SCGオープンinコロンバス(スタンダード):赤緑ランプが優勝 バントカンパニーが一大勢力に

 

アメリカの大手MTGショップ「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(スタンダード)がオハイオ州コロンバスにて開催されました。優勝は赤緑ランプを使用したJoshua Dickerson選手となっています。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place赤緑ランプ
プレイヤー:Joshua Dickerson
2nd Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Daniel Fournier
3rd Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Andrew Elenbogen
4th Place青赤ライブラリーアウト
プレイヤー:Noah Walker
5th Place白単人間
プレイヤー:Tom Ross
6th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Phillip Fortner
7th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Zachary Helfer
8th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Ray Huang
1位:赤緑ランプ プレイヤー:Joshua Dickerson
12:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
1:《荒地/Wastes》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
25 lands

4:《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
4:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
12 creatures

3:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
4:《ニッサの復興/Nissa’s Renewal》
23 other spells

4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《翼切り/Clip Wings》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
3:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
15 sideboard cards

*3位:バントカンパニー プレイヤー:Andrew Elenbogen
4:《森/Forest》
6:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
25 lands

4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
3:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
27 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
8 other spells

2:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《フェリダーの仔/Felidar Cub》
2:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
4:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《否認/Negate》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 sideboard cards

*4位:青赤ライブラリーアウト プレイヤー:Noah Walker
6:《島/Island》
6:《山/Mountain》
3:《溺墓の寺院/Drownyard Temple》
3:《高地の湖/Highland Lake》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
26 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4 creatures

3:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《スフィンクスの後見/Sphinx’s Tutelage》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
3:《癇しゃく/Fiery Temper》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《稲妻の斧/Lightning Axe》
2:《眠りへの誘い/Send to Sleep》
4:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
3:《マグマの洞察力/Magmatic Insight》
4:《苦しめる声/Tormenting Voice》
30 other spells

4:《氷の中の存在/Thing in the Ice》
3:《熱病の幻視/Fevered Visions》
2:《払拭/Dispel》
1:《ただの風/Just the Wind》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《否認/Negate》
1:《眠りへの誘い/Send to Sleep》
15 sideboard cards

*5位:白単人間 プレイヤー:Tom Ross
18:《平地/Plains》
18 lands

3:《勇者の選定師/Anointer of Champions》
2:《領事補佐官/Consul’s Lieutenant》
4:《ドラゴンを狩る者/Dragon Hunter》
4:《探検隊の特使/Expedition Envoy》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《町のゴシップ屋/Town Gossipmonger》
3:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
32 creatures

4:《永遠の見守り/Always Watching》
2:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》
10 other spells

4:《ハンウィアーの民兵隊長/Hanweir Militia Captain》
2:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
2:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
3:《絹包み/Silkwrap》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Place赤緑タッチ白ズー
プレイヤー:Charles Porges
2nd Placeランタンコントロール
プレイヤー:Brock Logan
3rd Place白黒緑カンパニー
プレイヤー:Peter Ingram
4th Placeバーン
プレイヤー:Ross Merriam
5th Placeエルフ
プレイヤー:Jay Smith
6th Place白青赤ソプターコントロール
プレイヤー:David Buccelli
7th Placeスケープシフト(《タルモゴイフ》型)
プレイヤー:Ed Demicco
8th Place白黒赤メンター
プレイヤー:Joe Jancuk
1位:ナヤズー プレイヤー:Charles Porges
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》
4:《実験体/Experiment One》
4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4:《密林の猿人/Kird Ape》
4:《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4:《野生のナカティル/Wild Nacatl》
28 creatures

3:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《壊滅的な召喚/Devastating Summons》
12 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《溶鉄の雨/Molten Rain》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
15 sideboard cards

*6位:ジェスカイソプターコントロール プレイヤー:David Buccelli
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
4:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
24 lands

4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
5 creatures

1:《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
1:《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《弱者の剣/Sword of the Meek》
3:《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《差し戻し/Remand》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》
4:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
31 other spells

2:《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1:《斑岩の節/Porphyry Nodes》
2:《太陽と月の輪/Wheel of Sun and Moon》
2:《天界のほとばしり/Celestial Flare》
1:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》
2:《汚損破/Vandalblast》
15 sideboard cards

*7位:タルモシフト プレイヤー:Ed Demicco
2:《森/Forest》
3:《島/Island》
2:《山/Mountain》
3:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《溢れかえる果樹園/Flooded Grove》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
25 lands

4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
14 creatures

4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《電解/Electrolyze》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《差し戻し/Remand》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
21 other spells

1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
4:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
2:《払拭/Dispel》
1:《はらわた撃ち/Gut Shot》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《自然のままに/Natural State》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《龍爪のスーラク/Surrak Dragonclaw》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
15 sideboard cards

*8位:マルドゥメンター プレイヤー:Joe Jancuk
1:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
2:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《鋭い突端/Needle Spires》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《大天使の霊堂/Vault of the Archangel》
23 lands

4:《闇の腹心/Dark Confidant》
3:《僧院の導師/Monastery Mentor》
4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
11 creatures

3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《盲信的迫害/Zealous Persecution》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《未練ある魂/Lingering Souls》
2:《苦い真理/Painful Truths》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
26 other spells

2:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《はじける破滅/Crackling Doom》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
2:《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》
2:《滅び/Damnation》
1:《強迫/Duress》
1:《苦い真理/Painful Truths》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Brian Coval
2nd Placeベルチャー
プレイヤー:Josh Everly
3rd Place青赤デルバー(《嵐追いの魔道士》型)
プレイヤー:Dalton Ozmun
4th Placeエルドラージ
プレイヤー:Aaron Sorrells
5th Place青赤緑デルバー
プレイヤー:Jacob Ross
6th Placeスニーク・ショー
プレイヤー:Tim Ealey
7th Placeストーム
プレイヤー:Patrick Tierney
8th Place白黒緑タッチ赤
プレイヤー:Dan Neeley
1位:グリクシスデルバー プレイヤー:Brian Coval
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
3:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
28 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《悪意の大梟/Baleful Strix》
1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《暗黒破/Darkblast》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《侵襲手術/Invasive Surgery》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《苦い真理/Painful Truths》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。


25 コメント on SCGオープンinコロンバス(スタンダード):赤緑ランプが優勝 バントカンパニーが一大勢力に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 12:50:20 ID:Y0ODQ5NjE

    メインに横枝と復興4積みランプって凄いな
    アグロに対する殺意が見える

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 12:50:46 ID:kxODEzMTE

    やっぱランプが最高や!

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 12:55:44 ID:kyMDMyNTk

    環境的に全体除去をガン済みできる分ランプが有利なんかね。

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 13:00:18 ID:UyNDUxNTA

    タルモがモダン上位にいるのは久しぶりな気がする

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 13:03:48 ID:U0MjI5MTc

    人間はエルドラージに駆逐される運命だった

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 13:23:03 ID:E3NTc0NzQ

    レガシーでトップ8にミラクルが居ない……だと……?
    やっぱエルドラージがはばきかせ始めたからか?

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 13:24:18 ID:Y5NDMzNDI

    チャンドラ様の爆上がりが止まらない

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 13:58:57 ID:kwODAzNTg

    ※5
    やっぱりエルドラージは宇宙の代謝じゃないか(ウギン並感)

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 14:11:31 ID:U0MTM3ODY

    スタンで黒が息してない……
    あと、モダンもいろいろなデッキが上位入賞するようになったね。今はアグロ寄りのが若干多い気がするけど

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 14:44:34 ID:UyNDUxNDk

    チャンドラは「サイがいなくなれば強い」と言われてきたが、まさしくその通りだな。

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 14:59:42 ID:Y0ODYxOTg

    民兵隊長、パッとしないと思ってたけどしょっちゅうサイドにいるな。どういう用途なんだろう

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 15:08:37 ID:kwODAwNzM

    今更ながら、ニッサの力で回るエルドラージランプとか皮肉だなぁ

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 15:55:37 ID:gwODgwMTc

    カンパニーほんと嫌いさっさと消えろ

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 16:23:16 ID:Y2MTQ4MTU

    ※9
    白黒ミッドレンジはそこそこ活躍してるぞ
    前評判が高かった黒赤マッドネスは全くダメダメだったけどな!

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 16:25:57 ID:UyNTE4MTg

    ※11 ウィニー、カンパニー相手じゃない?地上止めて一方的に殴れるようになるし

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 16:27:32 ID:Q4ODQ1Njc

    ※6
    レガシーでtop8に奇跡がいない事なんて今までも何回もあっただろ。
    酷い時はエルフが1〜4位まで独占とか。
    しかも奇跡はエルドラージに言うほど不利じゃない。ショーテル相手のがよっぽどキツイ。

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 16:33:50 ID:kwODAwMzI

    ランプ使いの俺歓喜。エルドラージ以外をフィニッシャーにした構築も入賞してほしい。

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 17:33:52 ID:Y0ODQ5NTI

    このランプに2マナ圏のブースト一切いれてない理由がすごく気になる
    マナクリはリターンと相性悪いからだとして、残された廃墟が入らないのは安定しない&4ターン目復興5ターン目ウラモグしたところでカンパニーには勝てないからですかね?

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 19:50:01 ID:g4NzU0NzU

    廃墟使うなら緑無色のみぐらいしないと使う気すらしない。加えてそこまでデッキ歪めてまで使いたくない

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 20:42:49 ID:U1Nzk5ODg

    ※13
    この調子だとガン対策されて入賞はするものの優勝は取れない状態が続きそう
    今強いのも前環境から引き続き使われて完成度が高いからだし

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 21:31:54 ID:g1Njg3Mjc

    廃墟はウルヴェンワルド横断とかと合わせないと未開地ではテンポロスとどっこいになってしまう。
    加えて横断使うなら昂揚も考えないと弱いから、誓い4とかインスタント枠に歪める嘆きとかも必要になる。
    要はデッキが歪む。カンパニーに勝てない理由って?アヴァシン構えられてる状況でも無ければチャンドラ1枚で有利になるけど。

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2016/04/18(月) 23:15:25 ID:Y3MTI3MzQ

    しっかしランプ綺麗なリストだなあ

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2016/04/19(火) 16:11:54 ID:g3MTAwNDk

    12位にいたナヒリ4積みのナヤミッドレンジも気になった

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2016/04/19(火) 17:47:49 ID:YwODQxNDU

    というかアタルカ不採用なのか
    いろいろ勉強になるレシピだなあ

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2016/04/19(火) 19:56:57 ID:ExOTM1MjI

    白単人間はジプシーがたくさん使ってそうなイメージ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。