SCGオープンinミルウォーキー:モダンで白青エメリアが優勝、レガシーでアルーレンが2位

 

アメリカの大手MTG通販サイト「StarCityGames.com」の主催する大規模大会Open Seriesがウィスコンシン州ミルウォーキーにて開催されました。優勝はスタンダード部門(Open Series)がJory White選手の赤単アグロ、モダン部門(Premier IQ)がPhil Silberman選手の白青エメリア、レガシー部門(Premier IQ)がMatthew Hoey選手のエルフとなっています。

スタンダード(Open Series)

1st Place赤単アグロ
プレイヤー:Jory White
2nd Place青黒緑デモニックパクト
プレイヤー:Samuel Braatz
3rd Place赤単アグロ
プレイヤー:Jasper Johnson-Epstein
4th Place白青コントロール
プレイヤー:Jim Davis
5th Place白青赤アグロ
プレイヤー:Tyler Winn
6th Place白黒緑コントロール
プレイヤー:Ray Huang
7th Place白青コントロール
プレイヤー:Michael Bernat
8th Place白黒緑アグロ(《搭載歩行機械》型)
プレイヤー:Daniel Duan
1位:赤単アグロ プレイヤー:Jory White
21:《山/Mountain》
21 lands

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
1:《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
3:《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
3:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
19 creatures

4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《灼熱の血/Searing Blood》
4:《かき立てる炎/Stoke the Flames》
4:《乱撃斬/Wild Slash》
4:《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
20 other spells

2:《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
3:《瘡蓋族の狂戦士/Scab-Clan Berserker》
2:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《粉々/Smash to Smithereens》
1:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
4:《焙り焼き/Roast》
15 sideboard cards

*2位:スゥルタイデモニックパクト プレイヤー:Samuel Braatz
1:《森/Forest》
2:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《華やかな宮殿/Opulent Palace》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
24 lands

4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
12 creatures

1:《頂点捕食者、ガラク/Garruk, Apex Predator》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《悪魔の契約/Demonic Pact》
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《スゥルタイの魔除け/Sultai Charm》
2:《衰滅/Languish》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《虚空の罠/Void Snare》
24 other spells

2:《護法の宝珠/Orbs of Warding》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《否認/Negate》
4:《ファリカの療法/Pharika’s Cure》
1:《スゥルタイの魔除け/Sultai Charm》
2:《強迫/Duress》
1:《衰滅/Languish》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

モダン(Premier IQ)

1st Place白単タッチ青エメリア
プレイヤー:Phil Silberman
2nd Placeバーン
プレイヤー:Derek Monk
3rd Placeバーン
プレイヤー:Chris Nighbor
4th Place青黒赤ツイン
プレイヤー:Mitchel Weisrock
5th Place黒赤緑
プレイヤー:Jared Welsh
6th Place白黒トークン
プレイヤー:Will Krueger
7th Placeバーン(《野生のナカティル》型)
プレイヤー:Michael Fitza
8th Placeリビングエンド
プレイヤー:Alex Bernstein
1位:白青エメリア プレイヤー:Phil Silberman
2:《島/Island》
7:《平地/Plains》
3:《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
24 lands

2:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
3:《宮廷の軽騎兵/Court Hussar》
3:《孤独な宣教師/Lone Missionary》
4:《太陽のタイタン/Sun Titan》
4:《前兆の壁/Wall of Omens》
16 creatures

2:《上天の呪文爆弾/AEther Spellbomb》
2:《迫撃鞘/Mortarpod》
2:《拘留の宝球/Detention Sphere》
1:《払拭/Dispel》
1:《けちな贈り物/Gifts Ungiven》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
2:《否認/Negate》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《至高の評決/Supreme Verdict》
20 other spells

1:《孤独な宣教師/Lone Missionary》
2:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1:《石覆い/Stonecloaker》
2:《広がりゆく海/Spreading Seas》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《解呪/Disenchant》
1:《払拭/Dispel》
1:《否認/Negate》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
1:《神の怒り/Wrath of God》
15 sideboard cards

*7位:ナヤバーン プレイヤー:Michael Fitza
2:《山/Mountain》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
3:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《野生のナカティル/Wild Nacatl》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
17 creatures

4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《ボロスの魔除け/Boros Charm》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
23 other spells

3:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2:《跳ね返す掌/Deflecting Palm》
3:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2:《流刑への道/Path to Exile》
1:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
2:《頭蓋割り/Skullcrack》
2:《溶鉄の雨/Molten Rain》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

レガシー(Premier IQ)

1st Placeエルフ
プレイヤー:Matthew Hoey
2nd Placeアルーレン
プレイヤー:Alex Barnett
3rd Place青黒緑デルバー
プレイヤー:Ned Kaida-Yip
4th Place白青赤ストーンブレード
プレイヤー:Patrick Kopp
5th Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Kendrick Lentini
6th Placeオムニ・テル
プレイヤー:Andrew Johnson
7th Place青黒緑ニックフィット
プレイヤー:David Gleicher
8th Place青黒赤緑パイロマンサー
プレイヤー:Zack Witten
1位:エルフ プレイヤー:Matthew Hoey
2:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2:《森/Forest》
2:《Bayou》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《Savannah》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
20 lands

1:《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
2:《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
1:《Fyndhorn Elves》
3:《遺産のドルイド/Heritage Druid》
4:《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4:《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
4:《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
28 creatures

4:《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4:《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
4:《自然の秩序/Natural Order》
12 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1:《大祖始/Progenitus》
3:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

*2位:アルーレン プレイヤー:Alex Barnett
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《Bayou》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Taiga》
1:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
21 lands

4:《悪意の大梟/Baleful Strix》
1:《寄生的な大梟/Parasitic Strix》
4:《断片無き工作員/Shardless Agent》
1:《洞窟のハーピー/Cavern Harpy》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1:《夢で忍び寄るもの/Dream Stalker》
1:《永遠の証人/Eternal Witness》
4:《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
21 creatures

4:《魔の魅惑/Aluren》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《時を越えた探索/Dig Through Time》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《悪魔の意図/Diabolic Intent》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
18 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1:《疫病媒体/Plaguebearer》
2:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《夜の戦慄/Dread of Night》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
15 sideboard cards

*7位:青黒緑ニックフィット プレイヤー:David Gleicher
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2:《森/Forest》
1:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
1:《Bayou》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
21 lands

4:《悪意の大梟/Baleful Strix》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
1:《墓所のタイタン/Grave Titan》
1:《苦痛の公使/Minister of Pain》
1:《残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap》
1:《幻影の像/Phantasmal Image》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《叫び大口/Shriekmaw》
1:《粗石の魔道士/Trinket Mage》
3:《老練の探険者/Veteran Explorer》
21 creatures

3:《出産の殻/Birthing Pod》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
1:《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
18 other spells

1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《暗黒破/Darkblast》
2:《被覆/Envelop》
4:《Force of Will》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

26 コメント on SCGオープンinミルウォーキー:モダンで白青エメリアが優勝、レガシーでアルーレンが2位

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 17:09:50 ID:czOTI3MDM

    相変わらずモダンは何が上がってくるかわからないな。
    バーンにナカティルもだいぶ定着してきた。

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 17:39:43 ID:U1MDkxMTU

    色んなデッキに可能性があるから、好きなカード使って勝ちたい自分には今のモダン楽しい

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 17:44:19 ID:cyMzA4NTU

    ガイアの揺藍の地ェ…。

  4. [4] オフゾフのケツ男爵 2015/09/21(月) 18:00:53 ID:E3NDY4MzI

    アルーレン暴騰まったなし

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 18:16:20 ID:Y2NTkxMjE

    ビヒモス2+ルーリク1のレシビのが好き

    全体除去くらった返しにルーリク着地した時の安心感ときたら

  6. [6] タソガレ@管理人 2015/09/21(月) 18:17:17 ID:M2OTU0ODI

    ※3
    修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 18:55:14 ID:cyMzA4NTU

    管理人さん、スポイラーでお疲れだったみたいね。

    デモパクは二重契約の状態から、虚空の罠でズラしながら回されると本当に吐き気がするんだよなぁ…。

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 19:10:28 ID:cyMzA4MDQ

    モダンのジェスカイの長期戦で行く気満々なの良いわ

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 19:20:29 ID:YzOTAyNjQ

    モダンにバーン多すぎ

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 19:32:55 ID:I3MTMxNTE

    あぁエメリアのパーツの値段上がっちゃうわぁ~

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 19:51:33 ID:YwNzEyMDg

    アルーレンのピーキーな感じホント好き

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 20:28:15 ID:I1ODU4ODU

    白青エメリアは各デッキへの対応力がわりとあって好き。

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 22:08:05 ID:kxNjA5ODQ

    白青エメリア、高いのはフェッチ・ショクラン・けち・石の様な静寂くらいか。
    プレイングとメタ読みが難しいんだろうけど、いろんなデッキにワンチャンあることを証明したな。良い事だ

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 22:12:24 ID:IxMDQ5NTE

    ここまでベスト8のみならず10位にも入賞してるニックフィットの話題なし。
    たまーに見るけど、今は殻を主軸にしたのが流行りなんかねえ。

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 22:55:01 ID:Q0MzY0ODI

    モダンの結果よりデモニックパクトが気になる

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 22:57:04 ID:E4ODc5MDQ

    やっぱりエルフいけるやん!

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 23:08:17 ID:YzMTc5NjQ

    個人的には…
    Nic-Fitの殻の有無に関して
    青なら構築に制限を設ける殻よりもdigを取ってPWで押す方が強い感じ。
    非青なら殻は貴重なアドバンテージ源として候補の一つ。
    というのが国内のNic-Fitユーザーの考えだと思います。

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2015/09/21(月) 23:44:23 ID:IwOTA0NjQ

    エメリア使ってみたいなー買おうかなーと思ってた矢先にこれだよ!

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 00:27:12 ID:AxNzY3NzU

    アルーレンだと…

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 00:44:52 ID:c5NTQ5NTI

    アルーレン、Willなしでハンデス8ってのは面白いね。
    殻ニックフィットといい、クリーチャーサーチするデッキはレガシーのが面白く組めてる印象

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 01:48:50 ID:gxNzQ5MTY

    買えばいいだろwww
    こんなんで上がらんわ
    癖の強いデッキでお世辞にもメタに居座るデッキじゃない。

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 03:57:53 ID:kyMTA1MzU

    ニックフィットのニックとフィットって何のこと?

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 04:38:30 ID:gxNzQ5MTY

    nice fit の誤表記が事のはじめらしいで

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 06:39:52 ID:A5NzgwODU

    SCGの大会のオープンとプレミアって何が違うの?
    インビテーショナルが招待ってのは分かるんだけど

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 10:33:43 ID:kyMTA1MzU

    ※23
    そうなのか
    ありがとう

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2015/09/22(火) 13:07:32 ID:g3ODkwNjc

    ※24
    本戦となるフォーマットがオープン、それ以外の二つがプレミアと呼ばれる大会の予選(IQ)。規模で言えばオープンがだいたい200人、プレミアIQが100人くらいだな。

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。