『統率者(2016年版)』スポイラー:敵軍に攻撃を強制するスパイを送り込む赤のゴブリン

 

日本時間の10月27日、YouTubeチャンネル「Tolarian Community College」より11月11日発売の特殊セット『統率者(2016年版)』収録カードである《Goblin Spymaster》が公開されました。

公開カード

spy《Goblin Spymaster》(2)(赤)
クリーチャー – ゴブリン・ならず者 [レア]

先制攻撃
各対戦相手の終了ステップの開始時、そのプレイヤーは「あなたのコントロールするクリーチャーは各戦闘で可能なら攻撃する。」を持つ1/1の赤のゴブリン・クリーチャー・トークン1体を生成する。

2/1

対戦相手のコントロール下で自軍クリーチャーに攻撃を強制する密偵を送り込む赤のゴブリンが登場。自身は先制攻撃を持っているのでトークンの攻撃に怯える必要がないのは嬉しいですね。

ソース

Commander With Commanders: “Cantankerous Reunion” (Spoiler / Preview Card for Magic: The Gathering) – YouTube


10 コメント on 『統率者(2016年版)』スポイラー:敵軍に攻撃を強制するスパイを送り込む赤のゴブリン

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 20:08:31 ID:k4MTg3OTA

    前ならゼドルーと相性いいけど、今はもうトークン生成したプレイヤーがオーナーだからダメなんだっけ。

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 20:19:11 ID:c3NDEzMzA

    名前といい、効果といい、ラブルマスターを意識してるのかな

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 20:20:24 ID:UxNzk4MDE

    ※1
    何あげるの?強制攻撃とトークンゲットは両方対戦相手だよ

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 20:22:07 ID:UxNzk4MDE

    ああ、トークンを好きなように振り分けられたってことか

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 20:26:24 ID:g1MDExNTU

    昔のルールならば対戦相手にトークンを与える場合、コントローラは相手だがオーナーは自分だった。
    今は※1の言う通りオーナーも相手なのでゼドルーとの相性は良くも悪くもない。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 21:29:51 ID:A2Mzk3MDE

    イラストといい性能といい最高にクールだな

  7. [7] 名無し 2016/10/27(木) 21:39:12 ID:Q0MDg2NDM

    つ「平和な心」

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 21:48:36 ID:AwNzg1NTI

    フレイバーもええ感じやん

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 22:10:18 ID:I0NTE1MDI

    これは訳者のセンスが問われるな
    日本語版楽しみ

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/10/27(木) 23:48:59 ID:E4OTQwMzk

    スパイ自身も攻撃して自滅するという大変ゴブリンらしいスパイでよろしい

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。