GPトロント2018(3人チーム構築戦):優勝はMcLaughlin・Harabas・Siow選手チーム

5月19-20日、カナダ・オンタリオ州で3人チーム構築戦にて行われたグランプリ・トロント2018(参加者数:389チーム)。優勝はMorgan McLaughlin選手、Chris Harabas選手、Lucas Siow選手チームとなりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ4チーム

1st Place白黒機体 – 人間 – 4色コントロール
Morgan McLaughlin – Chris Harabas – Lucas Siow
2nd Place白青コントロール – ジェスカイコントロール – 4色コントロール
Brad Nelson – Seth Manfield – Brian Braun-Duin
3rd Place赤黒機体 – マルドゥパイロマンサー – エルフ
Jennifer Crotts – Tyler Blum – Robert Smith
4th Place白青コントロール – 黒赤ホロウ – グリクシスデルバー
Oliver Tiu – Oliver Tomajko – Noah Walker

※トップ4チームのプロフィールはこちらから。
※表記はスタンダード – モダン – レガシーの順。

優勝チームデッキリスト

スタンダード:白黒機体 プレイヤー:Morgan McLaughlin
4:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
2:《沼/Swamp》
9:《平地/Plains》
4:《孤立した礼拝堂/Isolated Chapel》
1:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
24 lands

4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
3:《悪意の騎士/Knight of Malice》
3:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
15 creatures

4:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1:《大災厄/Doomfall》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《喪心/Cast Down》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
4:《ベナリア史/History of Benalia》
2:《排斥/Cast Out》
3:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
21 other spells

1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
1:《喪心/Cast Down》
4:《強迫/Duress》
2:《空鯨捕りの一撃/Skywhaler’s Shot》
1:《神聖の発動/Invoke the Divine》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《賞罰の天使/Angel of Sanctions》
2:《宝物の地図/Treasure Map》
1:《ギデオンの叱責/Gideon’s Reproach》
15 sideboard cards

モダン:人間 プレイヤー:Chris Harabas
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《平地/Plains》
4:《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
2:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
19 lands

4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
4:《帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter》
4:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
3:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
4:《幻影の像/Phantasmal Image》
1:《ケッシグの不満分子/Kessig Malcontents》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
1:《修復の天使/Restoration Angel》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
37 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 other spells

2:《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》
2:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《はらわた撃ち/Gut Shot》
2:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
2:《罪の収集者/Sin Collector》
15 sideboard cards

レガシー:4色コントロール プレイヤー:Lucas Siow
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《沼/Swamp》
1:《島/Island》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
1:《Volcanic Island》
2:《Badlands》
20 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《悪意の大梟/Baleful Strix》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2:《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
13 creatures

2:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《思案/Ponder》
4:《定業/Preordain》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《意志の力/Force of Will》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《餌食/To the Slaughter》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
27 other spells

3:《意志の力/Force of Will》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《青霊破/Blue Elemental Blast》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《水流破/Hydroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《毒の濁流/Toxic Deluge》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
15 sideboard cards

デッキリスト

1-4位チーム

ソース

GRAND PRIX TORONTO 2018 – マジック米公式サイト

21 コメント on GPトロント2018(3人チーム構築戦):優勝はMcLaughlin・Harabas・Siow選手チーム

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 18:52:02 ID:MxNjU4OTk

    3種チーム構築は、チームの意味が皆無であまり好きではないけど
    アーキタイプをコントロールで統一したり、名前をオリバーで統一したり、選手側の工夫が感じられて良いね

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 19:02:19 ID:Q0NTMzOTY

    ほんま死儀礼人気やな。色んな意味で

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 19:13:34 ID:g0OTg1NDI

    ブラネルのプロフィールが写真含め破壊力高いw

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 19:27:24 ID:E4MjY2NDM

    女性がGPで活躍する機会が増えてうれしい限り。
    できれば日本人女性も活躍して欲しい。

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 19:30:39 ID:c4MTIwMjk

    ブラネルのデッキメインにはダメージ与えられるカード1枚もないな
    そしてレガシーは16分の16死儀礼

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 19:41:01 ID:g4NjU5MTA

    死儀礼、前回はBAN免れたけどもう駄目そうだな

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 19:45:49 ID:U0MTE5NDM

    多分8月のチーム構築PTまでは死儀礼残るんじゃないかな
    死儀礼禁止になるとレガシー担当の負担がでかすぎるから
    それが終わったら禁止かなー

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 20:07:53 ID:E3MDE5MDI

    テフェリー上がってんなーと思ったらモダンでもいけるのか

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 20:19:41 ID:kyMzExODU

    死儀礼って採用率は高いけど、禁止にしたところで環境の健全化・多様性に繋がるのかって疑問が付きまとう

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 20:56:24 ID:c4MjUyOTU

    まあとは言え上位の採用率が5割に迫ってることもあったしな死儀礼
    自分は別に禁止されてもされなくてもどっちでもいいけど、いい加減死儀礼環境は飽きたという人がいても驚かない

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 21:27:54 ID:cyNTExNTg

    死儀礼よりブレストに飽きたわ。
    あんなカード早くBANすればいいのに。

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 21:32:24 ID:k5NTg4MjI

    なんだよこの2位のバケモンチームは

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 22:34:29 ID:Q0NTMzOTY

    ※11
    スペルはその時1回だけど生物はずっと場に居座るからヘイト過剰に貰ってるのはあるかもね

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 22:37:46 ID:U3Nzc5MTM

    ※11
    マジこれ。
    シャーマンの採用率で禁止だと騒がれるならブレスト&思案は30回ぐらい禁止になってるわ。
    それにシャーマン禁止になっても環境が健全化なんてしないよ。
    てか、今のレガシーのアーキタイプ数見ればいい。
    もう既に健全なんだよ。

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2018/05/21(月) 23:08:04 ID:c4MTM4MDI

    レガシーはパワーカードでパワーカードをメタる修羅の国なんだよなぁ

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2018/05/22(火) 00:10:40 ID:c2MTYyNTI

    死儀礼は全色出るのがよくないよねー
    黒か緑だけでもモダン禁止だったと思うし、レガシーもここまで雑には使われなかったと思う
    少なくとも死儀礼を使うためにその色にしたと思う

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2018/05/22(火) 00:20:49 ID:I5MTYzNTc

    モダン的にはともかく、レガシー的には全色出せる事より、黒マナから出せる事の方が遥かにヤバイ

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2018/05/22(火) 00:26:38 ID:g2NTQzNzg

    健全な環境とかどうでもいいから死儀礼には消えて欲しいし、ついでにブレストも消えて欲しい(感情論)

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2018/05/22(火) 00:32:42 ID:c5MDcxMTg

    ※15
    毎度こういう発言見ると思うんだが、レガシーやったことないで言ってるだろ?
    今のレガシーはモダンよりはるかにパワーカードのぶつけ合いなんて起きないし、
    一方通行のゲームなんてほとんどない。
    恐らく、実はあなたが思っている以上にシビアで地味な環境だよ

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2018/05/22(火) 01:49:59 ID:MyNjAxMjg

    ※3
    見てきたらこれはひどいw
    セスマンとBBDはワシが育てた

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2018/05/22(火) 14:32:58 ID:g2NDIzMDg

    てかセスマンまた勝ったんか
    ほんといつでもおるやんけ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。