MO競技リーグ(モダン):新たに《類似の金床》を採用したKCIレスのアイアンワークスが5-0 | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

MO競技リーグ(モダン):新たに《類似の金床》を採用したKCIレスのアイアンワークスが5-0

マジック・プロリーグ所属プレイヤー、”kanister”ことPiotr Glogowski選手のMO配信より、新たに《類似の金床》を採用した《クラーク族の鉄工所》レスのアイアンワークス「スロットマシーン」のご紹介です。

圧倒的なメインボードでの勝率と煩雑なルール処理を理由とした禁止改訂により、デッキのエンジンとも言える《クラーク族の鉄工所》を失ったアイアンワークス。これで姿を消したと思いきや、今回のリストでは同質の挙動をまったく違うカードによって再現することに成功しています。

デッキリスト

5-0:スロットマシーン プレイヤー:Piotr Glogowski
2:《埋没した廃墟/Buried Ruin》
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
2:《森/Forest》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2:《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1:《島/Island》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
18 lands

3:《マイアの回収者/Myr Retriever》
2:《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》
4:《屑鉄さらい/Scrap Trawler》
9 creatures

4:《オパールのモックス/Mox Opal》
2:《溶接の壺/Welding Jar》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
1:《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》
4:《テラリオン/Terrarion》
4:《研磨基地/Grinding Station》
4:《胆液の水源/Ichor Wellspring》
4:《類似の金床/Semblance Anvil》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
33 other spells

1:《白鳥の歌/Swan Song》
2:《否認/Negate》
1:《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》
3:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur Aether Grid》
3:《感電破/Galvanic Blast》
15 sideboard cards

《クラーク族の鉄工所》に代わり中核をなすのが刻印によるコスト軽減カード《類似の金床》。2マナ生成と2マナ軽減、似て非なる能力ではありますがコンボパーツとしては申し分ないでしょう。ただ、鉄工所と違ってこれだけでは墓地にアーティファクトを送り込むことはできません。

そこで登場するのがこのデッキのフィニッシャー《研磨基地》です。《類似の金床》および《屑鉄さらい》設置後に0マナになったアーティファクトを出し入れしつつ、途中で《オパールのモックス》からマナを出すことでスロットマシーンの名に違わぬ連鎖を継続、一気にライブラリーを削りきります。もちろん《研磨基地》+《類似の金床》+《マイアの回収者》2体によるループ・1ターンキルも健在です。

パーツ交換により理不尽さとルール的難解さは共に減ったものの、その動きは間違いなく先代を踏襲している「スロットマシーン」。果たして再びモダンに嵐を巻き起こすのか、今後の動向から目が離せません。

その他の注目カード

ソース

MO競技リーグ配信動画1 – Twitch
MO競技リーグ配信動画2 – Twitch

2 コメント on MO競技リーグ(モダン):新たに《類似の金床》を採用したKCIレスのアイアンワークスが5-0

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2019/02/18(月) 12:30:25 ID:U4NzA5NzM

    なんだっていい!
    オパモと活性にとどめを刺すチャンスだ!

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2019/02/18(月) 17:46:37 ID:UwNzk2Mjc

    それはそれとして対戦相手に運ゲを強いる燃え立つ調査は禁止すべき

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。