SCGオープンinコロンバス(モダン):優勝は白緑型のトロンを使用したTom Ross選手に

 

2016年11月12-13日、米TCGショップ「StarCityGames」主催のオープンシリーズ(モダン)がオハイオ州コロンバスにて開催されました(参加人数:822名)。優勝者は白緑トロンを使用したTom Ross選手となっています。

オープンシリーズ(モダン)

1st Place白緑トロン
プレイヤー:Tom Ross
2nd Placeドレッジ
プレイヤー:Matt Ayers
3rd Place親和
プレイヤー:Robert Cucunato
4th Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Kevin Jones
5th Placeバーン
プレイヤー:Ben Wienburg
6th Place白青緑エルドラージ
プレイヤー:Adam Fronsee
7th Place白青緑エルドラージ
プレイヤー:Dan Musser
8th Place黒赤緑
プレイヤー:Todd Anderson
1位:白緑トロン プレイヤー:Tom Ross
1:《森/Forest》
1:《低木林地/Brushland》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
3:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
19 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
2:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
7 creatures

4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
3:《忘却石/Oblivion Stone》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3:《流刑への道/Path to Exile》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》
34 other spells

2:《スラーグ牙/Thragtusk》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《神聖な協力/Blessed Alliance》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《貪欲な罠/Ravenous Trap》
3:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
15 sideboard cards

*12位:ジェスカイアグロ プレイヤー:Dan Jessup
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
19 lands

4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
20 creatures

4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《変異原性の成長/Mutagenic Growth》
1:《よじれた映像/Twisted Image》
4:《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
21 other spells

2:《はらわた撃ち/Gut Shot》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《粉々/Smash to Smithereens》
4:《呪文貫き/Spell Pierce》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

メタゲームブレークダウン

2日目進出者アーキタイプ分布

映像配信(Twitch)

1日目/2日目

クラシック(スタンダード)

1st Place白青フラッシュ
プレイヤー:Jack Kiefer
2nd Place白青フラッシュ
プレイヤー:Joshua Cho
3rd Place黒緑昂揚
プレイヤー:Bryan Carey
4th Place青黒ゾンビ
プレイヤー:Steve Rubin
5th Place白黒緑昂揚
プレイヤー:James Gibbs
6th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Chris Andersen
7th Place赤緑エネルギー
プレイヤー:Andrew Eales
8th Place青赤コントロール
プレイヤー:Andy Huynh
1位:白青フラッシュ プレイヤー:Jack Kiefer
7:《島/Island》
10:《平地/Plains》
4:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
25 lands

4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
20 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
4:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《革命的拒絶/Revolutionary Rebuff》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 other spells

2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
1:《否認/Negate》
2:《風への散乱/Scatter to the Winds》
2:《呪文萎れ/Spell Shrivel》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《断片化/Fragmentize》
15 sideboard cards

*5位:アブザン昂揚 プレイヤー:James Gibbs
4:《森/Forest》
3:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
3:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
25 lands

1:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《サリアの槍騎兵/Thalia’s Lancers》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
1:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
2:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
13 creatures

2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1:《発生の器/Vessel of Nascency》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《餌食/To the Slaughter》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《放埒/Live Fast》
1:《苦い真理/Painful Truths》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
23 other spells

1:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
1:《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《闇の救済/Dark Salvation》
2:《失われた遺産/Lost Legacy》
1:《過ぎ去った季節/Seasons Past》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

*8位:青赤コントロール プレイヤー:Andy Huynh
8:《島/Island》
6:《山/Mountain》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
3:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
25 lands

4:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
3:《氷の中の存在/Thing in the Ice》
2:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
9 creatures

1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《予期/Anticipate》
1:《本質の変転/Essence Flux》
4:《流電砲撃/Galvanic Bombardment》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《否認/Negate》
3:《風への散乱/Scatter to the Winds》
3:《即時却下/Summary Dismissal》
26 other spells

4:《村の伝書士/Village Messenger》
2:《稲妻織り/Weaver of Lightning》
4:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《即時却下/Summary Dismissal》
1:《光輝の炎/Radiant Flames》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place青黒赤緑デルバー
プレイヤー:Frank Skarren
2nd Place赤単スニークアタック
プレイヤー:Kasey Walton
3rd Place感染
プレイヤー:Joshua Collier
4th Place青赤デルバー
プレイヤー:Dalton Ozmun
5th Place青黒赤タッチ緑デルバー
プレイヤー:Noah Walker
6th Placeマーフォーク
プレイヤー:Kerrick Long
7th Placeアグロローム
プレイヤー:Dan Neeley
8th Place無色エルドラージ
プレイヤー:Ali Aintrazi
1位:4色デルバー プレイヤー:Frank Skarren
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
19 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
15 creatures

3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《思案/Ponder》
26 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
2:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1:《苦い真理/Painful Truths》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

*2位:赤単スニークアタック プレイヤー:Kasey Walton
9:《山/Mountain》
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《裏切り者の都/City of Traitors》
2:《鋭き砂岩/Sandstone Needle》
19 lands

2:《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》
2:《業火のタイタン/Inferno Titan》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2:《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
2:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
3:《グリセルブランド/Griselbrand》
15 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《血染めの月/Blood Moon》
4:《騙し討ち/Sneak Attack》
4:《煮えたぎる歌/Seething Song》
4:《裂け目の突破/Through the Breach》
26 other spells

3:《三なる宝球/Trinisphere》
1:《鋳塊かじり/Ingot Chewer》
2:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
2:《紅蓮術/Pyromancy》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。


29 コメント on SCGオープンinコロンバス(モダン):優勝は白緑型のトロンを使用したTom Ross選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 11:05:16 ID:MzMTcyMDA

    トロンって赤緑か青単かだと思ってた…

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 11:10:20 ID:UyNDU3OTI

    青白のけちトロンはドレッジのついでに墓地がメタられるからか見なくなったなぁ

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 11:13:02 ID:UyMjExMzQ

    レガシー1位の人の不毛の大地が土地じゃなくてスペルの枠に入ってますよ

  4. [4] タソガレ@管理人 2016/11/14(月) 11:15:55 ID:E4MTExNzM

    ※3
    修正させて頂きました、ご指摘ありがとうございます。

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 11:19:07 ID:gwMjExMjQ

    けちトロンは元々居ない気もする。確かに海外は日本に比べると居た気はするが、Owenとか。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 11:37:00 ID:QwNDYyNDU

    緑白トロンはちょいちょいいたけどね。白はパスとサイド後の安らかなる眠りが強い。神聖な協力も増呪で唱えやすく苦手な感染やバーンに対して効きそうでいいチョイスだね。

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 12:07:28 ID:AwNDYzNTU

    白緑トロンはアグロの流行を受けて増えてきた感じかな
    身近にも使い始めた人いる

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 12:19:11 ID:Y0MjQ4MDI

    トムロスのトロンか。感染用除去ハンドキープした対戦相手がウルザトロンセットしたと同時に絶望する光景が目に浮かぶわw

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 13:34:38 ID:E3MDMxNjQ

    トムロス「感染は強くなりすぎてつまらない」

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 14:30:54 ID:IwMzQ4MjA

    ドレッジ親和感染バーンに勝てるチューンしないと今のモダンは厳しいな
    この間の赤単といいそこらにしっかり対処出来るデッキは結果出せる

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 17:35:22 ID:MzMTYyODI

    ほんとモダンはアーキタイプ多くて楽しい

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 17:39:36 ID:gyMzc3NTM

    本当に今更な話だけど世界を壊すものがこれほど使われるとはなあ
    判明時には強いには強いけど構築では出番ないタイプだと思ってた

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 19:27:41 ID:AwMTc1ODE

    ジェスカイアグロの旧スタン+α感ほんとすき
    こういうデッキでカジュアルにモダンしたいなぁ俺もなぁ

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 19:44:22 ID:E4MjA4ODg

    感染に負けたくないというのがひしひしと感じるトロン

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 19:57:08 ID:MzMTcyMTA

    したいのならやりゃええやん、モダンは楽しいぞ(闇の誘惑

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 20:03:29 ID:g3MzI2MzU

    ドレッジの圧倒的に勝てそうで勝てない感じすこ

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 20:24:46 ID:gzMjg2ODU

    バーンのサイドのウェストヴェイルって何相手に入れるの?

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 20:38:30 ID:k5NTc5NzA

    モダン未経験なんだけど、新エムラってトロンに入らんのだろうか
    バーンや感染にある環境じゃ追いつけないのかな

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 20:56:58 ID:AwNDYwMzA

    ※17
    流石に同じWから始まる磨耗損耗の予測変換ミスじゃね

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 20:59:05 ID:g5NzU0MjM

    ※18
    一時期使ってたけどパスが効かないのはすごくよかった
    ただ安定して10マナ以下で出せないのが意外とネックで、1ターンの遅れが響くことが結構あった

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2016/11/14(月) 22:37:41 ID:gwMzE4MzI

    ※18
    コントロール系の青白トロンや青単トロンでよく採用されてるよ
    緑系のトロンで採用されにくいのはウラモグとか旧エムラ叩きつけた方が強いからじゃないかな…多分

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 00:42:55 ID:EzNjQyMDA

    スタンも新チャンドラ入りコントロールが8位なのも本当凄いし、何よりメインから即時却下3積みなのが尊敬する
    トップの人たちは考える事がすごいわ

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 00:43:43 ID:IxOTIwMTU

    tom ross強過ぎ、禁止しろ

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 03:25:02 ID:I1MDMwMTM

    つか、最近スニークショー減ってスニークアタックが増えてきてるイメージがあるんだが、気のせいかな?

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 04:40:30 ID:IxODQ1ODk

    ※12
    置物からミシュランまで幅広く処理できるうえに追放除去打たれなきゃ何度も戻ってくるからな
    唱えた時だから打ち消しにも強いし

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 08:22:17 ID:I1Mjc0MzA

    焼却の機械巨人入り赤単スニークもすごいと思う
    スニークにカード引かせたくないけど、トップ3枚落としてエムラとか世界棘落ちたらって考えると…

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 08:51:54 ID:I1MTg3ODA

    レガシーの怒涛のエルフはなにがあったんや?

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2016/11/15(火) 11:24:06 ID:I1Mjc3OTE

    反逆チャンドラは純正赤単バーン向けの能力だけど4マナと重いからスタンでは赤青カウンターバーンにしか居場所ないんだよなぁ

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2016/11/16(水) 02:06:16 ID:E1OTUwNTk

    モダン2位のドレッジ指導霊4積んでていよいよ加速してきてる

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。