MOPTQ(スタンダード):優勝はトークン寄せの白赤アグロ、トップ8にサイクリングコンボなど

日本時間の3月25日、マジック・オンライン上にて合計303名が競い合ったプロツアー予選最終戦(スタンダード)。優勝者は白赤アグロを使用したmadcaPopeye選手となっています。

トップ8選手(アカウント名)&使用デッキ

1st Place白赤アグロ
プレイヤー:madcaPopeye
2nd Placeグリクシスコントロール
プレイヤー:darthjacen
3rd Placeグリクシスエネルギー
プレイヤー:Mr_Donut_IV
4th Place赤単アグロ
プレイヤー:bobcards2
5th Placeスゥルタイカウンター
プレイヤー:skprtst
6th Placeスゥルタイカウンター
プレイヤー:GodOfSlaughter
7th Place白青サイクリング(副陽併用)
プレイヤー:babilibom
8th Placeサイクリングコンボ
プレイヤー:flashfoe

トップ8デッキリスト

1位:白赤アグロ プレイヤー:madcaPopeye
3:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
5:《平地/Plains》
4:《シェフェトの砂丘/Shefet Dunes》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
22 lands

4:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
3:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
3:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《空渡りの野心家/Skymarcher Aspirant》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
22 creatures

4:《霊気装置の展示/Servo Exhibition》
4:《征服者の誇り/Pride of Conquerors》
3:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
4:《軍団の上陸/Legion’s Landing》
1:《結束の試練/Trial of Solidarity》
16 other spells

1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
1:《不可解な終焉/Baffling End》
2:《排斥/Cast Out》
2:《黄昏+払暁/Dusk+Dawn》
2:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
3:《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》
15 sideboard cards

2位:グリクシスコントロール プレイヤー:darthjacen
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
3:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《異臭の池/Fetid Pools》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
2:《沼/Swamp》
26 lands

3:《スカラベの神/The Scarab God》
3:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
6 creatures

1:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
2:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
2:《削剥/Abrade》
1:《暗記+記憶/Commit+Memory》
3:《不許可/Disallow》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
28 other spells

1:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
2:《大災厄/Doomfall》
2:《強迫/Duress》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《黄金の死/Golden Demise》
1:《破滅の刻/Hour of Devastation》
1:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
2:《否認/Negate》
1:《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》
15 sideboard cards

3位:グリクシスエネルギー プレイヤー:Mr_Donut_IV
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《沼/Swamp》
26 lands

4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《スカラベの神/The Scarab God》
1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
13 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《大災厄/Doomfall》
2:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《マグマのしぶき/Magma Spray》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
21 other spells

1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
2:《削剥/Abrade》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《慮外な押収/Confiscation Coup》
1:《徙家+忘妻/Consign+Oblivion》
3:《強迫/Duress》
1:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
3:《否認/Negate》
15 sideboard cards

4位:赤単アグロ プレイヤー:bobcards2
3:《絡みつく砂丘/Grasping Dunes》
18:《山/Mountain》
3:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
24 lands

4:《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
3:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
1:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
27 creatures

1:《削剥/Abrade》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
3:《ショック/Shock》
9 other spells

2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《削剥/Abrade》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《ヴァンスの爆破砲/Vance’s Blasting Cannons》
15 sideboard cards

5位:スゥルタイカウンター プレイヤー:skprtst
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
3:《森/Forest》
2:《穢れた果樹園/Foul Orchard》
2:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
1:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
2:《沼/Swamp》
25 lands

1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
3:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
2:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
1:《スカラベの神/The Scarab God》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
24 creatures

2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《否認/Negate》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》
11 other spells

1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
1:《スカラベの神/The Scarab God》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《否認/Negate》
2:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
2:《没収の曲杖/Crook of Condemnation》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
15 sideboard cards

6位:スゥルタイカウンター プレイヤー:GodOfSlaughter
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2:《異臭の池/Fetid Pools》
4:《森/Forest》
2:《穢れた果樹園/Foul Orchard》
2:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
1:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
1:《沼/Swamp》
24 lands

4:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
3:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
1:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
26 creatures

2:《顕在的防御/Blossoming Defense》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》
10 other spells

1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
2:《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition》
2:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
4:《強迫/Duress》
1:《スカラベの神/The Scarab God》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
15 sideboard cards

7位:白青サイクリング(副陽併用) プレイヤー:babilibom
1:《周到の砂漠/Desert of the Mindful》
1:《信義の砂漠/Desert of the True》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
6:《島/Island》
5:《平地/Plains》
24 lands

1:《敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist》
1 creatures

2:《副陽の接近/Approach of the Second Sun》
3:《燻蒸/Fumigate》
4:《検閲/Censor》
4:《相殺の風/Countervailing Winds》
4:《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination》
4:《新たな信仰/Renewed Faith》
3:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《見捨てられた石棺/Abandoned Sarcophagus》
4:《排斥/Cast Out》
3:《ドレイクの安息地/Drake Haven》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
35 other spells

1:《敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist》
3:《領事の権限/Authority of the Consuls》
1:《没収の曲杖/Crook of Condemnation》
2:《俗物の放棄/Forsake the Worldly》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
2:《否認/Negate》
3:《威厳あるカラカル/Regal Caracal》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》
15 sideboard cards

8位:サイクリングコンボ プレイヤー:flashfoe
2:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《異臭の池/Fetid Pools》
5:《森/Forest》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
4:《まばらな木立ち/Scattered Groves》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
2:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
1:《沼/Swamp》
25 lands

4:《シェフェトのオオトカゲ/Shefet Monitor》
4:《砂時計の侍臣/Vizier of Tumbling Sands》
8 creatures

1:《ラザケシュの儀式/Razaketh’s Rite》
1:《検閲/Censor》
1:《相殺の風/Countervailing Winds》
2:《花粉のもや/Haze of Pollen》
2:《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination》
4:《新たな信仰/Renewed Faith》
4:《葬送の影/Shadow of the Grave》
2:《排斥/Cast Out》
1:《信者の確信/Faith of the Devoted》
4:《楽園の贈り物/Gift of Paradise》
1:《新たな地平/New Horizons》
4:《新たな視点/New Perspectives》
27 other spells

1:《相殺の風/Countervailing Winds》
4:《イフニルの魔神/Archfiend of Ifnir》
3:《ドレイクの安息地/Drake Haven》
1:《俗物の放棄/Forsake the Worldly》
1:《燻蒸/Fumigate》
2:《敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist》
2:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《スカラベの神/The Scarab God》
15 sideboard cards

ソース

STANDARD PTQ(32位まで) – マジック米公式サイト


56 コメント on MOPTQ(スタンダード):優勝はトークン寄せの白赤アグロ、トップ8にサイクリングコンボなど

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/03/26(月) 22:08:13 ID:A3MzgzNDU

    下位互換、使いにくい、ネタ枠、環境的逆風、使われん理由は色々あるけど鉄面提督ベケットと広角ケラトプスの2枚はデザイナーがマジックやってないと思うレベル

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/03/26(月) 22:43:13 ID:UwODAxMzM

    レアからコモンの全てにいえるけどリミテ配慮とかいう糞ふざけた調整をやめたらいいだけ
    全てを一線級になんて発想は馬鹿げているけどリミテのためにカードを弱くしようという発想はそれ以上に馬鹿げている

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/03/26(月) 22:57:10 ID:I2NTIwMDU

    ケラトプスそんなおかしいか?
    ベケットのデザインは分かりやすく海賊でしょ単純に強すぎるから達成しにくくしてあるってのと他の海賊がベケットと方向性違うってだけで

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/03/26(月) 23:15:24 ID:EyOTQ4Mzc

    ※51
    あのレアリティ、あのマナコストにしてタフネスが3しかないというのが悪魔的確信犯としか言いようが無い

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/03/26(月) 23:23:09 ID:Y2MTA0MzQ

    ※52
    リミテッドはMTGのなかでもメジャーなフォーマットだしPTでも今後採用され続ける以上考慮されなくなることは無いぞ。あきらめな

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/03/27(火) 08:34:01 ID:Q1NTA1NzA

    まるでリミテ考慮されてなかった頃は強いカードのオンパレードだったかのように思われてるな
    実際そんなことは全くといっていいほどなかったが

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。