GPコペンハーゲン2018(スタンダード):優勝は赤単アグロを使用したTobias Maurer選手に | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

GPコペンハーゲン2018(スタンダード):優勝は赤単アグロを使用したTobias Maurer選手に

6月9-10日、デンマークにてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・コペンハーゲン2018(参加人数:752名)。優勝は赤単アグロを使用したTobias Maurer選手となりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Place赤単アグロ
プレイヤー:Tobias Maurer
2nd Place赤黒アグロ
プレイヤー:Francisco Sanchez
3rd Place赤単アグロ
プレイヤー:Tim Kernke
4th Place白青コントロール
プレイヤー:Javier Dominguez
5th Place赤単フレイム
プレイヤー:Joakim Stahle-Nilsson
6th Place赤黒アグロ
プレイヤー:Lukas Blohon
7th Place赤黒アグロ
プレイヤー:Christian Aahlstroem
8th Place白青コントロール
プレイヤー:Martin Dang

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:赤単アグロ プレイヤー:Tobias Maurer
24:《山/Mountain》
24 lands

2:《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher》
3:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
4:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
26 creatures

4:《削剥/Abrade》
3:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《ショック/Shock》
10 other spells

2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《火による戦い/Fight with Fire》
3:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
15 sideboard cards

2位:赤黒アグロ プレイヤー:Francisco Sanchez
2:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
13:《山/Mountain》
1:《産業の塔/Spire of Industry》
24 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
2:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
3:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
24 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
3:《削剥/Abrade》
1:《ショック/Shock》
3:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《キランの真意号/Heart of Kiran》
12 other spells

2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《削剥/Abrade》
1:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
1:《炎鎖のアングラス/Angrath, the Flame-Chained》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《大災厄/Doomfall》
2:《強迫/Duress》
1:《栄光の刻/Hour of Glory》
1:《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》
1:《沼/Swamp》
15 sideboard cards

3位:赤単アグロ プレイヤー:Tim Kernke
24:《山/Mountain》
24 lands

2:《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher》
3:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
4:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
26 creatures

4:《削剥/Abrade》
3:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《ショック/Shock》
10 other spells

3:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《火による戦い/Fight with Fire》
3:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
15 sideboard cards

4位:白青コントロール プレイヤー:Javier Dominguez
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
5:《島/Island》
2:《天才の記念像/Memorial to Genius》
8:《平地/Plains》
27 lands

0 creatures

4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
2:《副陽の接近/Approach of the Second Sun》
2:《燻蒸/Fumigate》
2:《一瞬/Blink of an Eye》
4:《不許可/Disallow》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
1:《否認/Negate》
3:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《中略/Syncopate》
3:《排斥/Cast Out》
4:《封じ込め/Seal Away》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
33 other spells

1:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
2:《否認/Negate》
3:《ベナリア史/History of Benalia》
1:《神聖の発動/Invoke the Divine》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
3:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
15 sideboard cards

5位:赤単フレイム プレイヤー:Joakim Stahle-Nilsson
18:《山/Mountain》
2:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
20 lands

4:《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
3:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher》
25 creatures

4:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《魔術師の稲妻/Wizard’s Lightning》
3:《ケルドの炎/The Flame of Keld》
15 other spells

2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《不死身、スクイー/Squee, the Immortal》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
4:《削剥/Abrade》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
15 sideboard cards

6位:赤黒アグロ プレイヤー:Lukas Blohon
1:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
14:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
24 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
3:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
26 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
4:《削剥/Abrade》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
1:《キランの真意号/Heart of Kiran》
10 other spells

1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《大災厄/Doomfall》
3:《強迫/Duress》
1:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《最古再誕/The Eldest Reborn》
15 sideboard cards

7位:赤黒アグロ プレイヤー:Christian Aahlstroem
2:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
14:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
25 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
3:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
23 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《削剥/Abrade》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
3:《キランの真意号/Heart of Kiran》
12 other spells

1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《削剥/Abrade》
1:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《大災厄/Doomfall》
4:《強迫/Duress》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
15 sideboard cards

8位:白青コントロール プレイヤー:Martin Dang
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
5:《島/Island》
2:《天才の記念像/Memorial to Genius》
7:《平地/Plains》
26 lands

1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 creatures

4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1:《燻蒸/Fumigate》
2:《一瞬/Blink of an Eye》
2:《検閲/Censor》
4:《不許可/Disallow》
3:《本質の散乱/Essence Scatter》
1:《ギデオンの叱責/Gideon’s Reproach》
1:《否認/Negate》
2:《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow》
4:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
3:《排斥/Cast Out》
4:《封じ込め/Seal Away》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
33 other spells

1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《否認/Negate》
1:《霊気溶融/Aether Meltdown》
2:《試練に臨むギデオン/Gideon of the Trials》
3:《ベナリア史/History of Benalia》
1:《神聖の発動/Invoke the Divine》
2:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
15 sideboard cards

環境分析:16位以上

アーキタイプ入賞数入賞率
赤黒アグロ638%
赤単アグロ319%
白青コントロール319%
赤単フレイム16%
白黒アグロ16%
エスパーコントロール16%
青黒ミッドレンジ16%
合計16100%

上位デッキリスト

9-16位/初日8-0

映像配信(Twitch)

配信動画一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX COPENHAGEN 2018 – マジック米公式サイト

19 コメント on GPコペンハーゲン2018(スタンダード):優勝は赤単アグロを使用したTobias Maurer選手に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 13:56:10 ID:YxNTMzMTY

    ※28
    破滅の刻でケンラが出るまで赤系デッキは殆ど息してなかっただろ?マルドゥ機体は赤というより白メインのデッキだったし。
    今の赤単を抑えるためにも、基本セット2019ではメインに入るライフゲイン持ち生物をするべきだろうな。包囲サイとかスラーグ牙クラスのが必要だわ

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 14:10:01 ID:E1ODkxOTg

    カーン安くなれ安くなれ

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 14:39:24 ID:AxNTU5Njc

    鎖回しが強いのは間違いないが次の禁止改定が基本セット直前だから禁止出すのはやめてほしい(懇願

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 14:46:47 ID:MyMzgzNTc

    鎖回しも4ヶ月後にはほとんど使われなくなるだろうしなあ
    かといって絶対に禁止されないかといえばそんなこともないという…

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 15:04:09 ID:QxOTU5MTk

    赤中心の環境飽きた…

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 15:34:30 ID:U2MTE2MzA

    ほならねお前が変えてみろーって話でしょ?私はそう言いたい

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 15:37:45 ID:U2MTE2MTg

    療治の侍臣がせめてタフ2あれば…

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 16:17:22 ID:Q5MzUyNzM

    削剥級の汎用インスタント除去と神チャンクラスの4マナPWを各色にくれるなら考える

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 16:53:28 ID:U2MTE2MTI

    まぁこうなればラノエルが1/2にエラッタされるのも頷けるな
    次の基本出るときとかに適応されるのかな?

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 17:27:27 ID:M1ODUxMjg

    さすがにゴミ環境スタンダード
    これじゃぁ人気低迷するわけだ

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 18:09:23 ID:Q0Nzc5MDk

    フレイムにはハゾレト入らないのか

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 18:28:24 ID:UyMzQxMjg

    ラノエルのエラッタとか言ってるレスどっちも同じIDでもうなんか怖いわ

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 19:05:48 ID:cxMjg0OTI

    削剥はサイクル的に3マナにするべきだったと思う。

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 19:25:02 ID:YxMTA1MTI

    頷けねーだろ

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 19:26:10 ID:A5NzU2MDI

    粉砕でも構築サイドの定番だったのにコスト同じでメインから積めるのはおかしいよなあ

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 20:48:32 ID:IyOTY1MjY

    逆に、エラッタが絶対あり得ないと断言できる理由が知りたい
    あらゆることを考慮して行動するのはTCGの基本中の基本

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 21:14:01 ID:U2MTE2MDY

    禁止禁止ばっか言う人はスタンやめた方がエエ
    16位までみれば十分いろんなデッキあるし面白い
    プールが狭いんだから環境末期ではある意味当たり前の状況だよ

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2018/06/11(月) 23:24:17 ID:EwNTE2NjE

    逆に何でスタンのためだけにカードのスペック変えなきゃならんのかが分かんねーよ
    死儀礼がタフ2なのはスタン視点だと普通のマナクリより使いづらさが目立ったからでしょ
    土地がガンガン落ちないゲームではチャンプブロックくらいしかできんのだしさ

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2018/06/12(火) 02:49:43 ID:E5MTIyMjM

    まあ常識的に考えれば全構築フォーマットで使えるカードをスタンのためだけにエラッタとかまずあり得ないとわかる。スタンでしか使われてないカードの方にパワーレベルエラッタが入るというなら宝くじで1等当てるくらいの確率であるかもしれんけど、エラッタより禁止の方が起きる確率が高いから普通は気にしない

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。