GPサンパウロ(スタンダード) 優勝は青黒タッチ白コンのPaulo Vitor Damo da Rosa選手


2015年5月2-3日、ブラジルのサンパウロにてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・サンパウロ2015。優勝は青黒タッチ白コントロールを使用したPaulo Vitor Damo Da Rosa選手、準優勝は赤緑ミッドレンジを使用したMaximiliano Ramiro Sanchez選手となりました。

トップ8入賞選手

1st Place:Paulo Vitor Damo Da Rosa
使用デッキ – 青黒タッチ白コントロール(ドラゴン)

2nd Place:Maximiliano Ramiro Sanchez
使用デッキ – 赤緑ミッドレンジ(ドラゴン)
3rd Place:Sergio Barrientos
使用デッキ – 緑単タッチ赤信心
4th Place:Mateus Batista de Melo
使用デッキ – 青黒タッチ白コントロール(ドラゴン)
5th Place:Claudio Barrientos Ochoa
使用デッキ – 白黒緑アグロ
6th Place:Leonardo Oliveira Graichen
使用デッキ – 赤単タッチ緑アグロ

7th Place:Mariano Cartechini
使用デッキ – 白黒緑アグロ
8th Place:Ricardo Nunes Martins
使用デッキ – 白黒青コントロール(ドラゴン)

トップ8入賞デッキリスト

1位:青黒タッチ白コントロール プレイヤー:Paulo Vitor Damo Da Rosa
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
3:《島/Island》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《沼/Swamp》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
27 land

4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
6 creatures

1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《胆汁病/Bile Blight》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《解消/Dissolve》
3:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
2:《予期/Anticipate》
27 other spells

1:《胆汁病/Bile Blight》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
2:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
15 sideboard cards

2位:赤緑ミッドレンジ プレイヤー:Maximiliano Ramiro Sanchez
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《岩だらけの高地/Rugged Highlands》
6:《森/Forest》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》
4:《山/Mountain》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
23 land

4:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
3:《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
4:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
3:《荒野の後継者/Heir of the Wilds》
30 creatures

4:《火口の爪/Crater’s Claws》
1:《焙り焼き/Roast》
2:《龍詞の咆哮/Draconic Roar》
7 other spells

2:《焙り焼き/Roast》
2:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1:《垂直落下/Plummet》
2:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
2:《乱撃斬/Wild Slash》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
3:《スズメバチの巣/Hornet Nest》
15 sideboard cards

3位:緑単タッチ赤信心 プレイヤー:Sergio Barrientos
10:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
3:《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》》
24 land

4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
2:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
4:《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
2:《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
4:《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
4:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
32 creatures

4:《書かれざるものの視認/See the Unwritten》
4 other spells

3:《起源のハイドラ/Genesis Hydra》
4:《ナイレアの信奉者/Nylea’s Disciple》
3:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
2:《高木の巨人/Arbor Colossus》
3:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
15 sideboard cards

4位:青黒タッチ白コントロール プレイヤー:Mateus Batista de Melo
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
4:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
1:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
26 land

2:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
5 creatures

1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《解消/Dissolve》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
3:《予期/Anticipate》
3:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《胆汁病/Bile Blight》
29 other spells

1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《胆汁病/Bile Blight》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
2:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
1:《龍王の大権/Dragonlord’s Prerogative》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《強迫/Duress》
1:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

5位:アブザンアグロ プレイヤー:Claudio Barrientos Ochoa
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《疾病の神殿/Temple of Malady》
2:《静寂の神殿/Temple of Silence》
1:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
26 land

4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer》
2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《荒野の後継者/Heir of the Wilds》
1:《風番いのロック/Wingmate Roc》
1:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
22 creatures

1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
3:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
12 other spells

1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《エレボスの鞭/Whip of Erebos》
2:《強迫/Duress》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
3:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

6位:赤単タッチ緑スライ プレイヤー:Leonardo Oliveira Graichen
1:《森/Forest》
10:《山/Mountain》
4:《マナの合流点/Mana Confluence》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
21 land

4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen》
3:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
1:《激情のゴブリン/Frenzied Goblin》
2:《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
3:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
17 creatures

4:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
3:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《乱撃斬/Wild Slash》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《かき立てる炎/Stoke the Flames》
23 other spells

2:《ゴブリンの踵裂き/Goblin Heelcutter》
3:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
2:《灼熱の血/Searing Blood》
1:《凱旋の間/Hall of Triumph》
4:《焙り焼き/Roast》
1:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2:《弧状の稲妻/Arc Lightning》
15 sideboard cards

7位:アブザンアグロ プレイヤー:Mariano Cartechini
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
2:《静寂の神殿/Temple of Silence》
2:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
25 land

2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
20 creatures

1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《胆汁病/Bile Blight》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
15 other spells

1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
2:《強迫/Duress》
1:《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

8位:エスパーコントロール プレイヤー:Ricardo Nunes Martins
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
1:《平地/Plains》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《陰鬱な僻地/Dismal Backwater》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
26 land

4:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
8 creatures

2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
1:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《予期/Anticipate》
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《胆汁病/Bile Blight》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
2:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
26 other spells

1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《胆汁病/Bile Blight》
1:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
1:《命運の核心/Crux of Fate》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《完全なる終わり/Utter End》
15 sideboard cards

ソース

GRAND PRIX SÃO PAULO 2015 – 公式カバレージ(英文)

7 コメント on GPサンパウロ(スタンダード) 優勝は青黒タッチ白コンのPaulo Vitor Damo da Rosa選手

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 15:29:11 ID:M4MTQyNTE

    赤緑のデッキ3つあるけど内容はバラバラだな
    エスパーも8位のは導師に宝船にサイドにとカードも珍しいしタッチオジュタイじゃなくて白が濃いのも珍しい
    英語カバレッジに乗ってた青茶信心とティムールも面白いな

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 15:30:05 ID:kzNDQ2MTk

    ドラゴン無双

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 15:31:59 ID:M4MTQ1NTI

    アブザンアグロ土地26かー

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 15:52:47 ID:U1NzU2ODc

    ドラゴンの隆盛のせいで、オリジンで悪斬再録とかなったら笑う。

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 15:53:20 ID:M4MTQyNTE

    PTでスタンだけならトップだったブラッドネルソンのアブザンが土地26だったな
    死与えライオン管理人でマナフラしても受け皿があるよってことなのかね

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 16:01:35 ID:Y2MTYxNDI

    スタンだけとはいえ環境にきちんとドラゴンが蔓延って活躍してる辺り調整凄いと思うわ
    あとナーセット最初べた褒めしてた連中息してる?

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2015/05/04(月) 21:41:45 ID:E2NTUwODE

    ナーセットは実際書いてあることは強いからな、環境固まる前なら評価高いのは残当
    ドラゴン隆盛してるけど(狩る者さんの居場所は)ないです

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。