SCGオープンinインディアナポリス(モダン):優勝はナヒリ+エムラ入りの白青赤コントロール

 

アメリカの大手MTGショップ「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(モダン)がインディアナ州インディアナポリスにて開催されました。優勝はジェスカイコントロールを使用したPeter Ingram選手となっています。

オープンシリーズ(モダン)

1st Place白青赤コントロール
プレイヤー:Peter Ingram
2nd Place青緑感染
プレイヤー:Andrew Jessup
3rd Place赤緑ヴァラクート
プレイヤー:Daniel Hendrickson
4th Place黒緑感染
プレイヤー:Alex Zurawski
5th Place黒青赤デルバー
プレイヤー:Ryan Overturf
6th Place赤緑トロン
プレイヤー:Stephen Dykman
7th Place黒赤緑
プレイヤー:Dylan Jones
8th Place白赤コントロール
プレイヤー:John Pellman
1位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Peter Ingram
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
6 creatures

4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《電解/Electrolyze》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
4:《流刑への道/Path to Exile》
3:《差し戻し/Remand》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
30 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

*4位:黒緑感染 プレイヤー:Alex Zurawski
1:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
21 lands

4:《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》
4:《疫病のとげ刺し/Plague Stinger》
16 creatures

3:《怨恨/Rancor》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《強大化/Become Immense》
3:《地うねり/Groundswell》
3:《古きクローサの力/Might of Old Krosa》
4:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
23 other spells

1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《屍肉の呼び声/Carrion Call》
2:《暗黒破/Darkblast》
2:《四肢切断/Dismember》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
4:《強迫/Duress》
15 sideboard cards

*8位:白赤コントロール プレイヤー:John Pellman
1:《山/Mountain》
14:《平地/Plains》
1:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
3:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
25 lands

3:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
5 creatures

2:《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
3:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《血染めの月/Blood Moon》
2:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《審判の日/Day of Judgment》
2:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
3:《神の怒り/Wrath of God》
30 other spells

2:《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》
1:《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》
1:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《沸騰/Boil》
2:《天界のほとばしり/Celestial Flare》
2:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
15 sideboard cards

*11位:バントエルドラージ プレイヤー:Todd Stevens
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
3:《低木林地/Brushland》
3:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
24 lands

4:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
3:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
28 creatures

4:《流刑への道/Path to Exile》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
8 other spells

2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《スラーグ牙/Thragtusk》
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《否認/Negate》
3:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

*16位:カンパニースリヴァー プレイヤー:Adam Bowman
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
4:《変わり谷/Mutavault》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《スリヴァーの巣/Sliver Hive》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《湿った墓/Watery Grave》
20 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
3:《収差スリヴァー/Blur Sliver》
2:《暗心スリヴァー/Darkheart Sliver》
3:《拡散スリヴァー/Diffusion Sliver》
4:《風乗りスリヴァー/Galerider Sliver》
4:《マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver》
2:《壊死スリヴァー/Necrotic Sliver》
4:《捕食スリヴァー/Predatory Sliver》
4:《菅草スリヴァー/Sedge Sliver》
1:《歩哨スリヴァー/Sentinel Sliver》
4:《筋力スリヴァー/Sinew Sliver》
32 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4:《集合した中隊/Collected Company》
8 other spells

1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《焼灼スリヴァー/Cautery Sliver》
2:《熱狂スリヴァー/Frenetic Sliver》
1:《宝革スリヴァー/Gemhide Sliver》
3:《調和スリヴァー/Harmonic Sliver》
1:《誘導スリヴァー/Homing Sliver》
1:《奇声スリヴァー/Screeching Sliver》
1:《吸管スリヴァー/Syphon Sliver》
1:《念動スリヴァー/Telekinetic Sliver》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《巣主スリヴァー/Sliver Hivelord》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(スタンダード)

1st Place白緑トークン
プレイヤー:Andrew Tenjum
2nd Place赤緑ランプ
プレイヤー:Joshua Dickerson
3rd Place黒緑季節コントロール
プレイヤー:Shane Hiatt
4th Place白青緑人間カンパニー
プレイヤー:Christopher O’Bryant
5th Place白緑トークン
プレイヤー:Charles “Willie” Porges
6th Place白青黒緑儀式
プレイヤー:Jim Casale
7th Place青赤エルドラージコントロール
プレイヤー:MIchael Fantini
8th Place白黒コントロール
プレイヤー:Chris Ilich
1位:白緑トークン プレイヤー:Andrew Tenjum
8:《森/Forest》
7:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
25 lands

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
14 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
21 other spells

2:《天使の粛清/Angelic Purge》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
1:《絹包み/Silkwrap》
2:《翼切り/Clip Wings》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
15 sideboard cards

*7位:青赤エルドラージコントロール プレイヤー:Michael Fantini
6:《島/Island》
4:《高地の湖/Highland Lake》
4:《魔道士輪の魔力網/Mage-Ring Network》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
2:《繁殖苗床/Spawning Bed》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
28 lands

3:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
3:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
6 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
4:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
4:《予期/Anticipate》
4:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
4:《虚空の粉砕/Void Shatter》
26 other spells

3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《熱病の幻視/Fevered Visions》
2:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《侵襲手術/Invasive Surgery》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《否認/Negate》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place感染
プレイヤー:Clay Spicklemire
2nd Placeリアニメイト
プレイヤー:Robert Cucunato
3rd Placeゴブリン
プレイヤー:John Lenz
4th Placeエルフ
プレイヤー:Riley Curran
5th Placeグリセルストーム
プレイヤー:Michael Finnegan
6th Placeストーム
プレイヤー:Isaac Siegmund
7th Place奇跡
プレイヤー:Matthew Tickal
8th Place青黒緑デルバー
プレイヤー:Jim Davis
1位:感染 プレイヤー:Clay Spicklemire
1:《森/Forest》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《Tropical Island》
1:《不毛の大地/Wasteland》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
19 lands

4:《荒廃の工作員/Blighted Agent》
4:《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
12 creatures

1:《森の知恵/Sylvan Library》
1:《強大化/Become Immense》
2:《Berserk》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
2:《輪作/Crop Rotation》
4:《目くらまし/Daze》
3:《Force of Will》
4:《激励/Invigorate》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
3:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
3:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
29 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《Force of Will》
2:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《水没/Submerge》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1:《不毛の大地/Wasteland》
15 sideboard cards

*5位:Tin Fins プレイヤー:Michael Finnegan
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《湿地の干潟/Marsh Flats》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Scrubland》
2:《Tundra》
2:《Underground Sea》
15 lands

1:《コーリスの子/Children of Korlis》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2:《グリセルブランド/Griselbrand》
4 creatures

2:《金属モックス/Chrome Mox》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4:《納墓/Entomb》
3:《御霊の復讐/Goryo’s Vengeance》
2:《リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul’s Vault》
2:《否定の契約/Pact of Negation》
4:《浅すぎる墓穴/Shallow Grave》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《思案/Ponder》
1:《再活性/Reanimate》
1:《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
41 other spells

1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
4:《僧院の導師/Monastery Mentor》
2:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
2:《虐殺/Massacre》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。


56 コメント on SCGオープンinインディアナポリス(モダン):優勝はナヒリ+エムラ入りの白青赤コントロール

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/05/17(火) 05:25:01 ID:M2MzgxMTk

    別にナヒリ出して返しにプレイヤーが死ぬようだったら出さなくていいんだよ。5枚しかフルタップスロット無いからそんなに手札に溜まらないし。適当に盤面捌いて出せそうだったら出すくらいで十分。ナヒリ自体は結構固いし。

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2016/05/17(火) 08:08:54 ID:M2NzMzODU

    コンボならともかくコントロールで決まった動きしか考えないのはヤバいだろ
    4T目にナヒリ置くかどうかなんて盤面と相手次第なんだから

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/05/17(火) 08:12:57 ID:cwMjcxNjU

    スタンの赤青エルドラージがかなり気になるなぁ
    安めのデッキだしおまけにほぼ全部オリジンまで落ちても使えるのは面白い

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2016/05/17(火) 08:34:07 ID:UwNTg1MjY

    ナヒリちゃん悠長だから評価低いが発売前評判。使ってみたら小回り利いて便利。

    別にいきなりプラスから奥義一直線じゃなくても、除去として使ってじっくりコントロールしてもいいしね。

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2016/05/17(火) 08:53:13 ID:M3MjMyMzI

    4ターン目フルタップがどうの構えるのが遅いだの言ってる人はナヒリシュートほとんどコントロールなのにシュート部分だけ見てコンボだと思い込んでるんでしょ。
    列柱起動まで視野に入れてるデッキでそこまで耐えれるように作ってるのは普通だし別にコンボ決めなくても勝てたりするんだよなぁ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2016/05/17(火) 17:39:03 ID:M3MjMyNTE

    列柱4積みに俺長期戦しますよという強い意志を感じる。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。