SCGインビテーショナルinラスベガス:優勝はアブザンアグロと親和のCaleb Scherer選手

 

アメリカの大手TCG通販サイト「StarCityGames.com」の主催する完全招待制大会インビテーショナルがネバダ州ラスベガスにて開催されました。優勝はスタンダードラウンドでアブザンアグロを、モダンラウンドで親和を使用したCaleb Scherer選手となっています。

トップ8選手&スタンダード・モダン使用デッキ

1st Place白黒緑アグロ/親和
プレイヤー:Caleb Scherer
2nd Place白青黒ドラゴン/青黒赤コントロール
プレイヤー:Vidianto Wijaya
3rd Place白青黒緑ラリー/青赤緑ツイン
プレイヤー:Casey Pordes
4th Place黒赤ドラゴン/黒赤緑
プレイヤー:Christopher Juliano
5th Place白青赤タッチ黒/感染
プレイヤー:Alex Smith
6th Place5色白日の下に/赤緑トロン
プレイヤー:Joe Lossett
7th Place白黒タッチ青ミッドレンジ/メリーラ・カンパニー
プレイヤー:Michael Cortez
8th Place白黒緑アグロ/赤緑トロン
プレイヤー:Justin Rios

スタンダードデッキリスト

1位:アブザンアグロ プレイヤー:Caleb Scherer
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
26 lands

3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid》
4:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
21 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《絹包み/Silkwrap》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
13 other spells

4:《冷酷な軍族/Pitiless Horde》
3:《強迫/Duress》
2:《苦い真理/Painful Truths》
2:《次元の激高/Planar Outburst》
2:《湧き上がる瘴気/Rising Miasma》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

*7位:白黒タッチ青ミッドレンジ プレイヤー:Michael Cortez
4:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
25 lands

3:《徴税の大天使/Archangel of Tithes》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
4:《風番いのロック/Wingmate Roc》
15 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《絹包み/Silkwrap》
4:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《精神背信/Transgress the Mind》
28 other spells

1:《徴税の大天使/Archangel of Tithes》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《苦い真理/Painful Truths》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

モダンデッキリスト

1位:親和 プレイヤー:Caleb Scherer
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1:《沼/Swamp》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
3:《空僻地/Glimmervoid》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
16 lands

4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
3:《刻まれた勇者/Etched Champion》
4:《メムナイト/Memnite》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
3:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
26 creatures

4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
2:《溶接の壺/Welding Jar》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
4:《物読み/Thoughtcast》
18 other spells

1:《刻まれた勇者/Etched Champion》
2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
1:《鞭打ち炎/Whipflare》
15 sideboard cards

*2位:グリクシスコントロール プレイヤー:Vidianto Wijaya
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1:《湿った墓/Watery Grave》
23 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
11 creatures

1:《四肢切断/Dismember》
1:《払拭/Dispel》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
3:《終止/Terminate》
1:《思考掃き/Thought Scour》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《隆盛+下落/Rise+Fall》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
26 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《対抗突風/Countersquall》
2:《払拭/Dispel》
1:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《滅び/Damnation》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
1:《汚損破/Vandalblast》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

5 コメント on SCGインビテーショナルinラスベガス:優勝はアブザンアグロと親和のCaleb Scherer選手

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2015/12/15(火) 12:49:01 ID:Y0MTU4ODM

    トロンはエムラレストロンと伝導者入りトロンか
    どっちもMOだと結構増えてるけど紙でも広まるか?

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2015/12/15(火) 12:58:55 ID:kwNzU1NjQ

    感電破無しメイン沼の親和ねぇ・・・勝てる気しないんだけど。

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2015/12/15(火) 20:44:54 ID:YzMzUxODE

    噛み付きナーリッド4積みのアブザンアグロか・・・考えも付かなかった
    確かに上陸ビートではお世話になってるし強いけどアブザンでまで入るか

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2015/12/15(火) 23:04:59 ID:AyOTAzMzc

    アブザンアグロはナーリッドより後継者の方が丸い気がするなあ

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2015/12/17(木) 07:41:32 ID:A1NzQ3Mzk

    丸さはないかもしれんけど土地26のレシピだし2マナでアナフェンザどころかサイさえ越える可能性のあるクロックか
    オリジナルのアイデアで結果が出るって気持ちいいだろうなぁ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。