SCGオープンinインディアナポリス:プレミアIQレガシーにてバーンが優勝、Nic-Fitが8位に

 

2015年6月20-21日、アメリカの大手MTG通販サイト「StarCityGames.com」の主催するOpen Seriesがインディアナ州インディアナポリスにて開催されました(イベントカバレージはこちらから)。優勝はスタンダード部門(Open Series)がEric Rill選手の赤緑ミッドレンジ(ドラゴン)、モダン部門(Premier IQ)がMat Bimonte選手の青黒赤デルバー、レガシー部門(Premier IQ)がAdam Minniear選手のバーンとなっています。

スタンダード(Open Series)

1st Place赤緑ミッドレンジ(ドラゴン)
プレイヤー:Eric Rill
2nd Place白黒赤ミッドレンジ(ドラゴン)
プレイヤー:Jamie Kelly
3rd Place白黒緑ミッドレンジ
プレイヤー:Raja Sulaiman
4th Place黒緑龍王
プレイヤー:Kent Ketter
5th Place白青緑英雄的
プレイヤー:Ziang Chen
6th Place緑単タッチ赤信心
プレイヤー:Chris Andersen
7th Place緑単タッチ白信心
プレイヤー:Corey Castelli
8th Place白黒赤ミッドレンジ(ドラゴン)
プレイヤー:Derek Monk
1位:赤緑ドラゴン プレイヤー:Eric Rill
6:《森/Forest》
5:《山/Mountain》
1:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《岩だらけの高地/Rugged Highlands》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
23 lands

2:《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》
28 creatures

4:《龍詞の咆哮/Draconic Roar》
3:《火口の爪/Crater’s Claws》
2:《焙り焼き/Roast》
9 other spells

1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
1:《双雷弾/Twin Bolt》
1:《乱撃斬/Wild Slash》
1:《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
2:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
2:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
2:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
2:《石弾の弾幕/Barrage of Boulders》
1:《焙り焼き/Roast》
15 sideboard cards

*4位:緑黒ドラゴン プレイヤー:Kent Ketter
2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
4:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《華やかな宮殿/Opulent Palace》
1:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
1:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
25 lands

4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
27 creatures

1:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
8 other spells

3:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《強迫/Duress》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

モダン(Premier IQ)

1st Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Mat Bimonte
2nd Place黒赤緑
プレイヤー:Mitch Blankenspoor
3rd Placeスケープシフト
プレイヤー:CJ Steele
4th Place青黒赤コントロール
プレイヤー:Jeremy Bush
5th Place黒赤緑
プレイヤー:Keir Haley
6th Placeトライバルズー
プレイヤー:Matt Ayers
7th Place呪禁オーラ
プレイヤー:Austin Bates
8th Place親和
プレイヤー:Tracy Loeffler
1位:グリクシスデルバー プレイヤー:Mat Bimonte
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1:《湿った墓/Watery Grave》
18 lands

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
14 creatures

1:《電解/Electrolyze》
1:《喉首狙い/Go for the Throat》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
2:《差し戻し/Remand》
1:《疑念の影/Shadow of Doubt》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
2:《終止/Terminate》
4:《思考掃き/Thought Scour》
3:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
28 other spells

2:《呪文滑り/Spellskite》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《剥奪/Deprive》
2:《払拭/Dispel》
1:《冬眠/Hibernation》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《否認/Negate》
1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
15 sideboard cards

*4位:グリクシスコントロール プレイヤー:Jeremy Bush
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
3:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《湿った墓/Watery Grave》
22 lands

3:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
9 creatures

4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《払拭/Dispel》
1:《電解/Electrolyze》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
1:《疑念の影/Shadow of Doubt》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
4:《終止/Terminate》
4:《思考掃き/Thought Scour》
4:《手練/Sleight of Hand》
29 other spells

4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《疑念の影/Shadow of Doubt》
2:《殺戮/Slay》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
15 sideboard cards

*6位:トライバルZoo プレイヤー:Matt Ayers
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

1:《極楽鳥/Birds of Paradise》
3:《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4:《野生のナカティル/Wild Nacatl》
4:《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
26 creatures

2:《バントの魔除け/Bant Charm》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《流刑への道/Path to Exile》
4:《部族の炎/Tribal Flames》
12 other spells

2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
1:《僧院の包囲/Monastery Siege》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《統一された意思/Unified Will》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
2:《未練ある魂/Lingering Souls》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

レガシー(Premier IQ)

1st Placeバーン
プレイヤー:Adam Minniear
2nd Placeデス&タックス
プレイヤー:Evan Smith
3rd Placeアドストーム
プレイヤー:Caleb Scherer
4th Place青赤緑デルバー
プレイヤー:Ben Wienburg
5th Placeマナレスドレッジ
プレイヤー:Dan Lashbrooke
6th Placeオムニ・テル
プレイヤー:Chris VanMeter
7th Place奇跡
プレイヤー:Jacob Coffey
8th Place黒赤緑ニックフィット
プレイヤー:Dan Mercer
1位:バーン プレイヤー:Adam Minniear
8:《山/Mountain》
3:《乾燥台地/Arid Mesa》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
21 lands

4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
12 creatures

3:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
4:《火炎破/Fireblast》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《発展の代価/Price of Progress》
4:《Chain Lightning》
4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
27 other spells

2:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
3:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》
4:《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
4:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
15 sideboard cards

*8位:ジャンドNic-Fit プレイヤー:Dan Mercer
3:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
2:《沼/Swamp》
1:《Badlands》
2:《Bayou》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
1:《Taiga》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1:《ヴォルラスの要塞/Volrath’s Stronghold》
23 lands

1:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
2:《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
1:《原始のタイタン/Primeval Titan》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《スラーグ牙/Thragtusk》
4:《老練の探険者/Veteran Explorer》
1:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1:《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
14 creatures

1:《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》
3:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3:《破滅的な行為/Pernicious Deed》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《罰する火/Punishing Fire》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
23 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《ドライアドの闘士/Dryad Militant》
2:《窒息/Choke》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2:《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《壌土からの生命/Life from the Loam》
1:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

10 コメント on SCGオープンinインディアナポリス:プレミアIQレガシーにてバーンが優勝、Nic-Fitが8位に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 13:33:36 ID:kzNzk3NDE

    龍王コラガン
    お前は今どこで戦っている…

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 14:19:45 ID:QzOTAzMzU

    バーンにデスタクにマナレスドレッジにジャンドニクフィ・・・
    青いねええええwww

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 14:25:44 ID:g3MjUyMzA

    赤緑ドラゴン最近見なかったけど優勝とはな。入賞ですらあんま見かけなかったのに、やるじゃん!

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 15:08:07 ID:gzMDY2ODY

    鞭無しで道探しかぁ…
    安息地考えてもスゴく悠長な気がするけど結果出してるんだなぁスゲェー。

    アレ…他の龍王デッキだとサイドにコラガンさん居たのに…(困惑)

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 16:28:44 ID:g3MjUxMDE

    コラガンさんはいろんな所で命令してるから…

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 17:23:13 ID:U0NjE3Mjg

    命令だけして自分は戦場に赴かないコラガンは上司の屑

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 19:50:28 ID:MxODMzNjY

    イスペリア、ラクドスポジになりつつあるコラガン
    FRFはまだ見かけるしギリギリセーフ!!!

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 19:58:04 ID:I3MjYxMjY

    このバーンのレシピ美しくて好き。
    自分が組むとサイドとかどうしても1枚積み多くなっちゃうんだよなぁ。

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2015/06/22(月) 21:42:48 ID:M5MTgzNjE

    バーンのレシピが男らしすぎる・・・

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2015/06/23(火) 08:17:30 ID:I0NjA5MjU

    別にマナレスって感じじゃないよね?
    レガシーの5th

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。