Netflixにてマジックを題材としたアニメ企画が始動、手がけるのはアベンジャーズのルッソ兄弟

日本時間の6月3日、アメリカのストリーミング配信事業会社「Netflix」より、マジック:ザ・ギャザリングのゲーム設定を題材としたアニメシリーズの制作が発表されました。

監督はルッソ兄弟、PWの物語を描く

制作を行うのはOctopie Network。チームには『Teen Titans Go!』や『Teenage Mutant Ninja Turtles』など、数々のアニメ作品を世に送り出してきたBardel Entertainmentもサポートとして加入します。そして監督を務めるのは『アベンジャーズ/エンドゲーム』など数々のマーベル作品映画で有名なAnthony Russo氏とJoe Russo氏の”ルッソ兄弟”です。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』©2019 MARVEL

配信時期や内容等の詳細についてはまだ発表されていませんが、もともとマジックの大ファンでありプレイヤーでもあると語るルッソ兄弟は、インタビューにて「まったく新しいストーリー作りを通して、プレインズウォーカーたちの物語を拡張したい」とその意気込みを見せています。

スタッフ

制作 Octopie Network
Bardel Entertainment(補助)
監督 Anthony Russo、Joe Russo(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)
製作総指揮
脚本
Henry Gilroy(『スター・ウォーズ 反乱者たち』)
Jose Molina(『ティック~運命のスーパーヒーロー~』)
作画監督
共同制作指揮
Yoriaki Mochizuki(『スパイダーマン:スパイダーバース』)

ソース

@NXOnNetflix – Twitter
The directors of Avengers: Endgame are adapting Magic: The Gathering for Netflix – Polygon

1 コメント on Netflixにてマジックを題材としたアニメ企画が始動、手がけるのはアベンジャーズのルッソ兄弟

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2019/06/09(日) 08:14:03 ID:I3NDM0Mjk

    あくまで題材であってオリジナル作品にするだろうと思うが・・・

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。