[モダン]《魔術師の稲妻》を採用した青赤果敢ウィザードデッキがMO競技リーグにて5-0 | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

[モダン]《魔術師の稲妻》を採用した青赤果敢ウィザードデッキがMO競技リーグにて5-0

6月12日公開のMO競技リーグ5-0デッキ一覧より、《魔術師の稲妻》を採用した青赤果敢ウィザードのご紹介です。

『ドミナリア』にて登場した、ウィザードをコントロールすることで性能が《稲妻》へと変化する火力呪文《魔術師の稲妻》。今回のリストは従来の優秀な果敢クリーチャーの多くがウィザードであることを生かし、同一ターン中に素早く高打点を叩き出す構成に仕上がっています。

デッキリスト

5-0:青赤果敢ウィザード プレイヤー:CoffeeHouseRyan
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
3:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
4:《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
16 creatures

3:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《炎の斬りつけ/Flame Slash》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《手練/Sleight of Hand》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《選択/Opt》
4:《魔術師の稲妻/Wizard’s Lightning》
26 other spells

2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《払拭/Dispel》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1:《焙り焼き/Roast》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《統一された意思/Unified Will》
2:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
15 sideboard cards

間違いなく最強のウィザードである《瞬唱の魔道士》に加え、《損魂魔道士》《嵐追いの魔道士》という三人の魔道士を揃えた本リスト。《僧院の速槍》のみウィザードではありませんが、優秀な果敢枠ということで採用しない手はありません。大量のキャントリップ呪文を連鎖させ、手札を切らすことなく打点を底上げしていきます。

スタンダードでも活躍する《損魂魔道士》は、《タルモゴイフ》や《グルマグのアンコウ》が跋扈するモダン環境においても頼りになるクリーチャーですね。

その他の注目カード

ソース

COMPETITIVE MODERN CONSTRUCTED LEAGUE – マジック米公式サイト

2 コメント on [モダン]《魔術師の稲妻》を採用した青赤果敢ウィザードデッキがMO競技リーグにて5-0

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2018/06/16(土) 12:50:51 ID:A5NjE0MzM

    ヴォーソス先輩ニキ達の考え方や知らなかった公式設定が知れてよかった
    ありがとう……ありがとう……それ以外の言葉が見つからない

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2018/06/16(土) 16:04:02 ID:I5ODEyMjg

    ※100
    確かにそうだわ…
    つまり霊気を原油とするとマナがガソリンで
    ガソリンに当たる成分をマナ(多元宇宙の真理)とは理解してないけど
    とても強力な燃料として理解できるようになったのがカラデシュか…
    原子力を知った1940年代アメリカみたいな感じだ
    ※101
    特に魔法関係の話はオススメできる面白さ
    「FFとかドラクエのサンダーやメラもマナで構成されていて
     あの世界の術者は魔力だの精霊ルビスの加護だの言ってるけど
     その次元の神ですら知らないマナとその性質を、PWだけ知っている」
    例えはあれだけど、多元宇宙の設定的にこう言ってるのにも等しい

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。