Magic Story『解放』:捕らえられた三人を救うアジャニと、彼の意外な人物達との繋がり

 

日本時間の10月6日、マジック:ザ・ギャザリング公式サイトより背景世界記事であるMagic Story『解放が公開されました。

チャンドラ、ニッサ、オビアの3人が捕らえられるより半年前。神河次元のタミヨウ宅を訪れる一匹の影がありました。彼の名はアジャニ。レオニンにしてプレインズウォーカー。今、彼はある目的のためにカラデシュ次元にて活動しているようです。

あらすじ

六ヶ月前:
神河次元にある、タミヨウとその家族の住まい。レオニンのプレインズウォーカーであるアジャニは久々にその地を訪れていた。彼女の家族に迎えられ、一時の団欒を過ごすアジャニ。タミヨウは問いかける、エルズペスはどうしたのかと。彼女は来ない、アジャニは目を閉じて呟いた。

タミヨウとの食事の場。アジャニは新入りである鼠人の那至が彼女の家族に加わった経緯を聞かされる。テゼレットによる村への攻撃、恐怖による従僕の確保。彼はそこから逃げてきたのだった。おかしい、テゼレットは3年前に仲間に裏切られて死に、その亡き骸をニコル・ボーラスが回収していったはず――。

アジャニは神河で一ヶ月の時を過ごした。その間にタミヨウはイニストラードへと調査に出かけてしまう。そしてアジャニも那至の家族を殺したテゼレットを追うために準備を進めていた。あいつを殺すのか――那至にそう聞かれ、言葉に詰まるアジャニ。無意識にエルズペスの遺品である外套の匂いを嗅いでいると、その持ち主について問われた。アジャニは語る、彼女の物語と、それがテーロス中に広がり自分の手を離れるまでの経緯、そして彼女が本当に求めた「安寧」のことを。

現在:
アジャニはカラデシュ次元へと一人潜入していた。『おばあちゃん』として慕うオビアの家に入り込んだ領事府の調査員から彼女が罠にかかったことを知らされるアジャニ。彼女の使っていた香油の匂いを追っていると、突如背後から声がした。改革派の若き造命士、バハダールのエルフ、自称……『シャドウブレイド』。彼女はピアと待ち合わせていたらしいが、領事府に囚われたことを察していた。改革派の隠れ家へと向かう二人。そこでメンバーからピアがテゼレットに捕らえられ、オビア達が富裕層の多く住むクジャールへ向かったことを聞かされるのだった。

調査の結果、オビアらがドゥーンドにいることを突き止めたアジャニ。単独で敵地に乗り込もうとするアジャニにシャドウブレイドは敬意を込めて彼の暗号名を尋ねる。アジャニは自らを『白猫』と名乗りフードを脱ぐと、彼女は本名であるヴァッティを名乗り返した。匂いを追い、地下に潜り、道を駆け――たどり着いたのは小さな部屋。その隅にあった小窓を弱々しい手が叩き、そして滑り落ちていった。理由は分からないが、周囲の奴らは中の人々を苦しめて殺そうとしている。アジャニが飛び出すのにそれ以上の理由はいらなかった。警備員を気絶させ、扉をこじ開けるアジャニ。オビア、チャンドラ、ニッサ、その全員が無事だった。毒への耐性があるニッサ以外の2人に浄化魔法をかけ、脱出しようと立ち上がる4人。警備員が目を覚まし、アジャニに問いかける、私を殺さないのかと。彼は答えた、殺さない――もう誰も。

用語解説

%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%8b

アジャニ/Ajani[レオニン、プレインズウォーカー]
アラーラ次元の断片の一つであるナヤ出身のプレインズウォーカー。何者かによって群れの王にして兄であるジャザルが殺害され、ショックから覚醒。仇を追い続け、最終的には真の黒幕であったニコル・ボーラスをも退ける。その後は戦いの最中で親睦を深めたエルズペスを探してテーロス次元を訪れ、再会。テーロスに起こった騒乱を収めるため、彼女と共に様々な試練を乗り越えてゆくのだが……。

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88ナーセット/Narset[人間、プレインズウォーカー]
タルキール次元出身のプレインズウォーカー。武術の達人にしてジェスカイ道……ではなくオジュタイ氏族の敬虔な学徒。歴史改変後のタルキールにおける「真の歴史」を記した巻物を読んだ際に灯が覚醒するも、しばらくは次元を渡らず故郷での研究活動に専念していた。どうやら現在はアジャニやタミヨウとも面識がある模様。

%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%ba%e3%83%9a%e3%82%b9エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel[人間、プレインズウォーカー]
とある次元出身のプレインズウォーカー。覚醒後はアラーラ次元の断片であるバントにおいて多くの武勲を立てた騎士となるが、アジャニとの出会い、そしてアラーラに起こった「衝合」によって彼女の生活は一変する。黒幕ニコル・ボーラスの撤退後は故郷と同じくファイレクシアの侵攻を受けていたミラディンへと赴き次元を救うために活動するも、汚染は取り返しのつかない所まで進んでおり、仲間のコスを一人残して撤退を余儀なくされる。そして流れ着いたテーロス次元においても彼女は安寧を得ることはなく、神ヘリオッドから英雄へと仕立て上げられ、その果てに彼の怒りを買い殺害されてしまう。だがテーロスでの死は他の次元での死とは性質の異なるものであり、彼女は今でも神エレボスの管理する死の国の奥底に存在し続けている。

関連リンク

ストーリー / 次元:カラデシュ
ストーリー / 次元:神河
ストーリー / 次元:タルキール
ストーリー / 次元:アラーラ
ストーリー / 次元:新ファイレクシア
ストーリー / 次元:テーロス
『カラデシュ』のマジック・ストーリー一覧

ソース

解放 – MTG米公式サイト

56 コメント on Magic Story『解放』:捕らえられた三人を救うアジャニと、彼の意外な人物達との繋がり

  1. [51] イゼットの時術師 2016/10/07(金) 11:51:37 ID:UxMTg4NTA

    なおソース。
    http://mtg-jp.com/reading/translated/ur/0014856/

    http://mtg-jp.com/reading/translated/ur/0015523/

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2016/10/07(金) 19:05:03 ID:UxMjQxODc

    おばあちゃん
    おばあちゃん
    オビアちゃん・・・!

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/10/07(金) 19:55:08 ID:M2NTk1MzI

    もうあらすじ書いてくれないのか残念
    本文長いからあれ見て読みにいく価値があるか判断してたのに

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2016/10/07(金) 23:22:00 ID:Q5MzYzMjc

    ※43 みたいな自分の妄想をさも公式の事実みたいに語るやつってなんなん?
     思いっきり間違ってるし。

  5. [55] タソガレ@管理人 2016/10/08(土) 01:12:20 ID:g5ODYwNzE

    ※53
    現在作成中でございます。今しばらくお待ち下さいませ。

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2016/10/08(土) 02:17:54 ID:YzNDY3NDk

    ※51
    今読み直すといろいろ発見があるね。サルカンとボーラスの因縁は完全になくなったわけじゃないから、サルカンはアモンケットで出てくる可能性があるのかな。アジャニやナーセットともつながりがあるし。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。