GPマドリード2017(チームモダン):優勝はRamiro Cano・Togores・Ortiz Rosチームに

12月9-10日、スペインのマドリード州で開催されたグランプリ・マドリード2017(チームモダン構築)には625チームが参加し、その頂点に立ったのは、地元スペインのRamiro Cano/Togores/Ortiz Rosチームでした。

※写真はマジック米公式Twitterより

トップ4チーム

1st PlaceRamiro Cano/Togores/Ortiz Ros
カウンターカンパニー/タイタンシフト/ストーム
2nd PlaceDe Diego/Sifuentes/Salvatto
ランタン/ブリーチタイタン/エルフ
3rd PlaceBiesmans/Van Deun/Brans
青白コントロール/グリクシスシャドウ/カウンターカンパニー
4th PlaceHeuser/Hauck/Yang
アブザン/緑単トロン/ジェスカイコントロール

トップ4チームのプロフィールはこちらから。

優勝チーム デッキリスト

カウンターカンパニー シートA:ADRIAN RAMIRO CANO
2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
2:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
22 lands

4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《献身のドルイド/Devoted Druid》
4:《療治の侍臣/Vizier of Remedies》
4:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
3:《永遠の証人/Eternal Witness》
2:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《臓物の予見者/Viscera Seer》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
30 creatures

4:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《集合した中隊/Collected Company》
8 other spells

3:《流刑への道/Path to Exile》
3:《潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1:《土覆いのシャーマン/Loaming Shaman》
1:《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
1:《罪の収集者/Sin Collector》
15 sideboard cards

タイタンシフト シートB:RODRIGO TOGORES
6:《山/Mountain》
2:《森/Forest》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
3:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
27 lands

4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
1:《ウッド・エルフ/Wood Elves》
1:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
10 creatures

4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《遥か見/Farseek》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
4:《風景の変容/Scapeshift》
2:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
2:《虹色の前兆/Prismatic Omen》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
23 other spells

3:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
2:《スラーグ牙/Thragtusk》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《内にいる獣/Beast Within》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
15 sideboard cards

ストーム シートC:CRISTIAN ORTIZ ROS
2:《島/Island》
1:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《山/Mountain》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
18 lands

4:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
4:《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
8 creatures

4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《手練/Sleight of Hand》
4:《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4:《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
4:《魔力変/Manamorphose》
4:《けちな贈り物/Gifts Ungiven》
3:《差し戻し/Remand》
2:《選択/Opt》
2:《ぶどう弾/Grapeshot》
2:《炎の中の過去/Past in Flames》
1:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
34 other spells

3:《噴出の稲妻/Burst Lightning》
3:《血染めの月/Blood Moon》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
2:《白鳥の歌/Swan Song》
2:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1:《ぶどう弾/Grapeshot》
1:《夢への委託/Consign to Dream》
1:《圧倒する波/Resounding Wave》
15 sideboard cards

その他のデッキリスト

トップ4チーム/タイブレーカーズ(5・6位)

ソース

GRANDPRIX MADRID 2017 – マジック米公式サイト

7 コメント on GPマドリード2017(チームモダン):優勝はRamiro Cano・Togores・Ortiz Rosチームに

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/12/11(月) 12:09:02 ID:QxMzcyNzc

    コンボ固めて優勝は草

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/12/11(月) 12:10:14 ID:M2OTIxODE

    カウカン久しぶりやな

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/12/11(月) 12:34:26 ID:M2ODU4NDU

    オールインが多そうなチームモダンだと、カウンターカンパニーはなかなか強そうだな。

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/12/11(月) 12:38:27 ID:kzNjc5ODc

    ヴァラクート系って相手にすると理不尽なレベルで強く感じるのに
    規模の大きいモダンの大会だとあんまり上位入賞してないと感じるのは気のせいかな。

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/12/11(月) 13:54:15 ID:g2OTAzMjM

    ※4
    純正ジャンドみたいなBG系ミッドレンジや親和には強いけど
    ストームやグリクシスシャドウがきついからじゃない?

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/12/11(月) 21:38:29 ID:g3MDc1ODY

    ストームのランドが23になってます

  7. [7] タソガレ@管理人 2017/12/12(火) 01:12:41 ID:Q1MDM3NDM

    ※6
    修正致しました、ご指摘ありがとうございます

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。