SCGオープン(チーム構築):優勝は赤単アグロ、緑白土地カンパニー、土地単チーム


2017年7月22-23日にStarcityGames.com主催のオープンシリーズ(チーム構築)がジョージア州アトランタにて開催されました。参加チーム:268チーム(804名)の頂点に立ったのは、Tom Ross選手、Todd Stevens選手、Jody Keith選手です。

オープンシリーズ (チーム構築)

1st PlaceTom Ross – Todd Stevens – Jody Keith
使用デッキ:赤単アグロ/緑白土地カンパニー/土地単
2nd PlaceJim Davis – Dan Jessup – Kevin King
使用デッキ:赤単アグロ/グリクシスシャドウ/土地単
3rd PlaceLukas Parson – Evan Smith – Victor Logan
使用デッキ:ティムールエネルギー/グリクシスシャドウ/グリクシスデルバー
4th PlaceAndrew Hollingsworth – Kevin Toolan – Dan Savage
使用デッキ:緑赤ランプ/バーン/スニークショウ
5th PlaceKevin jones – Harian Firer – Tannon Grace
使用デッキ:エスパーアグロ/ジェスカイコントロール/グリクシスデルバー
6th PlaceTyler Wilkerson – Kendall Burdette – Alex Hon
使用デッキ:赤単アグロ/グリクシスシャドウ/ジェスカイ石鍛冶
7th PlaceZachary Plott – Manny Collazo – Mike Wallen
使用デッキ:マルドゥ機体/バーン/グリクシスデルバー
8th PlaceZan SyedLong – Rob Long – David Long
使用デッキ:4色現出/グリクシスシャドウ/土地単

※デッキ名およびプレイヤーはスタンダード、モダン、レガシーの順で表記

1位:赤単アグロ プレイヤー:Tom Ross
11:《山/Mountain》
3:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
4:《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert》
23 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger》
2:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
24 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《削剥/Abrade》
4:《撃砕確約/Built to Smash》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
13 other spells

2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
1:《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator》
2:《ハンウィアー守備隊/Hanweir Garrison》
2:《過酷な指導者/Harsh Mentor》
1:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《暴力の激励/Invigorated Rampage》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《猛火の斉射/Blazing Volley》
1:《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》
15 sideboard cards

1位:緑白土地カンパニー プレイヤー:Todd Stevens
5:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
23 lands

3:《極楽鳥/Birds of Paradise》
1:《永遠の証人/Eternal Witness》
2:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《復活の声/Voice of Resurgence》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
29 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《流刑への道/Path to Exile》
8 other spells

2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
1:《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
15 sideboard cards

1位:土地単 プレイヤー:Jody Keith
1:《森/Forest》
1:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1:《蛮族のリング/Barbarian Ring》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《Glacial Chasm》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3:《イス卿の迷路/Maze of Ith》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
2:《Taiga》
4:《演劇の舞台/Thespian’s Stage》
1:《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
4:《不毛の大地/Wasteland》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《カラカス/Karakas》
1:《The Tabernacle at Pendrell Vale》
4:《暗黒の深部/Dark Depths》
36 lands

0 creatures

4:《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4:《踏査/Exploration》
1:《マナ結合/Manabond》
4:《輪作/Crop Rotation》
3:《罰する火/Punishing Fire》
4:《ギャンブル/Gamble》
4:《壌土からの生命/Life from the Loam》
24 other spells

1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
4:《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《Drop of Honey》
3:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
15 sideboard cards

その他デッキリストはこちらから

クラシック(スタンダード)

1st PlaceTravis Ryder
使用デッキ:赤単アグロ
2nd PlaceJonathan Rosum
使用デッキ:白青モニュメント
3rd PlacePatrick Paris
使用デッキ:緑赤ランプ
4th PlaceDustin Thornton
使用デッキ:黒単ゾンビ
5th PlaceJustin Terpening
使用デッキ:青赤コントロール
6th PlaceGlenn DiGirolamo
使用デッキ:黒単ゾンビ
7th PlaceAndrew Lukas
使用デッキ:白青ギフト
8th PlaceScott McNamara
使用デッキ:青赤コントロール

参加人数:151名/デッキリストはこちらから

クラシック(モダン)

1st PlaceAlex Vess
使用デッキ:親和
2nd PlaceDaniel Keigans
使用デッキ:Zoo
3rd PlaceTroy Smith
使用デッキ:グリクシスデルバー
4th PlaceSol Malka
使用デッキ:黒緑ミッドレンジ
5th PlaceEJD Umberson
使用デッキ:ジェスカイコントロール
6th PlaceJon Elgan
使用デッキ:赤緑ランデス
7th PlaceLucas Michaels
使用デッキ:親和
8th PlaceKevin Burgess
使用デッキ:青白コントロール

参加人数:182名/デッキリストはこちらから

クラシック(レガシー)

1st PlaceZachary Koch
使用デッキ:感染
2nd PlaceJustin Parnell
使用デッキ:スゥルタイシャドウ
3rd PlaceAndrew Hampton
使用デッキ:土地単
4th PlaceEvan Nyquist
使用デッキ:黒緑デプス
5th PlaceTyler Hatchel
使用デッキ:ストーム
6th PlaceCaleb Scherer
使用デッキ:ストーム
7th PlacePieter Tubergen
使用デッキ:グリクシスデルバー
8th PlaceKyle Forbes
使用デッキ:スニークショウ

参加人数:141名/デッキリストはこちらから

動画配信(Twitch)

1日目/2日目

31 コメント on SCGオープン(チーム構築):優勝は赤単アグロ、緑白土地カンパニー、土地単チーム

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 12:30:06 ID:A0NjQxNjk

    優勝おめでとうございます。

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 12:39:00 ID:I1MzcxMTI

    チーム戦ってプールを3人でどう分けてデッキにするかって競技だと思うんだけどな
    フォーマット違いな上にカード被りもOKならチーム戦にする必要あるのこれ

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 12:55:37 ID:UzMjY4NDU

    PT前に赤単目立ち過ぎてるな
    これはメタられるパターンだ

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 13:04:20 ID:kyODU0Nzc

    同一カードは一人しか使えないルールじゃなかったっけ?

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 13:05:35 ID:QwNDY2MDM

    GW土地破壊はやっぱりいい感じだね
    クルフィックスよりも幽霊街起動回数増えて気持ち良くなれる

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 13:16:41 ID:E3NDA4MTc

    リスト見る限りチーム内のカード制限ないっぽいね
    (幽霊街しか見てないけど)

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 13:24:45 ID:IwMTY1NDQ

    なんだかんだと理由つけて友達とワイワイマジックするのは楽しいし、その理由がGPならなお最高だ

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 13:58:12 ID:UxMjEyMDY

    フォーマットが異なる場合はデッキ構築制限は関係ない

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 15:08:56 ID:U4MjY1MTI

    Tom Rossはモダンでバーンマスターだからさすがですな

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 15:10:07 ID:U4MjQ4ODA

    緑絡みの新しいデッキ!リスト見なきゃ(使命感)
    →集 合 し た 中 隊のパターン多くてもにょるわ
    やっぱカンパニーってカードダメなんじゃねえの…
    まぁバイアルがアリならアリかぁ

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 15:39:34 ID:I1OTg0MzA

    スティーヴ・ブシェーミ!?

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 15:40:16 ID:I1MzYzMzI

    土地単つええな

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 16:43:42 ID:Q2MjA1NDE

    出て早々にラムナプの採掘者が結果を残したか。
    フェッチ回収で土地詰まり防止、幽霊街回収でランデス連発、地平線の梢回収で3マナ1ドロー可と夢が広がる

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 16:45:17 ID:M3NTA3MDI

    幽霊街こないと何も始まらないあたりが弱くて解体したわ

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 16:55:06 ID:QxNzk5MTg

    しかし何かしらのチームとかに所属してないと
    違うフォーマット十全に扱える友達2人と組むのって地味にハードル高いな

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 16:59:59 ID:IwODQ3MzU

    ※9
    最近トロンしかつかってなくないか

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 17:30:39 ID:M3NjMwOTk

    流石にここまで赤単が入賞するとPTじゃメタられるだろうな
    ゾンビの教訓も記憶に新しいし

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 17:39:51 ID:M3MjcyMjc

    各メンバーごとの勝敗数知りたいな
    どっか載ってないのかな

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 17:53:05 ID:U4MjQ5MTI

    緑白土地カンパニーの感想。
    1-2マナあれば動けるデッキに致命傷にならないし、こういうデッキは勝ち筋が細くて使ってて釈然としなかった。
    土地コンボ系には効くのかもしれないけれど、それもカードが揃ったらの、たらればの話で、それならカウンターカンパニー系をやった方がいいなぁと感じました。

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 18:03:59 ID:EzMzk5NTk

    緑白ランデスカンパニーは以前にもイゼ速の記事で見かけたね
    その時は採掘者が出てなくてるつぼ使ってたけど、こっちはカンパニーで出せる分噛み合ってて良いね

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 19:20:38 ID:M3MjU2MTY

    バーンが全然勝てないのはなぜ。

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 21:18:07 ID:EzMzY2NDA

    赤単はいいぞ

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 22:16:18 ID:A2Mzc3NDk

    ※21
    モダンのバーンのこと?
    あれは集団的蛮行の登場で結構キツくなってきたと聞いたことがあるけど

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 22:28:39 ID:I1OTM2MDc

    ※21
    デッキにそこまで枚数入ってるわけじゃないにしても
    2マナでほぼ確実に3-3交換取らされてゲーム速度落とす動きを
    汎用スペルに食らわせられるキツさよ

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 22:39:21 ID:A0NjUxMTg

    2マナと手札コスト2枚で集団的蛮行を唱えます(あっ)
    2点ドレインします(稲妻のダメージが…)
    -2/-2です(大歓楽が…)
    手札のボロチャも捨ててください(…)

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2017/07/24(月) 23:08:09 ID:c1MTgzMTg

    あとはカラデシュの対抗色ミラ傷ランドも地味に大きい
    フェッチショックランドで3点自傷ってパターンが減ったから稲妻1枚分要求火力増えることもあるし、キルターン変わってくる
    まあ一番は蛮行だけど

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2017/07/25(火) 04:29:55 ID:YzMDU2MDA

    なるほどね
    安いバーンでモダンに参入しようと思ったけど
    バーンが復権するのは難しいのか

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2017/07/25(火) 05:45:55 ID:Y3MzI5NzI

    モダン参入するならエルフとかええんちゃう

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2017/07/25(火) 07:24:49 ID:EwNTYwODU

    goblinがいいかも

  30. [30] 名無しのイゼット団員 2017/07/25(火) 11:15:45 ID:I5NjEzNzY

    スタン/モダン/レガシーのチーム構築って、同じカード採用できるの?不屈の追跡者や吹きさらしの荒野とか

  31. [31] 名無しのイゼット団員 2017/07/25(火) 21:49:57 ID:k0NDIxMzY

    ※27
    今回なら4位、7位、9位のチームはモダンデッキがボロスバーン
    メタがかなり混沌としてるのがモダンの売りだから、極論だけどメタカード満載デッキに当たればどのデッキでも普通に詰むってのは変わらない
    そういう意味ではバーンは決して悪い選択肢じゃないと思うけどね
    なによりモダンは愛着が大事ですよ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。