GPサンタクララ2018(チーム構築戦):優勝はHo選手・Martin選手・Frye選手チームに

1月6-7日、アメリカ合衆国・サンタクララで3人チーム構築戦にて行われたグランプリ・サンタクララ2018(参加者数:494チーム)。優勝はWilliam Ho選手・John Martin選手・ Jeremy Frye選手チームとなりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ4チーム

1st PlaceWilliam Ho – John Martin – Jeremy Frye
4色エネルギー – ドレッジ – グリクシスデルバー
2nd PlaceLogan Nettles – Vidianto Wijaya – Jonathan Anghelescu
ティムールエネルギー  白青コントロール  スニーク・ショー
3rd PlaceIsaac Sears – Dan Mabee – Galan Falakfarsa 
4色エネルギー  マルドゥパイロマンサー  ターボデプス
4th PlaceJoe Demestrio – Nathan Holiday – Ricky Sidher
ティムールエネルギー  ジャンドシャドウ  4色コントロール

※トップ4チームのプロフィールはこちらから。
※表記はスタンダード – モダン – レガシーの順

優勝チームデッキリスト

4色エネルギー プレイヤー:William Ho
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《山/Mountain》
2:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
3:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
23 lands

4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
3:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
2:《スカラベの神/The Scarab God》
21 creatures

2:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
3:《削剥/Abrade》
1:《本質の散乱/Essence Scatter》
16 other spells

2:《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition》
4:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《慮外な押収/Confiscation Coup》
4:《否認/Negate》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》
3:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
15 sideboard cards

ドレッジ プレイヤー:John Martin
3:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
1:《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
3:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
2:《山/Mountain》
20 lands

4:《恐血鬼/Bloodghast》
2:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
22 creatures

4:《安堵の再会/Cathartic Reunion》
4:《壌土からの生命/Life from the Loam》
3:《燃焼/Conflagrate》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《暗黒破/Darkblast》
1:《農民の結集/Rally the Peasants》
18 other spells

2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《稲妻の斧/Lightning Axe》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

グリクシスデルバー プレイヤー:Jeremy Frye
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
1:《Badlands》
4:《不毛の大地/Wasteland》
1:《Tropical Island》
18 lands

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
1:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
14 creatures

4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《思案/Ponder》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《目くらまし/Daze》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《削剥/Abrade》
28 other spells

1:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
15 sideboard cards

デッキリスト

トップ4チーム

映像配信(Twitch)

1日目/2日目

ソース

GRANDPRIX SANTA CLARA 2018 – マジック米公式サイト


69 コメント on GPサンタクララ2018(チーム構築戦):優勝はHo選手・Martin選手・Frye選手チームに

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 15:06:21 ID:kzODQ1MjU

    それエネルギーが相手のエネルギーを取り込むために使われて終わると思うんですけど
    干渉される手段が限られてるってだけでシステム的に相当有利だよねエネルギー

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 15:19:31 ID:kzNzYwMzA

    対策が難しいからこそ、相克ではエネルギーが使えないかつ強力なカード、もしくは厳粛の強化版が期待されていたのに、どっちもないという

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 16:20:15 ID:M3MTMxODA

    ※50
    対策カードはトップメタが同族対策に先置きして蓋するだけって遊戯王が言ってた(虚無空間並感)

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 16:20:20 ID:UzOTgwNDI

    エネルギー関係なく十分な性能のカードが多数出れば今の固定枠が多いエネルギーは減るか黒緑みたいにアーキに合わせて分裂するよ

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 16:46:14 ID:YyODU0NzE

    4cエネ側が、1ターン目調和、2ターン目導路、3ターン目つむじ風でエネルギー貯めてる間に、
    こちらは手札を増やしてボードアドバンテージが得られるか、もしくは、いったん着地されたら相手は取り返しの付かなくなるようなカードを着地させるとかできたら良いんだけどな。それに相当するカードがない
    昔のコントロールは、浸透者とか、それに該当するカードがあったから強かった
    プロツアーカラデシュのヤソコンも3ターン目はドローに当ててたし
    相克環境だと、軍団の上陸に、執着的探訪を運良く付けることができたとしても、導路で止められるから、2ターン目からハンドアドバンテージを稼ぐのは容易じゃない
    3ターン目に凶兆艦隊の向こう見ずで相手墓地の調和や強迫を唱えて、やっと1枚分のアドを稼げる程度かな?

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 17:00:26 ID:M5NzM3NTA

    付け加えるならならず者はかなり縁の下の力持ちポジで強い
    キャントリにエネルギーついてそこそこ殴れるスペックで序盤中盤隙が無いし
    それこそコントロールのフィンケルポジまでエネルギーがかっさらっていってるようなもん

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 17:06:46 ID:UzOTcxNDE

    ティムールエネルギー使うのたのちぃ(^^)

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 17:09:53 ID:gwNzc4NTU

    263] 名無しのイゼット団員 2018/01/06(土) 16:37:36 ID:M1NTk3NDI
    どうせ自分で強いカード見つけられんのでしょう。自分はこの4日間プロキシ回しまくって解答を得たわ。少なくともエネルギー系は潰せる。

    相克のカードでエネルギー系デッキ潰せるらしいから(具体的にどのカードかは不明)環境変わるな!

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 17:53:53 ID:g1Mzk5OTI

    前半対処しても後半簡単に巻き返せるEが増えた結果イクサランのメインである共通タイプのクリーチャーを並べるミッド寄りの戦略をとる部族は産廃化して、
    対抗デッキは早い赤墓地利用ギフト、特殊勝利と避ける事しか出来なくなったね
    普通にミッド戦やるならミラーか除去の黒必須っていう

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 18:13:07 ID:gyNzE2NzM

    エネルギー系を潰すためにエネルギーメタに特化したエネルギーデッキ組むんでしょ

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 18:52:43 ID:M0NjU1OTY

    備蓄品は除去をバカみたいに積んでるし地道にだけど無尽蔵にアド取って勝つ除去コントロールみたいなもんだからブリンガー入ってない4c相手には普通に有利、ティムールと赤単には除去の採用枚数次第とはいえ自分のチューンだと微有利くらいはついてる
    …ギフトは最速で動かれると勝てないし青くないコントロールってメイン構造上副陽は土下座するけど

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 20:52:49 ID:c5MzYwODU

    たしかに、ならず者も地味におかしなバランスだよなぁ
    他の人が言ってるように2エネでカード0.5枚って、ほんとそれくらい価値あるからさ
    調和、導路、ならず者で、相手が6エネでクリーチャー2体なら、こちらは3ターン目までに2ドローはしとかないと対抗できない
    1ターン目に暗黒の儀式から惑乱の死霊を出して、2ターン3ターンと2枚ハンデスさせて、それでも手札二枚で死霊を召喚したこっちがまだ苦しいかも?くらいの計算。巨匠のトークンで死霊止まるし
    妄想ですら勝てる気しない(´;ω;`)

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 21:10:09 ID:YyNzUxODc

    エネルギーのアド差をなんとかしようとすれば必然的にラスが回答になるわけだけど、青白だとサイド後否認で辛いから、白黒系のアプローチとかならデュレスで否認ケアできるし悪くないかな。赤単、エネルギー、コントロールに時々マーフォークや吸血鬼って感じでうまい具合にメタが回ってくれるといいんだけど

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 21:44:59 ID:c5MzY3MDA

    MOの競技リーグでエネルギーデッキを倒しまくってる日本人のエスパーコントロール使いがいるよ

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 22:37:42 ID:E0NDI3NzE

    >>58
    教えて^~

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 23:13:12 ID:UzOTgwNDI

    突っ込みどころ満載だけど取り敢えずなんでこっちは1ターン目以外呪文使わないんですかね(困惑)

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 04:54:33 ID:E0OTA2Mzg

    4Cは確かにパターン化してるけどカードゲームしてるから嫌いじゃない。むしろバンカンとかガチャみたいなとりあえずコレ撃てば勝てる系じゃないから良いよ。

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 14:21:32 ID:IxMjM1MDc

    あり得るとしたらやっぱ副陽系なんじゃないかなぁ。メイン勝率はかなりいいし、サイド後に否認が飛んでくるのがもうわかってるなら自分も否認対策しておけばいいわけで。

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 20:32:48 ID:gwNjM2NjA

    青白アプローチと青黒両方触って思ったのは、青白は否認辛いけど青黒は(青白ほどは)否認辛くないってことだったな。青白だと除去がラスとラスパスだから否認構えやすいんだけど、青黒だと除去が軽いプッシュやエンド時に撃てる侮辱、ほかは基本打ち消すから否認構えづらくなる。来期のコントロールはその辺が課題な気がしてきた。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。