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《Karakas》
1:《暗黒の深部/Dark Depths》
21 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《ルーンの母/Mother of Runes》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
2:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
23 creatures

1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1:《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
4:《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
1:《壌土からの生命/Life from the Loam》
15 other spells

1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《窒息/Choke》
2:《盲信的迫害/Zealous Persecution》
1:《ハルマゲドン/Armageddon》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。


77 コメント on SCGオープンinラスベガス:《苦い真理》をメインから4枚採用したマルドゥデッキが複数入賞

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 03:35:24 ID:czOTE0Mjk

    そりゃ骨読みが強いんだからこれも強いよ
    単純にレアかぁ…って話だと思う
    骨読みがコモンというのがまた

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 03:35:49 ID:A0NTA5NDI

    神童ジェイスや歩行機械に過小評価しておいて
    一日のやり直しを「ぶっ壊れ」「即禁止」と騒ぎマローに文句言う
    とにかく早計で極端すぎる連中が多いんだよな

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 07:12:47 ID:E1MTUwOTU

    土地を引いても嬉しい序盤の単純3ドローと
    土地を掴まされるとキレそうになる終盤の単純3ドロー

    って考えると、苦い真理は序盤向けのカード
    骨読みは終盤向けのカードってことになる

    でも終盤は2マナでdig打てる
    だから骨読みは採用率が落ちる

  4. [54] sage 2015/12/16(水) 07:54:51 ID:E0OTAxNTA

    1日のやり直しはルール変更が無ければ壊れてたからなぁ

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 08:00:21 ID:M2OTA2MDA

    ギャザの長所の1つは使ってみないと強さが分からないカードが多い所だと思う。

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 09:01:30 ID:Y3MDYyMTI

    ※55
    マロー「その通り」

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 12:50:03 ID:QzMjYwMjE

    これ受けて苦い真理買う?
    どうしようか迷ってるんだけど

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 13:44:56 ID:IxOTQ4Mzg

    迷うレベルの値段か? 使う時に買えばいいと思う

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 13:52:38 ID:k0ODU3MzQ

    スタン民がどうだったかは知らないけど、多くのモダン民とレガシー民はふた昔前ほどから注目してた。
    まぁ、スタンだとクルーズと競合していたって話か。序盤から使えるのがようやく評価されたのかな。

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 16:44:17 ID:MyMTk2MjQ

    MOでは苦い真理アホみたいに上がってんな
    0.4チケくらいで買ったけど今2チケ近くする

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 17:45:30 ID:A0MzM5NDc

    白日の下にの時もそうだったよ

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 20:54:38 ID:k0ODY4MTI

    注目してたなら使って結果出してやれよ

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 22:35:39 ID:IwMjU1OTA

    モダン15位の赤単が面白い

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 23:09:47 ID:E1MTExOTc

    っていうか今買ってる勢は持ってなかったのかよ!っていう…。在庫無くなってるし

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2015/12/16(水) 23:53:52 ID:E0OTAxNTA

    >>64
    在庫確認してるあたり、あんたもその「持ってなかった」組じゃろ?

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2015/12/17(木) 02:44:58 ID:IyMjUyOTE

    ※65
    ぎりぎり1枚50円で4枚そろえたので大丈夫です!

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2015/12/17(木) 18:50:36 ID:E3ODgxMDA

    「メイン戦では骨読みの方がちょっと強いけど、サイド後は無駄カードが無くなるから苦い真理の方が強い。
    MTGはサイド後が本番だから、総合的に判断して苦い真理の方を入れることにしたんだ」
    プロがこう言ってたよ。
    ここで他人が出した結果だけ見て何も考えずに「苦い真理の方が強い」って薄っぺらい知ったかしてる連中は、一生強くなれないと思うよ。

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2015/12/17(木) 20:44:13 ID:E3NjM4NjY

    ※67
    君の文面からはプロの言った他人の意見だけしか見えないんだけど、そんな君は強いのかい?

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2015/12/18(金) 09:56:55 ID:gyODEzMjI

    ちと自分の評価は骨読みのほうが上なんだけど
    実際はどうかわからないから真理と2枚ずつ入れて明日の大会出てみよう

  20. [70] 名無しのイゼット団員 2015/12/18(金) 11:51:12 ID:Y0NjUzODY

    でも言われてみるとサイド後に占術で落とすほど明確に必要無いカードなんて
    土地除き入れることないから3枚ドローの骨読み取るって考えは全くそのとおりやな

  21. [71] 名無しのイゼット団員 2015/12/18(金) 11:52:58 ID:Y0NjUzODY

    間違えた、3枚ドローの苦い心理か

  22. [72] 名無しのイゼット団員 2015/12/18(金) 21:15:02 ID:k0MDQyMjM

    苦い真理は打たれると強い事に気付く

  23. [73] 名無しのイゼット団員 2015/12/19(土) 01:10:46 ID:k3MzAxNDU

    ハンドが増えるのとハンドの質が上がるの違いなのだけど、今のスタンは叩きつけ環境だし質ではdigあるから

    下では単体のカードパワーが高くなりアド差でゲーム決まるから枚数多い真理が強いんだよ

  24. [74] 名無しのイゼット団員 2015/12/19(土) 09:43:35 ID:U1MDE2NjM

    ※68
    べつに※67は自分が強いとか一言も言ってないんだよなぁ…
    そんなくだらない揚げ足取りして何の意味があるの?

  25. [75] 名無しのイゼット団員 2015/12/19(土) 10:54:56 ID:c4MTEwNDc

    ※74
    ん?※67の最後の2行の文面読んでみ。下らんかも知れんけど気にくわん文書でしょ。自分を強いって思ってるから『~連中』なんて言葉が出るわけだし。
    ただ、自分の文面が不愉快にさせたなら謝るわ。

  26. [76] 名無しのイゼット団員 2015/12/20(日) 00:04:14 ID:QzNjc1NzQ

    相手に使われて「3枚引きま~す」(ペチ、ペチ、ペチ)
    ってされたとき「(ぅゎ強ェ…)」ってなる

  27. [77] 名無しのイゼット団員 2015/12/20(日) 06:08:06 ID:QzNDEzMDM

    ダブマリ後でも土地3、2マナ以下のカード、苦い真理だと戦える様に感じるから苦い真理は偉い

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。