GPオークランド2016(スタンダード):優勝は白青黒緑ラリーを使用したReid Duke選手に

 

2016年1月9-10日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・オークランド2016。優勝は白青黒緑ラリーを使用したReid Duke選手、準優勝はアブザンブルーを使用したBen Rubin選手となりました。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Reid Duke
2nd Place白黒緑タッチ青
プレイヤー:Ben Rubin
3rd Place赤単タッチ緑アグロ
プレイヤー:Woodrow Engle
4th Place白黒赤ソプター
プレイヤー:Cody Lingelbach
5th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Josh McClain
6th Place黒赤ドラゴン
プレイヤー:Justin Nguyen
7th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Brett Sinclair
8th Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Nathaniel Smith

トップ8選手プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:4色ラリー プレイヤー:Reid Duke
1:《平地/Plains》
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
24 lands

4:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
2:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
1:《肉袋の匪賊/Fleshbag Marauder》
1:《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
28 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》
8 other spells

4:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《強迫/Duress》
2:《払拭/Dispel》
15 sideboard cards

2位:アブザンブルー プレイヤー:Ben Rubin
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
29 lands

2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
3:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
20 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《強迫/Duress》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《頑固な否認/Stubborn Denial》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
15 other spells

1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《苦い真理/Painful Truths》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
2:《影響力の行使/Exert Influence》
2:《湧き上がる瘴気/Rising Miasma》
2:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
15 sideboard cards

3位:アタルカレッド プレイヤー:Woodrow Engle
1:《森/Forest》
8:《山/Mountain》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
22 lands

4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
1:《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
3:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
12 creatures

3:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
3:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
4:《タイタンの力/Titan’s Strength》
4:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
4:《強大化/Become Immense》
3:《乱撃斬/Wild Slash》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
1:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
26 other spells

3:《引き裂く流弾/Rending Volley》
2:《沸き立つ大地/Boiling Earth》
2:《反逆の行動/Act of Treason》
2:《わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》
2:《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
2:《焙り焼き/Roast》
2:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》
15 sideboard cards

4位:マルドゥソプター プレイヤー:Cody Lingelbach
2:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
2:《遊牧民の前哨地/Nomad Outpost》
2:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
25 lands

4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《飛行機械技師/Thopter Engineer》
3:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《嵐の憤怒、コラガン/Kolaghan, the Storm’s Fury》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
17 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
3:《乱撃斬/Wild Slash》
2:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《絹包み/Silkwrap》
18 other spells

1:《完全なる終わり/Utter End》
2:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2:《焙り焼き/Roast》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《強迫/Duress》
2:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
15 sideboard cards

5位:4色ラリー プレイヤー:Josh McClain
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《平地/Plains》
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《島/Island》
24 lands

4:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
28 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》
8 other spells

3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
4:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《払拭/Dispel》
2:《強迫/Duress》
1:《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
15 sideboard cards

6位:赤黒ドラゴン プレイヤー:Justin Nguyen
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
8:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
25 lands

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix》
4:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》
4:《嵐の憤怒、コラガン/Kolaghan, the Storm’s Fury》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
1:《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix》
18 creatures

4:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
2:《焙り焼き/Roast》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《龍詞の咆哮/Draconic Roar》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
17 other spells

2:《焙り焼き/Roast》
2:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《強迫/Duress》
4:《精神背信/Transgress the Mind》
4:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

7位:4色ラリー プレイヤー:Brett Sinclair
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
24 lands

4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
4:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
4:《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
4:《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《シディシの信者/Sidisi’s Faithful》
28 creatures

4:《先祖の結集/Rally the Ancestors》
4:《集合した中隊/Collected Company》
8 other spells

3:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《払拭/Dispel》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《肉袋の匪賊/Fleshbag Marauder》
1:《無慈悲な処刑人/Merciless Executioner》
4:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
15 sideboard cards

8位:アブザンアグロ プレイヤー:Nathaniel Smith
4:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《森/Forest》
3:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
26 lands

4:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
18 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《絹包み/Silkwrap》
16 other spells

3:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
4:《強迫/Duress》
3:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

ソース

GRAND PRIX OAKLAND 2016 – 米MTG公式サイト
二日目進出デッキ・トップ100アーキタイプ – 米MTG公式サイト

17 コメント on GPオークランド2016(スタンダード):優勝は白青黒緑ラリーを使用したReid Duke選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 15:52:34 ID:c3NzcyNDY

    嵐の憤怒、コラガン4枚とはこれまた

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 16:11:54 ID:E1MDY0NjM

    61枚は割とあるけど64枚とは珍しい
    ソプターは青入れない構築が目から鱗
    トップ8以下だと19位のエンチャコン20位のキブラーホワイトティムールドラゴンが斬新

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 16:35:18 ID:M1ODk5Nzc

    ラリってんな〜

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 16:52:31 ID:I4NzQ1NTU

    今の環境ほんと色んなデッキが上位に来てて楽しいね

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 18:44:13 ID:QwNzUxNTE

    とりあえず、フェッチ様々だな。フェッチと相性のいいバトランが加わって、難しかった4色も組めるようになったし。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 19:12:29 ID:E2MjU2NDk

    この多色環境にゲートウォッチの無色陣が加わってどうなるかが楽しみ
    今いる上位メタにすんなり入らないってのが面白いわ

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 21:11:35 ID:IwMzgzMzk

    64枚とはたまげたなぁ…

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 22:13:03 ID:M0ODU0MDU

    やRDN1

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/01/11(月) 22:14:13 ID:A5MzQ1NTA

    シルバーバレットがある訳でもないよな

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 04:02:44 ID:IzODM2MDc

    追放蔓延でラリーはどうなるのか気になるな

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 04:56:33 ID:Y0MDUzOTA

    追放蔓延はハスクが戦場にいると墓地に逃げられてしまうから単体で使ってもあんま効果無い。

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 05:01:33 ID:UzNDE1ODU

    ベンルーピンのデッキ64枚とか天才か
    ずっと悩んでた4色デッキのマナ基盤の答えがここにあった

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 06:28:44 ID:Q5MzUzMjY

    確かにフェッチ16枚体制にもなると64枚で全然問題ないな
    キーカード引く確率はほぼ変わってないだろうし

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 08:30:31 ID:Q3NDcxNjY

    未開地まで入れて基本地形をギリまで詰めるのが流行ってるのかな?
    てか6位のコラガン4枚投入は始めて見たよw

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 08:47:33 ID:I3ODMwNTI

    コラガンは歩く火力だったのか・・・

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 17:48:55 ID:AwMjQ5NjQ

    スゥルタイが活躍してる…
    こんなに嬉しいことはない(錯乱

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2016/01/12(火) 19:34:01 ID:U2Nzk4NTU

    コラガン4枚は序盤咆哮をボーナス込みでキャストしたいのとトークン戦術と相性がいいからかな。サルカンと散らしてもいいような気もするけど。

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。