GPアトランタ2017(スタンダード):優勝はエスパー副陽デッキを使用したAlex Lloyd選手に

11月11日-12日、アメリカ合衆国ジョージア州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・アトランタ2017(参加人数:1,398名)。優勝はエスパーコントロールを使用したAlex Lloyd選手となりました。

※写真はマジック米公式Twitterより

トップ8選手&使用デッキ

1st Placeエスパーコントロール(副陽型)
プレイヤー:Alex Lloyd
2nd Place赤単ミッドレンジ(砂漠型)
プレイヤー:Ben Stark
3rd Place4色エネルギー(黒主体)
プレイヤー:Sergio Garcia
4th Placeマルドゥ機体
プレイヤー:Lawrence Vess
5th Place赤単アグロ
プレイヤー:Trey Van Cleave
6th Placeティムールエネルギー
プレイヤー:Corey Baumeister
7th Place4色エネルギー
プレイヤー:Petr Sochůrek
8th Place4色エネルギー
プレイヤー:Sam Zakrzewski

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:エスパーコントロール プレイヤー:Alex Lloyd
2:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
4:《異臭の池/Fetid Pools》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《島/Island》
3:《平地/Plains》
26 lands

1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
1 creatures

3:《副陽の接近/Approach of the Second Sun》
2:《燻蒸/Fumigate》
4:《検閲/Censor》
4:《選択/Opt》
4:《不許可/Disallow》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《排斥/Cast Out》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
33 other spells

2:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow》
2:《否認/Negate》
1:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
4:《威厳あるカラカル/Regal Caracal》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
15 sideboard cards

2位:赤単ミッドレンジ プレイヤー:Ben Stark
4:《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins》
2:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
3:《死者の砂丘/Dunes of the Dead》
3:《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert》
13:《山/Mountain》
25 lands

3:《砂かけ獣/Sand Strangler》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
3:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
3:《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》
3:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
19 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《削剥/Abrade》
2:《ショック/Shock》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《宝物の地図/Treasure Map》
16 other spells

2:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《削剥/Abrade》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》
1:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
15 sideboard cards

3位:4色エネルギー プレイヤー:Sergio Garcia
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
1:《異臭の池/Fetid Pools》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
1:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
2:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
22 lands

4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《人質取り/Hostage Taker》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
22 creatures

2:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《削剥/Abrade》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
16 other spells

1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《否認/Negate》
3:《強迫/Duress》
3:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1:《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
15 sideboard cards

4位:マルドゥ機体 プレイヤー:Lawrence Vess
3:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
1:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《山/Mountain》
3:《平地/Plains》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
25 lands

4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
3:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
3:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
4:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
19 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
16 other spells

1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《強迫/Duress》
2:《削剥/Abrade》
1:《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition》
2:《燻蒸/Fumigate》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
15 sideboard cards

5位:赤単アグロ プレイヤー:Trey Van Cleave
14:《山/Mountain》
4:《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins》
4:《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert》
2:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
24 lands

4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《過酷な指導者/Harsh Mentor》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
4:《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》
4:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
26 creatures

4:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《削剥/Abrade》
10 other spells

2:《削剥/Abrade》
3:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
15 sideboard cards

6位:ティムールエネルギー プレイヤー:Corey Baumeister
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
3:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
1:《島/Island》
22 lands

4:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
3:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
23 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
2:《慮外な押収/Confiscation Coup》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
3:《削剥/Abrade》
15 other spells

1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《慮外な押収/Confiscation Coup》
1:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《否認/Negate》
2:《川の叱責/River’s Rebuke》
1:《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》
1:《本質の散乱/Essence Scatter》
1:《至高の意志/Supreme Will》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
15 sideboard cards

7位:4色エネルギー プレイヤー:Petr Sochůrek
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
3:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
3:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《島/Island》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
22 lands

4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
3:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
2:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
21 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
3:《削剥/Abrade》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
17 other spells

1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《削剥/Abrade》
2:《破滅の刻/Hour of Devastation》
1:《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》
1:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》
1:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《否認/Negate》
1:《至高の意志/Supreme Will》
1:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
1:《慮外な押収/Confiscation Coup》
15 sideboard cards

8位:4色エネルギー プレイヤー:Sam Zakrzewski
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
1:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
1:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
2:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
3:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
22 lands

2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
3:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
3:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
21 creatures

1:《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
2:《削剥/Abrade》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
17 other spells

1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《慮外な押収/Confiscation Coup》
2:《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition》
2:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》
1:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
4:《否認/Negate》
15 sideboard cards

デッキピックアップ

9位:グリクシスミッドレンジ プレイヤー:Sergio Ferry
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《山/Mountain》
3:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
26 lands

4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《才気ある霊基体/Gifted Aetherborn》
2:《人質取り/Hostage Taker》
2:《機知の勇者/Champion of Wits》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
1:《スカラベの神/The Scarab God》
1:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
19 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《大災厄/Doomfall》
1:《削剥/Abrade》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
15 other spells

1:《削剥/Abrade》
1:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《否認/Negate》
4:《強迫/Duress》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》
1:《不帰+回帰/Never+Return》
1:《至高の意志/Supreme Will》
1:《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》
15 sideboard cards

デッキリスト

9-32位

映像配信(Twitch)

配信映像一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX ATLANTA 2017 – マジック米公式サイト

29 コメント on GPアトランタ2017(スタンダード):優勝はエスパー副陽デッキを使用したAlex Lloyd選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:08:40 ID:g1MTg4ODk

    エネルギーが席巻した結果を先に載せてコントロール死亡ニキを調子に乗らせてから副陽優勝の結果を載せるタソガレニキ好き

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:09:51 ID:kyNjExMTY

    メインはプッシュ以外黒要素ない?
    サイドには沢山入ってるけど
    それにしても赤字つかないデッキリスト増えてきたな

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:15:48 ID:kzMTM2Njk

    GPアズカンタ?(難聴)

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:21:37 ID:AyNDcyNDI

    二位すごい…このリストにボーマット入れたくなくない?

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:22:55 ID:g4MTA5NzU

    サイドボードのカオスな感じ嫌いじゃ無いよ

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:23:24 ID:c5MjY1MDE

    環境にエネルギーは多いけど、それを読んでコントロールを持ち込むことで十分出し抜けると
    何かと騒がれることも増えて来たが、競技プレイヤーには悪くない環境じゃないか?

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:47:48 ID:g0Mzk5NjI

    6位の人ブラネルの弟だっけ?また勝ってるよどんだけ強いんだよ

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 12:52:29 ID:c4NTIxMDk

    サイドからのスカラベ神…

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 13:47:15 ID:M0NzUxNTc

    ベンスタ面白いデッキだな

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:04:30 ID:AyNDY0MDI

    赤単はもはや速攻アグロじゃなくてミッドレンジ扱いなのか
    これもうわかんねぇな

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:18:41 ID:M4NDM0OTE

    ハゾレト1でチャンドラ3ブリンガー3は流石にミッドレンジ扱いせざるを得んだろう

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:23:47 ID:c5MjQxODM

    なんとケンラもいないんぢゃ

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:37:43 ID:czOTgxMzI

    宝物の地図や砂かけ獣まで入ってるからなぁ
    普通のアグロタイプは5位にいるからそれ見ればよろしい

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:44:46 ID:Q5ODkxMzQ

    サイドのカラカルとスカラベ神のパッケージ楽しそう
    プッシュがあると対赤単が少しはマシになるのかね

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:47:18 ID:g5NTc3MjM

    個人的に赤単の主力はケンラと見せかけてハゾレトというイメージだから、ミッドレンジでもおかしくないと思う

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:48:55 ID:cwMjEzOTA

    2位のデッキ、無条件に赤出る土地がほぼ半分しかないの笑う。
    そのうえでカードはほぼ赤しか入ってないから赤単としか言いようがないのがなんとも

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 14:53:46 ID:AyNDYzOTU

    彼こそ本物の強者だな

    前二回のGP勝者はきっと偶然なんだろう

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 15:29:02 ID:MyNzg2NjE

    (イケボ)

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 16:57:20 ID:M3OTQyODg

    グリスシスぐちゃぐちゃデッキすこ

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 18:05:43 ID:k2NzAwMDk

    いくら砂漠が多いと言っても、トロンとか茶単と違って主戦力は赤いカードだから普通に赤単で間違いない
    どうしても呼びたいなら赤砂漠単とかになりそうだけどイマイチ語呂が悪いなぁ

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 18:06:43 ID:Q2MTQyODk

    コントロールが絶滅してケアが手薄になったところを突いてきたね
    もともと地力はあるから、環境がミッドレンジに寄ってくれば十分にチャンスがあるし、もちろん赤単が増えたらまた絶滅する

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 18:09:56 ID:c1Mzg1MDE

    フィーチャーでベンスタ変なカード使いまくってんなーとか思ってたら準優勝とかビックリした
    スゲェ

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 18:12:41 ID:QzMzY3OTk

    2位は…何だこれ?
    砂かけ獣までは分かるが、死者の砂丘に宝物の地図、サイドに木っ端微塵?
    速攻に見せかけた除去ミッドレンジか?

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 18:25:44 ID:gzNDcwMjM

    ミラディンにビッグレッドってデッキがあってえ

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 18:31:44 ID:c4OTYzNzM

    残骸の漂着はすっかり4枚刺しが多くなったな。しかし機械巨人1枚でもそうなるのか

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 19:54:23 ID:A4NjAwNjg

    多分、致命的な一押しの為に黒足したんだろうけどそれならマグマのしぶきに加えて破滅の刻を使える赤の方が個人的には良いと思う。

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2017/11/13(月) 20:25:47 ID:c3MzI5MDQ

    マグマのしぶきはありだけど破滅の刻は赤ダブシンで燻蒸漂着カラカルの白ダブシン、奔流の青ダブシンで見るにマナベースが安定しないだろうから採用しなかったんだと思う
    黒もサイドに侮辱が黒ダブシンで入ってるけど同時に1枚で勝てるスカラベもあるからリスクリターンで見て黒を取るほうが勝利に近づくと見たんじゃないかな

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2017/11/14(火) 02:29:20 ID:Y0MTY0NDQ

    メインとサイドで勝ち筋をスイッチするのおしゃれですこ

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2017/11/15(水) 04:35:56 ID:gzMDYyNzk

    >>21
    ティムールがコントロールに対してケア薄くしたことなんてない気がするんだが。
    コントロールされる側がどうかした訳ではなくて、コントロールが苦手な赤単がティムールに合わせて遅くなった結果、遅いデッキに強いコントロールが勝ったんじゃないか?
    何が言いたいのかと言うと、ティムールはコントロールへのケアはずっとしてるし、してても不利だと言いたい

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。