SCGオープン(モダン):優勝は緑単トロンを使用したBenedict Chukwuma選手に

12月2-3日、イリノイ州ロアノークにて開催されたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ(モダン)。優勝は緑単トロンを使用したBenedict Chukwuma選手となりました。

※写真はStarCityGames.com公式カバレージより

オープンシリーズ (モダン)

1st Place緑単トロン
プレイヤー:Benedict Chukwuma
2nd Placeエルドラージトロン
プレイヤー:Joseph Horton
3rd Placeドレッジ
プレイヤー:Lucas Michaels
4th Place赤単プリズン
プレイヤー:Russell Colosi
5th Place白緑土地カンパニー
プレイヤー:Ian Bosley
6th Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:Korey McDuffie
7th Placeタイタン・シフト
プレイヤー:Ian Flinn
8th Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:Devin Beaston
参加者数306名
デッキリスト1-32位
1位:緑単トロン プレイヤー:Benedict Chukwuma
5:《森/Forest》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
19 lands

2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
9 creatures

4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
2:《忘却石/Oblivion Stone》
2:《四肢切断/Dismember》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》
2:《全ては塵/All Is Dust》
32 other spells

1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3:《スラーグ牙/Thragtusk》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
15 sideboard cards

2位:エルドラージトロン プレイヤー:Joseph Horton
2:《荒地/Wastes》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
3:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
1:《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
24 lands

4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
2:《終末を招くもの/Endbringer》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
20 creatures

2:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《探検の地図/Expedition Map》
2:《精神石/Mind Stone》
2:《四肢切断/Dismember》
2:《全ては塵/All Is Dust》
16 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
4:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《全ては塵/All Is Dust》
15 sideboard cards

3位:ドレッジ プレイヤー:Lucas Michaels
1:《山/Mountain》
3:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
4:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
3:《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
4:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1:《カープルーザンの森/Karplusan Forest》
4:《マナの合流点/Mana Confluence》
20 lands

4:《恐血鬼/Bloodghast》
4:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
24 creatures

1:《暗黒破/Darkblast》
4:《安堵の再会/Cathartic Reunion》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《燃焼/Conflagrate》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
3:《壌土からの生命/Life from the Loam》
16 other spells

2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《暗黒破/Darkblast》
1:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2:《稲妻の斧/Lightning Axe》
2:《貪欲な罠/Ravenous Trap》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

4位:赤単プリズン プレイヤー:Russell Colosi
17:《山/Mountain》
1:《変わり谷/Mutavault》
3:《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
21 lands

2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
2:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
13 creatures

4:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《槌のコス/Koth of the Hammer》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
4:《血染めの月/Blood Moon》
2:《削剥/Abrade》
4:《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4:《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
2:《金屑の嵐/Slagstorm》
29 other spells

2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1:《呪文滑り/Spellskite》
3:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
1:《沸騰/Boil》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
15 sideboard cards

5位:白緑土地カンパニー プレイヤー:Ian Bosley
5:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
23 lands

2:《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
1:《永遠の証人/Eternal Witness》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《復活の声/Voice of Resurgence》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1:《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
29 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《流刑への道/Path to Exile》
8 other spells

2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《石のような静寂/Stony Silaence》
2:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
1:《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《異界の進化/Eldritch Evolution》
15 sideboard cards

6位:グリクシスシャドウ プレイヤー:Korey McDuffie
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《湿った墓/Watery Grave》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
16 creatures

1:《四肢切断/Dismember》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《選択/Opt》
3:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《終止/Terminate》
4:《思考掃き/Thought Scour》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
26 other spells

2:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《頑固な否認/Stubborn Denial》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
15 sideboard cards

7位:タイタン・シフト プレイヤー:Ian Flinn
2:《森/Forest》
7:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
3:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
27 lands

4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
8 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
4:《遥か見/Farseek》
3:《ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
25 other spells

1:《業火のタイタン/Inferno Titan》
4:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
4:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
15 sideboard cards

8位:グリクシスシャドウ プレイヤー:Devin Beaston
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《湿った墓/Watery Grave》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
3:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
16 creatures

1:《四肢切断/Dismember》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《選択/Opt》
2:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
1:《終止/Terminate》
4:《思考掃き/Thought Scour》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
26 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
15 sideboard cards

クラシック(スタンダード)

1st Placeティムールエネルギー
プレイヤー:Matt Ling
2nd Placeティムールエネルギー
プレイヤー:Mitchell Forst
3rd Place黒単機体
プレイヤー:Andrew Jessup
4th Placeティムールエネルギー
プレイヤー:Dylan Hand
5th Place白青ギフト
プレイヤー:David Mather
6th Placeエスパーコントロール
プレイヤー:Joe Stempo
7th Place4色エネルギー
プレイヤー:Ted Felicetti
8th Place4色エネルギー
プレイヤー:Weston Cates
参加人数91名
デッキリスト1-16位

クラシック(モダン)

1st Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Mark Stanton
2nd Place白黒エルドラージタックス
プレイヤー:Chase Masters
3rd Place白赤《不朽の理想》
プレイヤー:Shayne Morris
4th Placeランタンコントロール
プレイヤー:Brian Bruan-Duin
5th Place8ラック
プレイヤー:Aaron Slate
6th Place8ラック
プレイヤー:Michael Dudkowski
7th Placeエルフ
プレイヤー:Tim Harris
8th Place8ラック
プレイヤー:Jessee Leese
参加人数91名
デッキリスト1-16位

24 コメント on SCGオープン(モダン):優勝は緑単トロンを使用したBenedict Chukwuma選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 20:50:30 ID:E1MTk3MzI

    8ラックが3人って、モダンクラシック何があったんだw

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 20:51:41 ID:E1NzEyMTg

    モダンで不朽の理想がtop8に入ってるなんて・・・
    やっぱり、最高やな!

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 20:52:54 ID:EwMDY1MTA

    8ラック苦手なんだよなぁ…

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 20:53:41 ID:c0MDQ2Nzk

    不朽の理想入賞してるのすげえな…
    クラシックって普段のモダンとは何か違うの?

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 21:23:10 ID:gwOTQ1MTg

    オープンがメインの大会で、クラシックはサイドイベントみたいなもの、と言えばわかりやすいかな?僕はそういうイメージ

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 21:25:06 ID:A4Mzk2NDc

    >>4
    2日制トーナメントであるSCGオープンのサイドイベントとして、2つの1日制トーナメントであるクラシックが開かれる。
    グランプリで言うところのPTQや○○選手権みたいな感じ

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 21:54:32 ID:AxNzE0NTc

    エルタク、不朽の理想、ランタンコン、8ラック
    このクラシックの環境で絶対やりたくない
    こんなとこでエルフがんばったなーと思うけど再利用の賢者とかエンチャント・アーティファクト対策引けなかったら詰むな

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 21:58:43 ID:c5ODQ0ODQ

    神聖の力線積まなきゃ(使命感)

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 22:04:57 ID:I0MjE0ODk

    人間はいないの?

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 22:07:13 ID:U3MDI4NjE

    ガバガバモダン平常運転

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 23:23:04 ID:c1OTk5MDA

    嫌いな8ラックにモダン(パウパー)スリヴァーで挑んで快勝した記憶が忘れられないぜ

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 00:11:56 ID:A3Mzk5OTk

    モダンにメタ無し

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 00:54:27 ID:Q3NTg2OTA

    赤単プリズンで結果残せるんだ
    某メッキの人も、似たようなの使ってたけど

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 06:57:27 ID:E3NzgzNTI

    今緑黒トロンつかってるんだけど歩行バリスタって入れた方が良いかな?試した方いたら教えて下さい…

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 07:14:40 ID:g3ODczODc

    もはや懐かしさすら感じる緑単に草生える

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 08:41:41 ID:g3ODc3OTk

    ※14
    個人的には2、3枚入れとくと露払いからフィニッシュまでこなせて便利で入れてるけど、一押しとか多めに入って軽量に対して強く、周りが小粒が少ない環境ならサイドか1枚位でもいいかなって思ってます。

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 09:41:33 ID:I5NTczNDI

    やはりモダン最強はウルザトロン
    ウルザはモダンにて最強・・・

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 10:21:15 ID:MwMzU4NDM

    ※14
    親和が周りで流行ってるなら増やしてもいいかもね
    黒緑は赤緑と違ってパイロが使えないから面で攻めるデッキ相手だと押し切られることがあるからそういう時に便利
    マナがたまればバリスタ自身がフィニッシャーになるから腐ることはないかな

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 12:10:25 ID:I0NzAyNDA

    物語の円がモダンリーガルであることに気付く

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 12:18:27 ID:g3ODc3ODY

    ※3
    8ラック相手するの得意なやつなんていないと思うゾ
    慣れててもいい気分する戦術じゃないし

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 12:54:29 ID:MwMTcxNjY

    ヴァラもトロンも感染もチェーン系も相手にブンブンされたらいい気分はしないでしょ
    やっぱりモダンはデッキの強みを押し付け合わなきゃ!
    でもランタンだけは勘弁な

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 14:58:50 ID:g3ODgxODM

    ※20
    グリセルがぐるぐるして気持ちがいい

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 15:05:25 ID:g3ODgxODM

    土地カンパニー面白いな
    雑に殴るんならるつぼより採掘者か
    シャドウムーア時代の赤単を思い出すわ

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 19:16:59 ID:A3MDIxNzg

    20
    リアニ系のデッキ使ってると墓地肥やす必要なくなって楽しいゾ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。