[スタンダード]《軍団の上陸》と新ヴラスカを採用したアブザントークンがMO競技リーグで5-0

10月3日公開のMO競技リーグ5-0デッキ一覧より、新たに《軍団の上陸》と《秘宝探究者、ヴラスカ》を採用したアブザントークンデッキをご紹介させていただきます。

Sam Black選手がプロツアー『アモンケット』に持ち込み一躍話題となったアーキタイプが『イクサラン』仕様になって再登場。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》や《ウェストヴェイルの修道院》などローテーションにより失われたものも大きいですが、得たものも決して小さくはなかったようです。

デッキリスト

5-0:アブザントークン プレイヤー:zidaneen
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《森/Forest》
4:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
6:《平地/Plains》
2:《シェフェトの砂丘/Shefet Dunes》
2:《沼/Swamp》
23 lands

4:《選定の司祭/Anointer Priest》
1:《陽光鞭の勇者/Sunscourge Champion》
5 creatures

1:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
1:《バントゥ最後の算段/Bontu’s Last Reckoning》
4:《燻蒸/Fumigate》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《改革派の地図/Renegade Map》
4:《選定された行進/Anointed Procession》
4:《排斥/Cast Out》
4:《秘密の備蓄品/Hidden Stockpile》
4:《軍団の上陸/Legion’s Landing》
3:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
32 other spells

2:《陽光鞭の勇者/Sunscourge Champion》
3:《賞罰の天使/Angel of Sanctions》
3:《領事の権限/Authority of the Consuls》
4:《強迫/Duress》
3:《失われた遺産/Lost Legacy》
15 sideboard cards

《選定された行進》から大量のトークンを生成し、《選定の司祭》の回復と合わせてその数値・物量で押しつぶすスタンダードのトークンデッキ。

Image

《軍団の上陸》は《一番砦、アダント》に変身後カード消費なしにトークンを生成できるようになり、また伝説のエンチャントであるため2枚目を引いた場合でも紛争を達成するためのトリガーにしてしまうことが可能です。

Image (1)期待の新人《秘宝探究者、ヴラスカ》は全ての面において本アーキタイプと噛み合ったカード。《選定された行進》によりプラス能力とマイナス能力の両方が強化されるだけでなく、相手のライフを1にする奥義も長い時間をかけてトークンを並べていく戦略と非常にマッチしています。紛争達成用に積まれている《進化する未開地》《改革派の地図》のおかげでマナベースに負荷をかけずに投入できるのも嬉しいですね。

その他の注目カード

Image (6)Image (5)Image (4)

ソース

COMPETITIVE STANDARD CONSTRUCTED LEAGUE(マジック米公式サイト)

51 コメント on [スタンダード]《軍団の上陸》と新ヴラスカを採用したアブザントークンがMO競技リーグで5-0

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2017/10/06(金) 21:49:35 ID:E3MzAyMDg

    MOは100チケあれば大体のパーツは集まるが
    主要なカードやファストランドはやや高め(一枚7チケ↑~)
    赤緑恐竜なら暴君入れなければ50チケいかずに作れるはず
    フリー部屋で遊ぶのが目的か、ガチでリーグやりたいかでも違うから
    自分のスタイルと応相談だね

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。